記事検索

フリースペース

10代20代の若白髪はどうしたらいい?染める?染めない?抜く?切る?

スレッド
両親のどちらかが若い頃に白髪だった場合、子供は遺伝の影響によって10代から20代で若白髪となってしまう可能性が高くなります。白髪は外見を気にする若者、特に女性にとって悩ましいものですが、実際にどうやって対処すべきなのでしょうか。

実は、白髪には「休止型」と「欠失型」の2種類があって、若白髪に多いのは休止型の方です。元々、白い髪の毛を黒くするメラニン生成機能のおかげで、人間の髪は黒く生えて来ます。メラニン生成がほとんど、あるいは完全に失われた状態の欠失型に対し、一時的にメラニン生成をしなくなる休止型は、メラニンを再び生成させることで白髪から黒髪に戻る確率を高められます。一般的に、一度白髪になると元の黒い状態には戻せないと言われていますが、これは中高年の人に多い欠失型の症状です。若白髪になったら、簡単に諦めるのではなく正しい処置をして改善を目指すべきでしょう。

まず、数本程度の目立たない白髪なら、よく寝てバランスの良い食生活を送れているかなど、自身の生活習慣を見直すべきですが、正しくヘアケアをしているのかどうかも重要です。シャンプーやコンディショナーを使う際には、頭皮を優しく指の腹で揉むように洗った後でしっかりとすすぎ、頭皮を清潔かつ正常な状態に保ちましょう。もし、白髪の本数が多くなってしまっていたら、白髪染めクリームなどではなく、白髪染め用のシャンプーを使うことをおすすめします。白髪染めクリームはカラーリングと同じく、頭皮への負担が大きいのですが、シャンプーなら少しずつ回数を重ねながら白髪を目立たなくするため、頭皮へのダメージが少なくて済みます。

また、ヘッドスパへ行くのも良い方法です。白髪の主な原因は血行不良なので、ヘッドスパで頭皮をしっかりとマッサージしてもらえば、血流が良くなって改善の可能性が高まります。なお、頭頂部から指1本分ほど下にあるツボ「防老」は、白髪の改善が期待出来る部分なので、ここを押してくれるサロンを選ぶと良いでしょう。また、白髪は他の髪より太いため、一本だけ伸びると目立ってしまいますが、これを無理やりに引っこ抜くのはやめましょう。なぜなら、毛根を痛めてその形状が変わって縮れ毛になってしまう他に、毛根の細胞が傷ついて再生しない、つまり二度と生えてこなくなるという最悪の結果も起き得るからです。気になってしまう場合は、抜かずにカットするのが最も良い方法です。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ