記事検索

フリースペース

南加聖書教会ホームページ: http://wdx.socalbiblechurch.com/ 南加聖書教会フェイスブック: https://www.facebook.com/SoCalBibleChurch/

もの言う牧師のエッセー 第149話 再投稿

スレッド
もの言う牧師のエッセー 第14...
もの言う牧師のエッセー 第149話 再投稿
「 終戦70年目を迎えて(中):100年前 」  

    7月14日陸上自衛隊が、フランス革命記念日の軍事パレードに参加し、自衛官3人が日の丸を掲げてパリ中心部のシャンゼリゼ通りを行進した。今年は第一次大戦開戦から100年に当たり、参戦した国などが招待されたが、自衛隊が単独で外国の軍事パレードに参加するのは初めてだ。

ドイツ軍の攻勢によって苦境に立たされた英国は、日英同盟を結んでいた日本に地中海への艦隊派遣を要請。1917年6月に先遣隊が地中海の小国マルタに到着したが、その後の彼らの八面六臂の活躍には目を見張るものがある。788隻の連合国側の輸送船や病院船を護送し兵員70万人を輸送。敵のUボートと35回交戦し、駆逐艦「榊」が魚雷攻撃を受けて大破し、艦長ら59人が死亡するなどの犠牲を出しながらも、日本艦隊はUボートの攻撃を受けた船から7千人以上を救出。世界中から賛辞が相次ぎ、パリ講和会議では5大国に列せられた上、後に設立された国際連盟の常任理事国にまでなってしまった。

まだある。実は戦時下において日本陸海軍はドイツ軍捕虜を丁重に扱かった。中でも徳島県鳴門市にあった板東俘虜収容所では地域住民総出で彼らをもてなし、ドイツ兵たちもそれに答えて日本で初めてベートーヴェンの“第九“ が演奏されたことは有名だ。また名古屋俘虜収容所でも捕虜の指導で「敷島パン」が誕生、”パスコ”として現在に至るなど、まさに古き良き武士道が健全に機能していたと言える。

その後ワシントンで行われた海軍条約ではついに米英をに次ぐ世界第3位の軍事大国にのし上がり、ついに日本は120年前の日清戦争と110年前の日露戦争を経てここにピークに達し、国力といい人々の精神性といい申し分ない理想的な時代を迎えたのであった。が、その後、強者となったおごりから、孤立の道を進み始め、軍は官僚化し、豊かな精神性は失われ、非常識がまかり通るおかしな国に成り果て全てを失った。

「お前たちは神々だ。お前たちはみな、いと高き方の子らだ。
 にもかかわらず、お前たちは、人のように死に、
 君主たちの一人のように倒れよう。」 詩篇82篇6-7節。

これは、ダビデ王が統治していた頃は豊かな国であったイスラエルが、その後、傲慢になり没落の道を辿った時に神が彼らに発した言葉である。ここで言う“神々”とは、世の賢人や王などの指導者たちを指し、お偉い人に向かって「~の神様」などと敬愛の情を示す日本人には理解しやすい表現となっている。なるほど日本は自らを“神国”と称し、根拠なき優越感に浸っていたが倒れてしまった。そして100年後の今の日本もまた同様ではないだろうか。今こそ日本が、人間に過ぎない“神々”ではなく本当の神を信じ、美しく豊かな国を築いて欲しいと心から祈る。                           2014-8-28 

ワオ!と言っているユーザー

LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

スレッド
LA Roadster Sho...
LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

ワオ!と言っているユーザー

LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

スレッド
LA Roadster Sho...
LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

ワオ!と言っているユーザー

宗教(レリジョン)  Vs  福音(ゴスペル)

スレッド
宗教(レリジョン)  Vs  ...
宗教  Vs  福音

宗教:もし従えば私は受け入れられる。 
福音:私はすでに受け入れられたから従える。

宗教:私が正しければ神は私を愛して下さる。
福音:私は悪い人間。イエスは悪い者を愛して下さる。

宗教:全ての人間は善いか悪いかだ。
福音:全ての人間は悔い改めるか否かだ。

宗教:ポイントは私が何をするか、しないかである。
福音:ポイントはイエスが何をしたかである。

宗教:それは誇りと失望を生み出す。
福音:それは謙遜と確信を生み出す。

宗教:恐怖が私を動かす。
福音:愛が私を動かす。

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 第148話 再投稿

スレッド
もの言う牧師のエッセー 第14...
もの言う牧師のエッセー 第148話 再投稿
「 終戦70年目を迎えて(上):120年前 」  

   終戦70年目の今年は、過去120年を振り返る年となった。今年に入ってから中国メディアは、120年前の日清戦争敗北の原因を巡って議論を沸騰させてきたが、中国空軍の上将(大将に相当)である劉亜洲氏は7月、「敗因は近代化の遅れや上層部の腐敗構造にあった」などと発言、その冷静な意見に驚いた。

実は当時の清国海軍北洋艦隊には、世界最大かつ不沈艦とされるドイツ製戦艦「定遠」と「 鎮遠」があった。開戦に先立つ1891年7月には丁汝昌提督がそれらを率いて日本を“表敬訪問”までしている。1ヶ月ほどの滞在だったが親善とは名ばかりで実際には恫喝であったことは言うまでもない。日本は巡洋艦が主体であり戦艦を持っていなかったために、日本中がこの巨大艦を見て震え上がり、清国側の日本に対する威嚇は十分に奏効した。それだけではない。当時の旅順要塞は “東洋最強” を謳われており、清国の総兵力も日本の2倍以上であった。

が、さしたる活躍もなく北洋艦隊は黄海開戦で壊滅し、丁汝昌は自決。旅順に至ってはたった一日で陥落、日本側戦死者わずか40名という軽微な損害で幕を閉じた。思えば高杉晋作らは、列強に侵食される中国を見て他山の石とし、日本の近代化の為に奔走したのであったが、もはや “死に体” 同然の中国に止めを刺したのが同じアジアの朋友たる日本であったことは誠に皮肉だ。

その後、勝利に酔う日本は列強に加わり、さらに強くなり連勝街道をひた走るが、それは同時に中国の恨みを増幅していく過程であったと言えよう。21世紀になった現在もまた、日本は小さな海軍力しか持っておらず、中国の上層部は腐敗し、中国海軍は大型空母を建造し日本を威嚇している。我々は何という無駄な堂々巡りを繰り返しているのであろうか。 聖書には

「なぜ国々は騒ぎたち、国民は空しくつぶやくのか。」詩篇2篇1節

と記されている。書かれたのは神であるキリストが人間として来臨する1000年も前である。ちなみに詩篇第1篇には、神に従う者が味わう祝福が示されている。そしてこの第2篇は神に従わない者たちの愚行で始まったかと思いきや、やがて救い主として登場するキリストが突如として示されるのだ。これを「メシア預言」と言い、本篇最後には

「御子に口づけせよ。
 主が怒り、お前たちが道で滅びないために。
 怒りは今にも燃えようとしている。
 幸いなことよ。全て主に身を避ける人は。」同12節 

と結ばれている。110年前の日露戦争を経て100年前の第一次大戦、そして全てを失った70年前の戦争。しかし今日も世界はキナ臭い。それでもなお、神は今日も諦めることなく、人類一人ひとりのために門を開けて待って下さっている。。。           2014-8-22 

ワオ!と言っているユーザー

スヌーピー・ドギー・ドッグ

スレッド
スヌーピー・ドギー・ドッグ
愛が感謝されないことは多い。
しかしそれでもなお 愛を与え続けるべきだ。

スヌーピー・ドギー・ドッグ

ワオ!と言っているユーザー

LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

スレッド
LA Roadster Sho...
LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

ワオ!と言っているユーザー

LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

スレッド
LA Roadster Sho...
LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 第143話 再投稿 

スレッド
もの言う牧師のエッセー 第14...
もの言う牧師のエッセー 第143話 再投稿        
「 おやかた 」   

    「おやかた」の本がベストセラーという。“親方“ ではなく「親の家を片づける」という意味で、”親家片” と書いて “おやかた”と読む新語まで出来たというから驚いた。本の帯には「団塊世代を襲う、新しくて大きな問題!」などと思わずギクッとするような言葉が。親が施設に入る時、認知症を患った時、あるいは亡くなった時、40〜60代は膨大なモノの 詰まった親の家の片付けに直面する。

亡き親の思い出が深過ぎて何も捨てられず何年もかかってしまう人や、逆に捨てたがらない親と衝突し親子関係を悪くしてしまう人など、今年50歳の私にとっても切実な問題である。なぜなら牧師だった私の父は膨大な書籍を持ち、聖書だけでも100冊はあるかも知れず、他に手塚治虫全集やら日本文学全集やらを合算すると優に数トンはあるのではと推測される。

母も負けていない。元デザイナーの彼女は衣装持ちで雅なドレスが多くある。果たして私はそれらを捨てることが出来るのだろうか。だが今さら言うまでもなく、人間は何一つとしてこれらのものを “あの世” へ持って行くことは出来ない。キリストは言う。

「人は、たとい全世界を手に入れても、誠の命を損じたら、何の得がありましょう。その命を買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」
 マタイの福音書16章26節

と。人はそれぞれ一生の間いろんなことに励んだりモノを手に入れたりするが、死の前にはなすすべがない儚き存在だ。結局のところ、死から復活したキリストを信じ、永遠の命をいただき、“その日”に備えて可能な限り慎ましく生きること以外に、さし当たって解決法などない。片付けたり、片付けられたりする前に神を信じよう。神は我々を片付けたりせず、新しい世界を用意して下さるから。     2014-7-17 

ワオ!と言っているユーザー

LA Roadster Show 2022! / LA ロードスターショー!

スレッド
LA Roadster Sho...
ド派手キャデラック登場

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/34 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>