記事検索

介護の仕事

スレッド
今、利用者の俳句ノートをワープロで清書しています。
皆野町には金子兜太という、素晴らしい俳人がいました。
俳句の中に出てくる、場所や時期などを知ると楽しいです。
老人ホームは収容所ではないので、食事介助、排泄介助、移乗介助だけをしている場所ではないのです。
対等な関係で話し合う場所なのです。
わたしもこれからの人生の糧になっています。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2018-06-08 08:11

五感を使う俳句作成は、いいリハビりになると思います。聖書作業も大変でしょうが、るようしゃにとっては、いい思い出になりますね。

ワオ!と言っているユーザー