記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

福島第一原発周囲の中間貯蔵施設にタンク設置を

スレッド
原発事故で発生した放射能汚染土を一時的に保管する中間貯蔵施設。
環境省は、福島第一原発周辺に、その中間貯蔵施設を整備している。
敷地の広さは、福島第一原発の敷地の4倍近くにもなる。

原子炉から汲み上げて主要放射性物質を取り除いた汚染処理水だが、
保管タンクの設置場所が無いなら、中間貯蔵施設に作れば良いと考える。
単に移設するのではなく、完全に放射性トリチウム以外を除去し、
内部の汚染処理水の放射能状況を情報公開すれば、批判も減るだろう。

放射性トリチウムは、約12年でその半数が自然崩壊し、水となる。
50年保管すれば、放射能は約20分の1に減少する。
そうした後、福島ではなく、手を上げてくれた県で最終処理をすれば良い。

さらに、放射性トリチウムの健康影響についても、
国が研究論文を整理してWEB上で公表していくべきである。
それは本来、海洋放出の議論の前にしておかねばならない事でもある。

政府や行政は、処理汚染水は海洋放出しても問題ないと言い張るが、
放射性物質の放出が、問題の無い訳が無い。
問題を認め、徹底した情報公開と説明がなければ、誰も信用する事はない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ