記事検索

tomokonakamuraのブログ

https://jp.bloguru.com/tomokonakamura

フリースペース

世の中の‘事実’ってどこにあるのでしょうか?

スレッド
世の中の‘事実’ってどこにある...

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、お風呂場の具合が悪くなったので、見積もりを取って貰おうと、何軒かの業者に来て貰いました。


独身一人暮らしの私。

知らない人を家に入れるのは非常に抵抗があるのですが、そうも言っておられません。

で、そのうちの一軒、若い男性と女性の担当者がうちに来たときのことです。

まだ20代とおぼしきその二人、しかし、お風呂専門にリフォームを手掛けているというその施工会社の社員らしく、非常に信頼のおける提案などをして下さったのでした。 

が! 

その後の発言に私はカチンときたのです。それは、


「タイル張りだと、お掃除が大変でしょ、お母さん


この‘お母さん’と言う言葉に引っかかりました。

笑えるぐらい引っかかりました!(笑)

でもその時は「(お母さんと言うのは)やめて下さい」とは言えず、その後、ずっとこのことが頭から離れませんでした。


で、あとでこのことについて考えてみたのです。


人は、各人の‘フィルター’(もしくは‘色メガネ’とも言う)を通して世の中を見て、認識をしています。

例えば、待ち合わせ時間に5分遅れて来た友人がいるとして、これについて待たされても別に何にも感じない人もいれば、怒り狂う人もいるわけです。

怒りを覚える人のフィルターは「時間厳守!」というものがあったりするからです。

だから遅れて来たら、腹が立つ。

でも事実は単に「友人が待ち合わせ時間に5分遅れて来た」だけ。


この暴言を吐いた(笑)担当者のフィルターは「これぐらいの歳の女性は普通、結婚していて、お母さんなのだろう」もしくは、「自分の母親と同じぐらいの歳だからお母さんなのだ」と言うものなのだと思います。

で、私の方はと言うと、「事実ではないことを言うべきではない(言われたくない)」と言う価値観が。


彼が私のことを「お母さん」と言ったことは事実。

でも、そのことはまず事実ではありません。

そして、彼が言ったことに過剰に反応する私。。。



ここで思ったのは、人は全て自分のフィルターで世の中を認識しているんだな、ってことです。

彼が私を「お母さん呼ばわり」(笑)したことも、彼のフィルターを通して見た世の中で、事実とは違うし、私が持っている「事実ではないことを言うべきではない」と言うフィルターも事実ではないのです。

各人のフィルターが複雑に入り組みあって事実がねつ造され、それによって色んな反応が起きるんだな、そして事実そのものを捉えるのは相当難しいことなんだな、と感じたのです。



世の中の‘事実’ってどこにあるのでしょうか?





あなたは‘事実’を本当に‘事実’として、捉えていますか?

フィルターを通して、自分のメガネで、事実をゆがめて捉えていませんか?











************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ