記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

「ロボット審判」・「一塁盗塁」@米独立アトランティックリーグ

スレッド
「ロボット審判」・「一塁盗塁」...
大リーグ機構が、今年2月に業務提携契約を結んだ米独立アトランティックリーグで「ロボット審判」導入を開始し、さらに後半戦からは新ルールを実施することが明らかにしています。10日付のワシントン・ポスト電子版によりますと、新ルールは打者走者の「一塁盗塁」を可能にするといいます。

一盗は、従来の振り逃げルール(打者はストライクを3回宣告されると三振になり、少なくとも捕手が捕球していればアウトになります。 しかし、一塁に走者がいない、もしくは二死の状況で、第3ストライクにあたる投球を捕手が正規に捕球できなかった場合には、打者は一塁への進塁を試みることができる)とほぼ同じで捕手が後逸した場合に一塁に走ることができますが、振り逃げが2ストライクから行うのに対し、一盗ルールはどのカウントでも走ることができます。

米メディアには、この新ルールが野球の根幹を揺るがす可能性もあると指摘するものもある。米ヤフー・スポーツは「俊足選手が圧倒的有利になる。投手は暴投やパスボールを恐れて落ちる変化球を投げ投げづらくなり、速球に頼ることになるかもしれない」としています。

大リーグ機構は、将来的にMLBで導入する可能性を踏まえ、同リーグでさまざまな実験を行っています。「ロボット審判」もそのひとつで、10日の同リーグオールスター戦で初実施。球審がポケットのiPhoneとつながったイヤホンを装着し、軍事技術を応用した弾道測定機「トラックマン」で測定した結果を受信して判定を行うというもので、従来通り捕手の背後でコールを行った。

MLBの<マンフレッド>コミッショナーは「コンピューター判定をいつからメジャーに導入するかは未定。マイナーなどでさらに試してからになるだろう」と話しているようです。
#ブログ #野球 #新ルール

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ