記事検索

十条らいふのブログ

https://jp.bloguru.com/jujolife

フリースペース

おだやかに・機嫌よく・ほどよく過ごす。

自分の感情を放置しない

スレッド
自分の感情を放置しない

おだやかに機嫌よく過ごすライフコーチの十条らいふです。

童謡『ぞうさん』を作った
作曲家の團伊玖磨さんがエッセイのなかで

自分は工事現場の近くであろうが
踏切の近くであろうが
作曲できると書いていました。

これを読んだのは
高校生のころか大学のころか
忘れましたが

「自分は環境に影響されるような
アマチュアではない」

という言葉が妙に心に残っていて

プロというのは環境を言い訳にしては
いけないものなんだなと
思っていました。

自分も社会人になって
仕事をするようになってから

気分がいまいちで
やる気が起きなかったとしても
一定の成果は出さなければいけないと
思っていました。

サラリーマンといえども
仕事で対価を得ているプロであるからです。

なので
仕事をするのに
モチベーションは関係ないだろうと思っていました。

サラリーマンは
なかなか自分で仕事を選ぶことはできませんし
部門や上司も選ぶこともできません。

(希望を募る制度もありますが
うまく運用できている話はあまり聞きません)

やる気がおきない
気が進まない
仕事に興味が持てない

モチベーションがあろうがなかろうが
そんなことに関係なく
対価を得ている以上は
一定の成果を出さなくてはならない。

こんな考え方で仕事をしてきました。

ところが
これを続けていると
心が疲弊するというか
麻痺してくるんですね。

挙句の果てに
自分の身体がコントロールできない
感覚がやってくる。

ある朝起きて
まったく身体が動かない状態となり
それでも無理に起きて出社したものの
人の話は耳に入ってこないし
腕がとにかく重くて上がらないしで

「すみません。ちょっと体調悪くて外します」
とだけ言って

営業車のなかで横になっていました。

どうも尋常ではないなと思って
病院でいろいろ検査をしてもらったところ
「うつ病」と診断されました。

投薬しながらしばらく休んで
幸いにも寛解したのですが

このときの反省は

感情を放置してはいけない

というものでした。

辛いなら辛い
やる気が起きないなら起きない
悲しいなら悲しい
頭にきたなら頭にきた

その感情を
放置しないことです。

周辺にいるひとに
そういった話をするのは
自分の弱みを見せるようで
嫌だなという気持ちがあったのですが

いったん自分の感情を切り離すためにも
誰かに言えばよかったなと
いまは思います。

身近な人にはなかなか話せないことも
あると思いますが

カウンセラーやコーチなど
傾聴し共感し承認することが
できる人を頼って
感情を思い切り吐き出してみる。

これをやることで
自分の感情をいったん切り離して
観察することができます。

そしてそれをどう受け止めるかを
考えることができます。

自分の感情は
放置しないことです。
病気になります。

コーチ探せる プロフィールページへ
クリック
#コーチ #コーチング #コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ