記事検索

再び夕日を見ました

スレッド
再び夕日を見ました 再び夕日を見ました 再び夕日を見ました 再び夕日を見ました 再び夕日を見ました 再び夕日を見ました 再び夕日を見ました


2週間ぶりにようやく、シアトルの夕日を見ることができました。
オリンピック山脈もくっきりと見えます。

気がついてみれば「中秋の名月」を超えたばかりの頃となっています。
夏至の頃はオリンピック山脈中央からさらに北側にあった日没地点は、ずっと南に移り山脈を外れたところとなっていました。

その名月は、細い三日月となって南の空に上っています。

山火事からの厚い煙に閉ざされたときには、夕日を再び見ることができるんだろうか、と不安になるほど堅く空は閉ざされていたのです。
目の前にある現実が重ければそれだけ、私たちの視野は狭くなるようです。

数日前、定例オーナー会にズーム参加した際、スクールバス・ドライバーの状況が懸念されていました。各学区には数十名のバスドライバーが公務員として正規に働いています。

この3月から学校はどこも休校ですから、仕事自体はありません。公務員として給料は支払われています。
ところが近い将来に予算が尽きると言うことで、大量解雇の可能性が噂されているのだそうです。ドライバーたちは、学校の修繕でも何でもするから、と申し出ているそうです。

もし解雇なると、やがて学校が再開されても必要なドライバーが確保できる保証はどこにもありません。そんなことで教育委員会としてもどうしたものかと、判断に迷っているようです。

オーナー会と同じ日、シアトル地区の定例牧師会も開かれました。
その牧師会に連なっている中にも2人の牧師・宣教師が正規のスクールバス・ドライバーとして勤めておられます。

学校も各事業も閉鎖が続けば、そのまま生活に響きます。
先行きの見えない苦しい中に置かれているのです。

しかし忘れてならない事は、やがてその霧も晴れる時が来ると言う事。
必ずやってきます。
必ずコロナの霧が晴れて、輝かしい夕日に照らされる時が来ます。

"あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。
神は真実な方です。
あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。
むしろ、耐えられるように、
試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。"
コリント人への手紙 第一 10章13節

After two weeks, I finally got to see the sunset over Seattle.
The Olympic Mountains are clearly visible.

I noticed that we have just passed the "Mid-Autumn Moon".
At the time of the summer solstice, the sunset point, which was further north from the center of the Olympic Mountains, had moved farther south, off the mountain range.

The famous moon was a thin crescent in the southern sky.

The sky was so tightly closed that I wondered if I would ever be able to see the sunset again when the thick smoke from the wildfires closed in.
It seems that the heavier the reality is in front of us, the more limited our vision becomes.

A few days ago, when I zoomed into a regular owners' meeting, the situation for school bus drivers was a concern.Each school district has dozens of bus drivers working full-time as government employees.

All of the schools have been closed since this March, so there is no work itself. Still They are paid as public employees.
However, they are rumored to be running out of budget in the near future and there are rumors of mass layoffs.The drivers have offered to do whatever it takes even to repair the school, they said.

If they are laid off, there is no guarantee that the school will be able to get the drivers it needs when it eventually reopens.The school board is not sure what to do about it.

On the same day as the owner's meeting, the Seattle District's regular pastors' meeting was also held.
There are two from pastor and missionary in the group who are also serving as regular school bus drivers.

If the schools and businesses continue to close, it will affect our lives.
We are in the midst of a difficult situation where the future is uncertain.

However, what we must not forget is that there will come a time when the fog will be lifted.
It will come.
The time will surely come when the fog of the corona will be lifted and we will be bathed in the glorious sunset.

“No temptation has overtaken you except what is common to mankind.
And God is faithful; he will not let you be tempted beyond what you can bear. But when you are tempted, he will also provide a way out so that you can endure it.”
1 Cor. 10:13
#コミュニティ #メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

視界が開けて

スレッド
視界が開けて 視界が開けて




降雨があって一夜明けた朝。
数キロ先の視界が見渡せるようになりました。
数10キロ先のオリンピック山脈までは見えませんが。
どんよりとした曇り空のときには、いつもなら心までもどんよりするのですが、今朝だけがウキウキしちゃいました。


The morning after a night of rainfall.
I can now see a few miles away.
I can't even see the Olympic mountains a few ten miles away.
Normally when it's cloudy and gloomy, my mind is always a bit cloudy, but this morning was the only time I felt cheerful.
#社会 #日常

ワオ!と言っているユーザー

夕日よりも明るく美しいお嬢さん

スレッド
夕日よりも明るく美しいお嬢さん 夕日よりも明るく美しいお嬢さん 夕日よりも明るく美しいお嬢さん 夕日よりも明るく美しいお嬢さん 夕日よりも明るく美しいお嬢さん



シアトルに戻って以来、煙に町中がすっぽりと包まれていて、楽しみとしている夕日を見ることも叶いません。

そんな徒然を感じていた今宵、太陽よりも明るくそして美しいお嬢さんがおいでくださって、私どもの心を照らしてくれました。

サクッと焼きうどんを手作りして私たちに振る舞ってくれて後は、これも手作りによるブルーベリーパイをデザートにいただきました。
このブルーベリーは野生のものから採集したものです。

徹底したヴィーガンの彼らの作る食品はどれも健康的に優れて、安心していただくことができます。

今週いっぱいはまだまだ煙に覆われた日々が続くことでしょう。
この高台でサンセットヨガができるのはいつの日になることやら。


Since I returned to Seattle, the smoke has completely enveloped the whole city and we can't see the sunset I was looking forward to.

This evening, a young lady, brighter than the sun and beautiful, came to light up our hearts.

She prepared and served us some fried udon noodles and then we were treated to a blueberry pie for dessert.
These blueberries were collected from the wild.

They are thoroughly vegan and all of the food they make is excellent and healthy and safe to eat.

There will still be a lot of smoke in the air throughout the week.
I wonder when we'll be able to do sunset yoga on there.


#家族 #アウトドア

ワオ!と言っているユーザー

シアトルは秋だった

スレッド
シアトルは秋だった シアトルは秋だった シアトルは秋だった 13日午後のシアトルダウンタウ... 13日午後のシアトルダウンタウンです。
世界200の都市で現在3番目に空気汚染が進んでいるそうです
シアトルは秋だった シアトルは秋だった シアトルは秋だった シアトルは秋だった シアトルは秋だった





14時間20分の運転後、昨夜午前1時20分に自宅に無事到着できました。

数日前にカリフォルニア州とオレゴン州の州境の山火事のためハイウェイが一時的に閉鎖されていたところを通りました。
道路の両側の森では、すべて焼け落ちて炭となり果てた木立が山を覆っていました。確かにハイウェイの路肩にまで迫っている両側の山が、これだけ見事に焼き尽くされるなら閉鎖されるほかありません。

オレゴン州からワシントン州の州境を超えたところでは、突如濃い霧に覆われて100メートルほど先の視界が全く閉ざされたため徐行運転。

シアトルの自宅に着いて車のドアを開けたところでその濃霧の謎が解けました。既にワシントン州は秋となっていて、夜の気温が急激に降下していたのです。
半袖シャツでは腕に鳥肌が立つほどの寒さです。

今日、シアトル一帯はカリフォルニアのように白い煙に覆われています。

この時も消火作業の激務の中にいる消防士の皆さんのために祈りましょう。






After 14 hours and 20 minutes of driving, I made it home safely at 1:20 a.m. last night.

I passed through the California-Oregon border where the highway was temporarily closed due to wildfires a few days ago.

In the woods on either side of the road, all burned to charcoal, groves of trees covered the mountains.Certainly if the mountains on either side of the highway looming over the shoulders of the highway are burned down so spectacularly, they have to be closed.

When I crossed the Washington state line from Oregon to Washington, I drove slowly as the fog suddenly became so thick that it completely blocked my vision for the next 100 meters or so.

The mystery of the dense fog was solved when I arrived at my home in Seattle and opened the car door.It was already fall in Washington state, and the nighttime temperatures were plummeting.
It was so cold that a short-sleeved shirt would give me goosebumps on my arms.

The entire Seattle area is covered in white smoke, just like California today.

Let's pray for all the firefighters who are still in the midst of the intense work of firefighting at this time.



#日常 #社会

ワオ!と言っているユーザー

「彼の顔は御使いの顔のように」

スレッド
「彼の顔は御使いの顔のように」 「彼の顔は御使いの顔のように」
ホサナキリスト教会日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「彼の顔は御使の顔のように」



使徒の働き 6章8~15節



"さて、ステパノは恵みと力に満ち、人々の間で大いなる不思議としるしを行っていた。
ところが、リベルテンと呼ばれる会堂に属する人々、クレネ人、アレクサンドリア人、またキリキアやアジアから来た人々が立ち上がって、ステパノと議論した。
しかし、彼が語るときの知恵と御霊に対抗することはできなかった。
そこで、彼らはある人たちをそそのかして、「私たちは、彼がモーセと神を冒瀆することばを語るのを聞いた」と言わせた。
また、民衆と長老たちと律法学者たちを扇動し、ステパノを襲って捕らえ、最高法院に引いて行った。
そして偽りの証人たちを立てて言わせた。「この人は、この聖なる所と律法に逆らうことばを語るのをやめません。
『あのナザレ人イエスは、この聖なる所を壊し、モーセが私たちに伝えた慣習を変える』と彼が言うのを、私たちは聞きました。」
最高法院で席に着いていた人々が、みなステパノに目を注ぐと、彼の顔は御使いの顔のように見えた。"


(1)主イエスと結びついていることからの輝き


①7人の執事選出のポイント〜能力やスキルではなく人格に関わること
「聖霊と知恵」(3)、「信仰と聖霊」(5)に「満ちた」人達の筆頭にステパノが挙げられている。

②「恵みと力とに満ち」(8)た人として結実
議論の中で対抗できないほどの突出した勝利


(2)聖書に深く根ざしていることからの輝き


①イスラエル歴史の概略を熟知している(7章)
アブラハムからダビデに至るイスラエル建国と選びの歴史

②聖霊による正しい聖書解釈
「あなた方は先祖たちと同様にいつも聖霊に逆らっている」(51)


⑶使命にコミットしたところにある輝き


①死線を超えた奉仕
正論を語れば死刑に処せられることを知りながらの忠実な奉仕(52-53)

②主イエスの足跡を辿った奉仕
「私の霊をお受けください」(59)
「主よ。この罪を彼らに負わせないでください」(60)
これらは、主の十字架上の言葉と対比・類似している。


(結論)


あるべきところに自らがあるなら勝利者となり得る。
困難や問題の直中、人生の「まさか」にあって主の前に自らがあるべきあり方を保つ事。
主はそのあなたをご存知であられる。
神の右の座に着座しておられるはずの主イエスは、「神の右に立って」(56)おられた。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

高速5号線が閉鎖から守られるように

スレッド
高速5号線が閉鎖から守られるよ... 高速5号線が閉鎖から守られるよ... 高速5号線が閉鎖から守られるよ...
店舗内にあってはマスク着用が義務付けられ、外に出ると霧灰で息苦しくマスクをつけざるを得ない状態です。
人々はますます外出を控え、いつもなら駐車場となるベイエリアのハイウェイもラッシュアワーと言うのにスムーズな流れ。

数日前は州間ハイウェイの高速5号線がオレゴンで山火事のために一時閉鎖されたとのニュースを聞く。

さらに家人からこの閉鎖が週末いっぱいまで続けられるとのTwitter記事が送られてきた。

おいおい、ついにワシントン州に帰れなくなってしまったジャーン

日曜礼拝の配信はオンラインでしているのでホテルからできなくは無い。
それでも数日間を有効に使えなくなるような気がして心が騒ぐ。

しかし現在も山火事の現場で消火活動に当たっている消防隊の皆様は、不眠不休で作業に当たっておられる。
家族のもとに帰れない彼らと比べたら、私の境遇なんてなんとも軽微なものか。

、、、そんな細々のことが心に去来している中で約10分後、再び家人からメッセージ。

「ちょっと待ってこのTwitterメッセージは過去の記事のものでした」
よく見ると確かにそれは2018年9月の記事だった。

2年前にも同様の山火事が同時期にあって、その時は5号線が完全に週末の数日間、閉鎖されたんですね。

明日の朝食後サンフランシスコ発ち、シアトルに向かいます。
今回は飛行機ではなく単独での自動車運転です。
片道の所要時間は休憩2時間を入れて、約14時間です。

こちらに来る14時間の中で「ヒヤリ」が1回だけありました。

十分な休憩を挟みながら無理なく運転が続けられるようにお祈りいただけるとうれしいです。

さらに5号線が閉鎖されない事はもちろんですが、現在強制避難に直面しているオレゴン州の50万人の方々の生命と家屋が守られるようにお祈りください。
#社会

ワオ!と言っているユーザー

西海岸の山火事

スレッド
西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事 西海岸の山火事



米国西海岸の山火事が収まりません。
今のところ火が燃えているのは森林地帯ですが、その煙が都市部にまで押し寄せています。

本日ベイエリアに移動しましたがここの空も不気味な黄色に閉ざされています。

そしてオレゴン州のある一帯では本日、50万人の住民に対して避難命令が下されました。これは強制的な退去命令ですべての住民が家屋や家畜を残して避難しなくてはならないのです。

一方、5日間のキャンプを終えた娘からはその写真が送られてきました。

ワシントンの山奥では今もこのような青空が見えるようです。
早いところこの場所を切り上げて、空気の綺麗な山奥に避難したいものです。
#社会

ワオ!と言っているユーザー

終末を想起させるような空模様

スレッド
終末を想起させるような空模様 終末を想起させるような空模様 終末を想起させるような空模様




いつもなら青い空に乾ききった風、地上の楽園を思わせるようなSacramentoですが、今回ばかりは異なります。

灰色と黄色の混ざったようなどんよりとした雲に世界は覆われ、常に吹き荒れる風には黄色い砂塵を巻き上げています。

カルフォルニアのあちこちで発生している山火事の煙が運悪く風に乗せられて此処にまで届いているのだそうです。

楽園から世の末を思わせるような豹変ぶり。

いつもシアトルの夕日を見て心洗われている者には、なんとも厳しい現実。しかしこれも現実世界の一端に過ぎません。

目の前の世界が楽園でも荒廃していても、私たち自身の命をそこに預けているのでは無いのです。

やがて受け継ぐ世界、そして確かな存在がわたし自身のうちにある限り、永遠の家へ向けられた足取りに狂いはありません。

今日はタイミングが合いませんでしたか、明日にはMikuniレストランに伺います。

この数ヶ月間暴徒によって何度もガラスが割られ、お店の中を破壊され、机や椅子まで盗まれた試練の中をくぐり抜けて来られたレストランです。

「Mikuni (御国)= Kingdom of God(神の王国)」

聖書予言によると世界はいよいよ混乱と自然災害により破滅の方向へ向かいます。その後、新しい世界の出現が、その統治の性格によってこのように名付けられているのです。

その御国の楽しさと安らぎ、おいしさを前味わいさせてくれるのがこのレストランです。


"時が満ちて計画が実行に移され、
天にあるものも地にあるものも、
一切のものが、キリストにあって、
一つに集められることです。

またキリストにあって、
私たちは御国を受け継ぐ者となりました。
すべてをみこころによる計画のままに
行う方の目的にしたがい、
あらかじめそのように定められていたのです。"
エペソ人への手紙 1章10~11節




Normally the Sacramento seems like a paradise on earth, with blue skies and dry winds, but this time it's different.

The world is shrouded in a cloudy mix of gray and yellow, and the constant winds blowing in a yellow dust.

The smoke from California's many wildfires is unluckily being carried by the wind to this place.

A change from paradise to the end of the world.

It's a harsh reality for me who have always been purified by watching the Seattle sunsets.But this is just one part of the real world.

Even if the world in front of us is a paradise or a desolation, we don't owe our own lives to it.

As long as I have the world to inherit and a certainty of existence within me, my steps will be consistent heading to my eternal home.

I'll be at Mikuni Restaurant tomorrow, for the timing isn't right today.

This is the restaurant that has gone through an ordeal of broken glass, vandalism, theft of desks and chairs, such many tribulations over the last few months by rioters.

Mikuni (Kingdom of God)

According to biblical prophecy, this world is finally headed for ruin through chaos and natural disasters.Then the emergence of a new world will come, which is named thus by the nature of its reign.

It is this restaurant that gives us a pre-taste of the fun, comfort and deliciousness fruit of that kingdom.

“to be put into effect when the times reach their fulfillment —to bring unity to all things in heaven and on earth under Christ.
In him we were also chosen, having been predestined according to the plan of him who works out everything in conformity with the purpose of his will,”
Ephesians 1:10-11
#メッセージ #社会

ワオ!と言っているユーザー

米国の新車販売状況

スレッド
米国の新車販売状況 米国の新車販売状況 米国の新車販売状況 米国の新車販売状況 米国の新車販売状況 米国の新車販売状況




ベルビューにあるトヨタ販売店へ愛車の定期点検を受けに行きました。通常なら1週間以上先でないと予約が取れないのに、今回は数日前にしかも好きな時間帯に予約が取れました。

毎年レイバーデーウィークエンドは販売促進時期となり、金利 0%キャンペーンをしているはずです。

もちろんコロナ禍のせいでしょう。
今回は新車コーナーも閑散としています。
セールスマンは声をかけて来ません。
いやセールスマン自体がもういないのかもしれません。

米国の景気動向は新車の販売台数によって読み取ることができます。不動産市場のモーゲイジ金利は、2.5%を切って、歴史的な低空状態です。それなら新車販売も金利ゼロとしてこんな不振な時こそ販売促進にかけたら良いと思うのですが。

今日の夕陽も美しく染まりました。

今日の日がどんなに不振でまた挫折の中にあったとしても、
明日には明日の太陽がまた昇ることを告げているような豪華さです。


#社会

ワオ!と言っているユーザー

秋の空となって

スレッド
秋の空となって 秋の空となって 秋の空となって 秋の空となって


今日の空はすでに秋の雲模様となっています。

米国はこの週末がレイバーデー・ウィークエンドと言って3連休です。一般的にこのレイバーデーが夏の終わりであるとされます。

摂氏34度まで記録した猛暑日はこの夏、1日しかありませんでした。その日だけ自室にいてエアコンが欲しいと感じましたが、それ以外は必要を感じたことありません。

日本では超大型台風10号が明日にも九州に上陸すると聞いています。熊本での川の氾濫の爪痕がまだ癒えてないのに。。

人命が守られて最小限の災害被害で済むようにお祈り申し上げています。

Today's skies are already filled with fall clouds.

In the United States, this weekend is Labor Day Weekend, which is a three-day weekend.This Labor Day is generally considered to be the end of summer.

We've only had one hot day this summer when the temperature reached 34 degrees Celsius.That was the only day I felt like I needed air conditioning in my room, but other than that I never felt the need.

In Japan, we hear that super typhoon No. 10 is expected to make landfall in Kyushu tomorrow. They are still recovering from the river flooding in Kumamoto.

I'm praying for human lives to be saved and damage to be minimized.
#社会 #日常

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/223 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>