記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

北海道の最北端が、風力発電の最先端地域となる

スレッド
北海道北端の稚内で、風力発電業者が主体の北海道北部風力送電が、
世界最大級の蓄電システムを設置する。
その詳細を、システムを受注した千代田化工建設が発表した。
・千代田化工建設:世界最大級の蓄電池システム建設工事 設計・調達・建設業務を受注

蓄電池は、電池容量が72万kWhで、出力は24万kW。
稚内市の平均使用電力は約9万kWと計算されるので、
市内だけなら、電池だけで8時間も供給し続けられる程の容量である。
2020年に着工し、2023年春から稼働する予定という。

稚内市内には既に風力発電が80基以上設置されており、
最大発電量で見れば、市内の全需要を賄うだけの力がある。
ここに大規模蓄電池が完成すれば、風力だけで電力を安定供給できる地となる。

北海道の最北端が、風力発電の最先端地域になる。
それはすごい事だと思う。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ