記事検索

フリースペース

南加聖書教会ホームページ: http://wdx.socalbiblechurch.com/ 南加聖書教会フェイスブック: https://www.facebook.com/SoCalBibleChurch/

イソップ

スレッド
イソップ
感謝は高潔な魂の証である。
 
イソップ

ワオ!と言っているユーザー

ドストエフスキー

スレッド
ドストエフスキー
人間は、苦労ばかり数え上げるのを好み、幸せを数えようとしない。
 
ドストエフスキー

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 再投稿

スレッド
もの言う牧師のエッセー 再投稿
もの言う牧師のエッセー 再投稿
第297話「 私には敵はいない 」
 
    中国の民主化を訴えてきた硬骨の人権活動家で作家の劉暁波(リウシアオポー)氏が亡くなった。投獄中にノーベル賞平和賞を贈られ、解放されないまま死去したのは、ナチスを断罪して強制収容所送りとなったドイツ人ジャーナリストで、1935年に受賞したカール・フォン・オシエツキーに次いで2人目という。
 
コロンビア大学の客員研究者として米国滞在中の1989年に天安門事件が勃発。即座に帰国し学生たちの断食抗議を指揮。軍が天安門広場に突入する寸前、友人3人と軍幹部との交渉に臨み、学生らを広場から撤退させ、事件の犠牲を減らした功績を称えられたが、事件後は反革命罪で投獄された。欧米からの圧力もあり、他の民主活動家らが次々と出国する中、釈放後も国内に留まり民主化を訴え続け精力的に活動。当局から繰り返し拘束され強制労働などの迫害を受けても「私に憎しみはなく、敵はいない。」とその信念を最後まで貫いた。
 
ノーベル賞委員会は「20年以上にわたり、中国で基本的人権の適用を唱え、人権を求める幅広い闘いの最大の象徴になった」と評価して平和賞の授与を決定 。2010年12月のノーベル平和賞授賞式では劉氏の椅子は空席のまま、劉氏が中国政府へ向けて書いた陳述書が朗読された。「最大の善意をもって政権の敵意に向き合い、愛によって憎しみを溶かしたい。」
聖書は言う。
 
「悪に負けてはいけません。
 かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい 」
 ローマ人への手紙12章21節。
 
世界中で憎悪が増幅しつつある現代。不寛容がまかり通る世代。そしてそれに異を唱え“暴力を振るう平和主義者”たち。しかしそのいずれも成功しない。ただ十字架にかかったキリストの平和と愛だけが憎しみに打ち勝つ。劉氏のように強くなる必要はない。イエスを心から信じる者は、聖霊により神の力で悪に勝てる強さを持てるから。  
2017-9-1

ワオ!と言っているユーザー

キリストとレイシズム(人種差別主義)

スレッド
キリストとレイシズム(人種差別...
キリストとレイシズムをごっちゃにするな。

神を愛しながら、同時に神の被造物である人間を憎むことは出来ない。

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 傑作選

スレッド
もの言う牧師のエッセー 傑作選
もの言う牧師のエッセー 傑作選
第344話「 ナタリー・ポートマンの乱 」
 
   映画「スター・ウォーズ」新三部作でヒロインのパドメ・アミダラで知られ、「ブラック・スワン」で、アカデミー主演女優賞を受けたオスカー女優であるナタリー・ポートマンさんはエルサレム生まれのユダヤ系アメリカ人。幼い頃より学業優秀で、名門ハーバード大学で心理学を修めた。出演した映画のアクションシーンでは代役を使わず自身でスタントをこなし、いっぽうで非常に礼儀正しいことで知られ、共演者や撮影スタッフ、裏方にまで挨拶を欠かさず、今やハリウッド女優を代表する正統派美人として呼び声が高い彼女は今年、ユダヤ人社会に貢献した人に贈られ、ユダヤ人のノーベル賞とも呼ばれる、イスラエルの「ジェネシス賞」の対象に選ばれた。
 
が、何と彼女は受賞式への出席を拒み、受賞を辞退した。本人のインスタグラムによれば、受賞式で同国のネタニヤフ首相と同席して彼を支持してると思われたくないと言う。ホロコーストを生き伸びた親族を持つ彼女は、暴力を憎み、「残虐行為に苦しむ人々」を痛めつけるのは、ユダヤ人の価値観に反すると考える。“残虐行為“とは、米国によるエルサレムへの大使館移転問題を巡る、イスラエルのパレスチナ人に対する一連の強行策であろう。イスラエル側は、パレスチナ人のデモ鎮圧に実弾を使ったとも言われ、「最近のイスラエルの出来事に苦しみを感じている。」
 
いっぽうでイスラエル当局はポートマンさんに対し、同国に対するボイコット、投資引き揚げ、制裁を呼びかけるBDS運動に加担していると非難。しかし彼女はこれをきっぱりと否定。「私は、暴力と腐敗、不公平、権力の乱用と対決しなければならない」と一歩も引かず、イスラエル人であれ、パレスチナ人であれ、「我々は、あらゆる暴力を恥じ、すべての子供の死を、自分の子供のように悼むべきだ」。 ほれぼれするような彼女の天晴れな態度を見て、
 
「剣よ。目をさましてわたしの牧者を攻め、
 わたしの仲間の者を攻めよ。」 
         ゼカリヤ書13章7節、
 
と預言した、今から約2500年前の預言者ゼカリヤを思い出した。これは、神に逆らい滅亡したイスラエルが、神の憐れみによってイスラエルを再建したものの、再び堕落し滅亡への道を進みつつある時に、勇者ゼカリヤによってなされた痛烈な一撃である。ちなみにこのゼカリヤはこの後イスラエル人に恨まれ殺された。今年はイスラエルの建国70年。しかし数千年前から続く彼らの不信仰は今日も同じだ。だが望みはある。それらは聖書では想定内であり、やがてキリストが帰還し全ての暴力に決着をつけるから。                
2018-7-14
 

ワオ!と言っているユーザー

おかげさまで今日、結婚33周年を迎えました!

スレッド
おかげさまで今日、結婚33周年... おかげさまで今日、結婚33周年... おかげさまで今日、結婚33周年... おかげさまで今日、結婚33周年...
おかげさまで今日、結婚33周年を迎えました!
神さまとカミさんに感謝!

地元バルボアのビーチにて。

ワオ!と言っているユーザー

素晴らしき信仰者、星野富弘さん、追悼。。。

スレッド
素晴らしき信仰者、星野富弘さん...
素晴らしき信仰者、星野富弘さん、追悼。。。

「全てを善意に考える。
 全てを修行に考える。
 そこから必ず道が開けてくる。」

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 再投稿

スレッド
もの言う牧師のエッセー 再投稿
もの言う牧師のエッセー 再投稿
第294話「 皇太子のセルフィー 」
 
  デンマークを訪問していた徳仁皇太子は、港町近くを散策中に地元の一般男性のハイネさんから、携帯電話のカメラに自撮り写真で一緒に映ってもらいたい、と頼まれ快諾。コペンハーゲンの青空の下、満面の笑みを浮かべる皇太子に親しみを覚えたのは私だけだろうか。が、宮内庁は驚愕した。世で言う「6月17日に起こったセルフィー騒動」だ。
 
海外でのハプニングとはいえ、そもそも携帯カメラで皇室メンバーを至近距離から撮影する行為は数年前まで日本では考えられず、 眉をひそめる宮内庁関係者がいる。いっぽうで、“皇太子さまと自撮り写真” は去る4月のマレーシア訪問の際にも同国ナジブ首相とのツーショットが話題となるなど、「来年末と見られる新天皇の即位に向けて、少しずつ皇太子殿下が独自色を出し始めているようにも感じる」と分析する人も。
 
実は皇室と携帯の関係に変化が起きたきっかけは、2011年の震災だったという。震災直後、両陛下は7都県へと足を運び被災者を力づけたが、皇室担当記者によれば、「この時、体育館などで避難生活を送る被災者が両陛下を携帯電話のカメラで撮影する場面が何回かあったが、行幸啓(両陛下のお出まし)を取り仕切る自治体職員も、身内や家を失い絶望にくれる被災者に対して、それを止めることは出来ない状態でした。」
 
この頃からスマートフォンをカメラ代わりに使用する人が増え、皇族に対する携帯電話による撮影への垣根も徐々に低くなっていったそうな。 
 
神の“皇太子”である御子イエスは、自身が神であることに固執されず、天から地上に降りて来られ、人としての性質をもって現われ、
 
「すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。」    
 マタイの福音書9章35-36節。
 
そして、人々の罪を贖うために十字架の死にまで従い、3日目によみがえり、天に昇り、彼を信じた者には聖霊を送ることにより、いつも共にいて支えて下さる。満面の笑みをたたえながら。                             2017-8-11 

ワオ!と言っているユーザー

ヘレン・ケラー

スレッド
ヘレン・ケラー
世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、
目で見たり手で触れたりすることは出来ません。
それは、心で感じなければならないのです。
 
ヘレン・ケラー

ワオ!と言っているユーザー

もの言う牧師のエッセー 再投稿

スレッド
もの言う牧師のエッセー 再投稿
もの言う牧師のエッセー 再投稿
第290話「 世界総統への道 」
 
  トランプ米大統領は5月22日、米国の現職大統領として初めて、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪問した。彼は昨年の選挙中から「エルサレムをイスラエルの首都として認め、米大使館をテルアビブからエルサレムに移す」と言ってはばからないが、日米をはじめ国際社会はエルサレムをイスラエルの首都とは認めていない。国際社会の大半は旧市街のある東エルサレムが将来のパレスチナ国家の首都になると考えており、ゆえにトランプ氏の今回のイスラエル訪問をアラブ諸国及び世界が注視した。
 
いっぽう、彼の訪問を翌日に控えた21日、イスラエルのネタニヤフ首相は「エルサレムはこれからも常にイスラエルの首都だ」と宣言し大いに気勢を上げた。トランプ氏のいつもの大風呂敷のおかげでにわかに脚光を浴びたエルサレム帰属問題ではあるが、実は米国がエルサレムへの大使館移転を口にするのは珍しいことではない。クリントン、ブッシュ各氏も大統領就任前は移転を支持、それどころか米議会は95年には「エルサレム大使館法」を成立させた。
 
が、前述のとおりパレスチナなどの反発を考慮し、歴代大統領は6カ月ごとに執行を“棚上げ”して今日に至る。要するに今回の一件で米国がいかにイスラエルとエルサレムに興味を持っているかが露呈した。「中東和平実現に向け、またとない機会が目の前にある」などと述べ、暗礁に乗り上げている和平交渉再開に向け仲介役への意欲をむき出しにするトランプ氏を見て、イエスが語った世界の終末預言と、世界統一政府の上に君臨する世界総統に関する預言、
 
「『荒らす憎むべき者』が、聖なる所に立つのを見たならば、(読者はよく読み取るように。)」
  マタイの福音書24章15節、
 
を思い出しゾーッとした。聖書によれば、世の終わりには政治的問題やネットワークの構築によってグローバル世界が加速し、やがてその上に君臨する超独裁者が現れ、“聖なる所”であるエルサレム神殿の中で執務をすることが描かれているが、そのためにはまず中東和平を実現せねばらない。なぜエルサレムなのかこれまで日本人にはピンと来なかったが、今回の一件で欧米が目指すものには斯様な聖書的背景があることが伺えよう。
さらにはトランプ氏の娘婿であるクシュナー氏はホロコースト生き残りの祖父母を持つバリバリの正統派ユダヤ教徒であり、今や大統領特別顧問にまでのし上がったが、今回の「嘆きの壁」訪問にはイスラエル政府当局者が同行しない中、彼がユダヤ教指導者のラビノビッチ師のみをともないトランプ氏に付き添っているのが印象的だ。
 
そして今、第三神殿建設がささやかれている。欧米エスタブリッシュメント、在米ユダヤ人たち、そしてイスラエルの人々、様々な思惑が交錯しながら事態ははゆっくりと世界統一政府への道を進んでいく。しかし誰がエルサレム神殿の中に立とうともそれはキリストのゴスペルとは無関係である。独裁者は滅び、再建された神殿は灰燼に帰す。その時こそ、本当の王であるキリストが再来されるのだ。      2017-7-1 

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/61 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>