記事検索

感性

スレッド
感性 感性
子供達には、何かひとつ芸術に興味を持って欲しいと願い育てて来ました。娘は絵?息子は音楽?絵を描くのは我々夫婦も好きですが、水族館で年末休暇に亀に癒された娘が、亀の絵を描くことにハマっています。描くことで癒されるようです。

感性を刺激する事には、何でもいいので家族で楽しみたいと思います。

チョッと親バカな投稿でした〜
#亀 #感性

ワオ!と言っているユーザー

やれそう、やるべき、やりたい

スレッド
やりたい=志の裏付けがあること... やりたい=志の裏付けがあることが起業の根本 攻めは才能。それに後押しするの... 攻めは才能。それに後押しするのが肚だと思います。
富士フィルム、副社長かつCTOの戸田雄三氏のインタビュー記事に深く頷くこと多く、ここに共有させて頂きます。

これは事業だけでなく、勉学や人生の描き方にも共通することだと思います。
「やる」ことは、大きく3つに分けることができる。

  やれそう
  やるべき
  やりたい

仕事だけでなく、趣味、遊びなど本当に「やりたい」ことにチャレンジしているか?その為には、自分の「心」と会話できているか? そして、行動を起こすために肚が括れるか? 肚を括れるか否かは、やりたいことが本物かどうか。

攻撃は最大の防御なりという言葉もありますが、積極的な人生、会社経営も自分を持っていないと駄目でしょう。

前にも書き留めたことがありますが、自分の人生の主人公になりましょう。
#起業 #富士フィルム #パラダイスシフト

ワオ!と言っているユーザー

AR/VRとは?

スレッド
最近、ARとかVRという言葉をニュースで聞いたり観る機会が多くなったのではないでしょうか?

VRでは、よくビデオゲームを使って将来像の宣伝を目にしたりしますね。ただ、視覚情報は動いているのに身体は動いていないので脳内で混乱が起きて船酔いみたいになると聞いたことがあります。身体を動かさずにある現実を間近に感じるとかには良いかもしれませんね。長期入院している子供が動物園や水族館に行く体験するとか。

個人的にはARに興味が移りつつあります。下記YouTubeビデオでその将来像の一端をご想像ください。遠隔で懇切丁寧に教える顧客サポート事例ですね。学習の世界だけでなく、個人レベルのコミュニケーション方法・能力はもう5年もすれば大変革ではないかと想像します。いや〜駅前の伝言板には物語があったよね〜なんて会話は、公衆電話さえ知らない若者からすると化石的な発言になるでしょう。いや、すでにそうですね。我々の世代が、飛脚?いつの話というくらいの時代の格差。

当然ハードウエア価格も手頃になる必要がありますが、それは問題ないとして、チャレンジはUX。つまり、素人でも簡単に使えるもの。そして、そのコンテンツですね。こうした技術は人間性を疎外するとか頭から食わず嫌いでなく、道具としてどう使い切るかに考え方をシフトすることもいつまでも若くいれる秘訣ではないかと最近のオッサンとしては思います。

拡張現実(Augmented Reality)



#AR #VR #拡張現実 #仮想現実 #バーチャル #バーチャルリアリティ

ワオ!と言っているユーザー

DIY Pizza

スレッド
DIY Pizza DIY Pizza 私の注文したピザ 私の注文したピザ
日本は幕内弁当社会でお任せ。米国はカフェテリア社会で自分で選ぶ。

最近見かけていたピザ屋さんが気になってランチに行ってきました。

トッピングはどの組合せでも自由。何種類で値段は同じ。
11インチのピザで約1000円。

肉類、野菜類、チーズなどトッピングの種類は全部で述べ30以上はあったと思います。味は、まあまあ許せる範囲。

日本人だと決めるのにとても時間がかかるかも?
サンドイッチではSUBWAYなど日本でも自分で選ぶカフェテリア方式が定着していますね。次はピザかも?

#Pizza #DIY

ワオ!と言っているユーザー

書初め:継

スレッド
字の語源は下記経由しているよう... 字の語源は下記経由しているように糸を紡ぐから来ているようです。「断」と同じ字になるよりは、今回の書初めの意味からは、下の字はもっと下手ですが、意味合いからは下の字の方がいいのかな? 書初め:継
2日の書初めに際して、今年選んだ一字は「継」。

親の躾から始まり故郷や日本で育ててもらったことや、出会い、教育、経験など、今の自分があることの「お陰様」を十分認識・感謝する意味で選びました。

年に数回しか筆を持たないので上手になることはないのですが、最近、書道に興味が再び湧き、臨書などしようかと前回の出張ではお手本を購入。

今回の字も「勢いだけで書いている。墨の潤滑が足りない。同じ方向に向く線が目立ち単調に見える。間隔を広めに。」など書に精通している友人からアドバイスをもらいました。

性格が出ますね。
そして、武術にも共通します。

強弱というか脱力が足りない。
軸がぶれないように意識はしているのですが、それに気をとられて単調。
つまり、メリハリがない。

立ち姿もまだ軽く見える自分にまだまだ内面修行の足りなさも感じています。

まあ、絵と一緒で世界に一つしかない字ですから、下手でも公開しながら精進したいと思います。
#書初め

ワオ!と言っているユーザー

箱根駅伝 : リーダーシップ

スレッド
箱根駅伝 : リーダーシップ
昨日のブログに関連することで下記の箱根駅伝の青山学院大学の監督さんのコメントをご紹介します。

http://toyokeizai.net/articles/-/151440?display=b

私のモットーの「考える癖」にもつながるものです。
#箱根駅伝 #癖 #青山学院大学

ワオ!と言っているユーザー

リーダーの5条件 :星野佳路氏

スレッド


今年初めてパソコン開けての作業をこのブログでスタート。

経営者をマネジメントと呼びますが、英語で”manage”とは「何々をさせる」という意味があります。一方、"lead"は「導く」。新しいことを起こし、継続することができるのは、マネジメント力ではなく、リーダーシップ力だと常日頃から思いますが、年を重ねるごとにその想いは強いものになっています。

星野リゾート代表としても著名な星野氏がリーダーシップについての5つの条件を上がられています。それについて、私なりの私見も加えて、2017年スタートに先駆けて自分自身の足元の見直しにしたいと思いますのでお付き合いください。

1)コミュニケーション力
言葉は単なる道具だと思います。すでにスマホなどに同時通訳できるアプリが出てきている昨今。大切なのは、「間」が読める力。それがコミュニケーション能力としては欠かせないことだと思います。星野氏が例に挙げられているユーモアセンス、機知も「間」の一つではないでしょうか。

2)把握力
これは3番目につながりますが、正しい判断、決断には正しい状況の理解、把握が不可欠。それは、よき「聞き手」であることがリーダーには欠かせない資質として大切になります。

3)決断力
決断ができる人は、責任が取れる人に他なりません。この意思決定はスピードにもつながります。

4)率直さ
「裸の自分」で勝負する。これは私が社会に出てから一貫して心かけていることです。肩書きなどにこだわらず、素直に上司や部下、お客さんや取引先などに分け隔てなく接することができるか?とても大切なことだと自分の経験からも間違いなく言えることです。

5)清貧力
「潔さ」と同じく自分自身に言い聞かせてきたことです。成功=お金を手にすることという物差しも一つあるとは思います。特に若い人々にはその位貪欲出会っても良いと思います。つまり肉食系で。でも会社組織もそうですが、個人としても大切なのは「儲け方」より「使い方」だと思います。星野さんが言われていますが、その人の「本性」が見えるのがこの部分。身の丈にあった生活。お金が急に手に入ったとしても育ちが変わるはずはありません。

そして、マネジメントとリーダーの決定的な違いは、「共感」を呼べるかどうかではないでしょうか?この人のために、この人の下で働いてみたいと思える人が真のリーダーだと思います。

自分自身を高めるためにもこうしたことを何歳になっても心がけていたいと思う年明けの今日に観たビデオだったので、書き留めて置きたいと思います。
#リーダーシップ #星野佳路 #星野リゾート #清貧 #お金 #コミュニケーション

ワオ!と言っているユーザー

価値観の転機 ー 可愛い子には旅させろ

スレッド
変わっていないシンボルの鐘楼。... 変わっていないシンボルの鐘楼。ちょうど歩いていた時にとてもいい音色で迎えてくれました。 米国では普通寮長は学生。しかし... 米国では普通寮長は学生。しかし、ここSDSUでは各寮に教授が一緒に暮らすというユニークな方法を取っているそうです。写真は、今回案内してくれたこの寮の舎監をしているPaul教授。思い出多いZura Hallの7−8階は、ペントハウスと言って21歳以上の学生だけが住めたアルコール飲める特別な所でしたが、今は700名以上入寮できるこの寮は新入生向けに変わっていました。 図書館の建物も昔のまま。隣接し... 図書館の建物も昔のまま。隣接してガラス張りの図書館の増設には驚きましたが、南カリフォルニアの太陽を燦々と受けながらの勉強だと気分も沈まないかな?
サンデイエゴは思い出の詰まった米国で最初に訪れた街。今回クリスマス休暇で新婚旅行以来の28年ぶりに訪れました。

初めての渡米は、高校2年の夏休み。親父が「これからはもっと広い世界を観ておいたほうがいい。アメリカを観ておけ!」と高校生だけの2週間カリフォルニアの旅の申込書をどこで手に入れたのか差し出しました。

そして、訪れたのがここサンデイエゴ。最初の1週間はUCSDキャンパスの寮に滞在して、英会話の勉強(?)。次の1週間は観光旅行で、サンデイエゴからLA、ヨセミテ国立公園経由のサンフランシスコという旅でした。

「小っちゃえ!」

片田舎での評判や学校の成績に一喜一憂している自分がバカみたい。逆に言えば「世界は広い!」というある意味でのカルチャーショックでした。日本に帰る飛行機の窓からLAの街並みを観ながら、大学生になったらここアメリカにきっと戻ってくると誓ったのが17歳の夏でした。

大学受験にはことごとく失敗し、拾ってくれた西南学院大学に行ったのも最初から交換留学制度が大きな理由。晴れて交換留学の試験には合格し、当時全米各地に6校の受入校のうち、迷わずサンデイエゴを希望。大学3年の夏から1年間行ったのがSDSUでした。

留学到着早々に英語の速読の洗礼を受けて大きなショック。最初の半年は、寮、図書館、教室だけの生活でした。しかし、後半の半年は全く違ったキャンパス生活を過ごしました。というのも半年経過して、上達度に教授も初めての学生と驚くほどになり、半年後に日本に戻るのを辞めて東海岸の有名校への転学を勧められたことで自分なりの節目の納得。でも優秀な成績を取るための1年ではないはず。会話が一向に上達していない自分と17歳の夏を思い出し、取った行動は真逆でした。それは、寮の友達に誘われたら一切断らないと決めて、勉強はそこそこにコンサート、映画、試合などオフキャンパスで忙しい毎日。でもその時の生活が社会人になって役立ったと思います。

今回の28年ぶりの訪問は、冬休み中で全ての建物は閉鎖中。キャンパスも留学当時とは全く変わっていて最初は迷いましたが、鐘撞の建物と図書館だけは当時の面影が残っていました。全く新しくなっていた寮前で記念撮影中に通りかかったのが寮の管理をしている教授。親切にも寮の中に入れてくれて屋上まで案内してくれました。

同行した娘がシアトルに渡ったのが中学1年生。息子は小学4年生。親バカながら2人には勉強しろっと言ったことは一度もなく、逆に机以外の経験を!と言ったのは自分の高校生時代の記憶が原点かもしれません。親父が自分にしてくれたことを、子供たちにしてやってこれただろうかと思う旅でもありました。

自分の大きな転換期になったここサンデイエゴに、この時期まで訪問することがなかったのは何か必然的なものがあったという気がします。

さてさて、残りの人生、どんな絵を描こうか?

幼少の頃から「うちはうち、よそはよそ!」が口癖の親父。

他の家がそうだからということで強請ると大きな雷が落ちました。「自分を持て!」ということだったのでしょう。それ以外には、勉強しろとか長男だから家を継げとか何も言われたことはありませんでした。今から思うと好き勝手をさせてくれていました。

頑固親父に似て、こうと思ったら曲げない性格は似ているような気もします。社会人になって、一度は田舎に戻りながらも再び海外に出た息子をあっちに逝った親父も納得してくれていると思います。自分の子供たちにも自分の価値観や哲学というか自分の軸を持つ子供には育てたつもり。

何か色々と独り想うことの多い時間でした。

いくらIT技術が発達して、疑似体験や遠隔での同時会話ができる便利な世の中になっても実体験に勝るものはなし! 肌感覚や直感も大切にしたいと改めて思います。

あと12時間でここシアトルも新年を迎えます。自然、家族、仲間や健康にも感謝しながら今年をゆっくり振り返ってみたいと思います。

皆さん、よいお年をお迎えください!
#サンデイエゴ #価値観 #SDSU #人生

ワオ!と言っているユーザー

クリスマス・イブ

スレッド
4時間煮込んだ力作?!... 4時間煮込んだ力作?! カリフラワーとリークのスープ カリフラワーとリークのスープ
子供達も巣立ち、夫婦二人だけのクリスマス・イブは静かな時間でした。

午後からシーホークスの試合をテレビ観戦しながら、ボロネーゼスパゲティの挽肉をニンニク、生姜やワインとコトコトと煮こみました。途中、奥さんのヘルプで味付け改善。サイドデイッシュは、奥さんの手料理なるカリフラワーとリークのスープ。仕上げにトリフ油をチョッと垂らしたもの。

4時間煮込んだボロネーゼスパゲティの味は、濃厚。スープは意外にアッサリ味。

渡米してもう16年も日本のお正月を過ごしていません。来年の仕事を思うと頭の中がグルグル〜〜に。せめて年末年始は心静かに過ごしたいと思います。

皆さん、良いお年をお迎えください。

ワオ!と言っているユーザー

天皇誕生日(12月23日)

スレッド
天皇誕生日(12月23日)
巷はクリスマスソングが流れ、師走の慌ただしさに追われている日本の23日は天皇誕生日で祝日でした。

象徴天皇としてのお言葉を聞くにつれ、ご本人の意思を尊重して差し上げ、政府はもっと早い対応ができないのか? 国民の声を聞く報道がマスコミから聞こえないのか不思議に感じます。

皇室典範など法律も大切ですが、法律を実際に動かすのは人。その法律というものを作成する根本は、人としての心。普通の人なら80歳の高齢ならば、仕事の一線からは距離を置き、家族との時間や自分の趣味で人生を謳歌されていいはず。十分に報われるほどそれまでの人生を頑張って来られたでしょう。

それは、天皇皇后陛下でも同じ人間としては同じ。それをご本人から言われるまで気づかない、宮内庁や政府。そして、我々国民の意識、尊敬、慈悲などの心の問題ではないかと感じました。

戦後の教育で、天皇制に触れることへの見えないプレッシャーというか空気が、日本人には一般的にあるのではないかと思います。でもそれでいいのでしょうか?今年一年の激務の日程や国や国民を想われる両陛下の行動からもクリスマスソングに浮かれずに真摯に向き合うのが、象徴として天皇を仰ぐのであれば、国民ひとり、ひとりの役目ではないかと思います。

有識者会議だとか通常国会で審議だとか・・・

自分の親だったらどうするか?もっと前にご苦労様と労い、ゆっくりと余生を楽しんでもらえるような計らいをするでしょう。一番近いところにいる宮内庁というのは何のため?

在米ですが、海外宗教行事を商業化したイベントに浮かれるのもいいけれども、自分の国の足下を見ることも忘れたくないと思った記者会見の記事でした。

参考記事
天皇陛下記者会見

The Japanese Emperor press conference on his birthday
#天皇 #日本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 7/91 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>