記事検索

フリースペース

岩出菌学研究所とヒメマツタケ

スレッド
岩出菌学研究所とヒメマツタケ
「ヒメマツタケ」は、1975年(昭和50年)岩出菌学研究所で世界で初めて人工栽培に成功したきのこです。

岩出亥之助(農学博士)は、1982年(昭和57年)の日本菌学会の会誌『日菌報』において、
「ヒメマツタケについて」、次のように発表をおこないました。

「ヒメマツタケについて」岩出亥之助
このキノコは1965年夏ブラジル・サンパウロ、ピエダーデの山中に住む日系農家の付近に天然に発生しているのを私の旧友で在ブラジルの古本隆寿氏が発見した。
食用として美味であるとのことで、種菌を作って私の許に送ってくれた。
そこで私は数年がかりで日本の風土に適応した栽培法を完成した。
発生したキノコはハラタケ属のものであったが、学名は知られていなかったので本属の分類学者ベルギーのハイネマン博士に本郷博士を通じて鑑定を願うことになり試料を二回送った。最近ようやく(Agaricus blazei Murrill)と判明した。
このキノコは同属のキノコに比べ形態的にも柄は太くて長く、胞子の黒変が遅い。
また香気が強く、柄の肉は美味で甘いことが特徴として挙げられる。
和名は分類学的にみてカワリハラタケと命名したが、実用的にはこのキノコの特徴を表現したヒメマツタケと名付けたほうが適当と考えこの名を採用することにした。(以下略)
『日菌報』(23巻544-545頁 1982年)

その後、日本菌学会でも認められ、1987年(昭和62年)には『原色日本新菌類図鑑(1)』(今関六也、本郷次雄編著、保育社 150-151頁)に「263:ヒメマツタケ(一名カワリハラタケ) 学名:Agaricus blazei Murrill(アガリクス ブラゼイ ムリル)」として収載されました。

人工栽培成功から46年、岩出菌学研究所では姫マツタケ(岩出101株)の栽培を続けています。
また薬用きのことして、研究発表もおこなっています。
*姫マツタケの薬効・食効について
https://www.iwade101.com/hime_matsutake_cancer.html

三重県津市末広町1-9
株式会社 岩出菌学研究所
059-228-5786

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ