記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

ブログスレッド

  • ファルコン昆虫記(815)【シロオビノメイガ】(5)

ファルコン昆虫記(815)【シロオビノメイガ】(5)

スレッド
ファルコン昆虫記(815)【シ...
ひらひらと飛翔したあと、目の前に止まったチョウ目ツトガ科ノメイガ亜科に分類される翅開張20ミリほどの小さな【シロオビノメイガ】です。

人が近づくと敏感に反応します小さな蛾ですので、近づいてアップの撮影はやめました。

濃褐色に白い帯紋をもつ小型の蛾で、昼間は葉裏にかくれ、夜間に活動します。年に5~6回の発生で、成虫は6月ごろから現れ、7~8月に多く、11月まで発生します。葉裏の葉脈に沿って1~5粒産卵します。

若令幼虫は葉脈にそって粗く糸をはいて葉肉のみを食害する。成長につれて葉をつつりあわせて生息する。さわると糸をはいて落下する。浅い土中でさなぎとなり、うすいマユをつくります。

「コキア」 なとのアカザ料の花や、「ホウレンソウ」、「フダンソウ」などにも加害します。花を食害すると体色は赤花では淡赤色となり、保護色を呈します。
#ブログ #昆虫 #蛾

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ