記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

「EOS」シリーズの累計生産台数世界で1億台@キャノン

スレッド
キヤノンが1987年に発売した... キヤノンが1987年に発売したEOSの初号機「650」
キヤノンは9日、同社のレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズのフィルム(銀塩)カメラとデジタルカメラを合わせた累計生産台数が、2019年9月20日に1億台を達成したと発表しています。なお、1億台を達成した機種は、ミラーレスカメラ「EOS R」(2018年10月発売)だったそうです。

「EOS」とは、「Electro Optical System」の略称で、ギリシャ神話に登場する「曙の女神」の名前でもあります。同社では、多様なニーズに応える魅力的な製品ラインナップと表現の幅を広げるEFレンズの拡充に務めたことが、「EOS」シリーズの支持につながったとしています。

その結果、2003年から2018年までに16年連続でレンズ交換式デジタルカメラで世界シェアNo.1(台数シェア)を獲得していますが、近年はカメラ機能を高めたスマートフォンに市場を奪われて苦戦しています。高画質で持ち運びやすいミラーレス一眼に力を入れ、新たなファンを獲得しようとしています。

「EOS」シリーズは1987年3月に初号機となるフィルム式の一眼レフカメラ「650」が発売されています。カメラ本体とレンズをつなぐ機構に世界初の電子式を採用、当時の先端技術が応用されていました。

その後、最高級機「EOS-1」(1989年)や、小型・軽量を実現した「EOS Kiss」(1993年)を発売するなど、快速・快適を実現する革新的な技術を搭載した製品を展開。プロからアマチュアまで、ユーザー層の裾野を広げてきました。
#ブログ #カメラ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ