記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

大型観測施設「かぐら」2020年1月観測開始

スレッド
「かぐら」の中央実験室(画像:... 「かぐら」の中央実験室(画像:YouTube)
宇宙から届くわずかな空間のゆがみである「重力波」を捉えるため、東京大宇宙線研究所が岐阜県飛騨市に完成させた大型観測施設 「かぐら」 が、2020年1月下旬に観測を始めることが19日公表されています。

「かぐら」は当初、年内の観測開始を目指していましたが、観測精度の維持に向けた機器の調整が長引いて年明けにずれ込んでいます。

「かぐら」は1辺3キロのL字型で、山中に掘られた地下約200メートルのトンネル内に建設されています。中央部から2方向に発射したレーザー光が、それぞれ鏡に反射して戻ってくるまでの時間の差を利用して、重力波の検出を目指します。

重力波は<アインシュタイン>が1916年に「一般相対性理論」で存在を予言。2015年に米国の観測施設「LIGO(ライゴ)」が初めて検出し、研究チームの代表はノーベル物理学賞を受賞しています。
#ブログ #重力波

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ