記事検索

オンラインビジネスを学ぶ!by WebdeXpress

https://jp.bloguru.com/webdexpress-blog

最も騙されやすいフィッシングメールの手口にご注意ください!

スレッド
最も騙されやすいフィッシングメ...
最も一般的な詐欺メールは、ドメインの登録名の更新を要求する詐欺です。まことしやかに、あなたのお名前、登録しているドメイン名、登録期間なども含まれているため、ドメイン名を失うことを恐れるがために足早に行動してしまいがちです。しかし、焦らずに、ゆっくりともう一度メールの内容に目を通しましょう。

焦るがゆえに再登録をしようとしたり、検索エンジン最適化に惑わされ、ドメインを新しくしたりしてしまいがちです。詐欺集団はあなたを騙して、不要な登録を強制し、そして最大の目的であるクレジットカード情報や個人情報を盗むことが目的です。詐欺師は、公共のインターネットネットワーク情報局のドメイン登録情報ページからEメールを見つけ出し、詐欺メールを送信します。

詐欺と思われるメールや少しでも「怪しいな」と思ったメールの中のリンクは 絶対にクリックしてはいけません。まずは、ご契約先のホスティングまたはドメインをご契約している会社に直接連絡を取り、ご自身の登録ドメインや登録期間の日付などを確認してください。

全てのドメイン名は ICANN という公認のレジストラーで登録され、多くのホスティング会社が代行してドメイン名の登録に携わっています。そのため、ホスティング会社以外が更新を行う事はないはずなのです。

追加料金を払えば、ドメインにプライバシー保護をかけることができます。そうすることで、公共のアクセスから登録情報を保護することができます。

ご質問があれば PSPinc にご遠慮無くご連絡ください。
私どもが調査を致します。

ワオ!と言っているユーザー

不正アクセスを防ぐためのパスワード管理方法

スレッド
不正アクセスを防ぐためのパスワ...
不正アクセスはコンピューター、Eメール受信ボックス、サーバー、Eメールフォームの提出などで起こりえます。ハッキングをさせないためにも日頃から用心しなくてはいけません。

多くのEメールプログラム、サーバー、Webサイトは、デバイスとサーバー間の情報やトランザクションを暗号化するSSL(Secure Socket Layer)で保護されています。Eメールの場合、SSLトランザクションを適用するために設定を変更する必要がある場合がありますので、サービスプロバイダに連絡し、設定されていることを確認してください。iPhoneなどの多くのデバイスは、デフォルトでSSLを使用してメールサーバーを設定します。オンラインバンキングのログイン、電子メール、オンラインフォームなどでSSLを有効にしている場合でも、パスワードは定期的に更新することをお勧めします。

要求はサイトごとに、またはサーバーごとに異なりますが、安全なパスワードを作成するためには、次の基本的なやり方を考慮する必要があります。

・パスワードとして「パスワード」または「1234」を使用しない。
・パスワードとしてユーザー名を使用しない。
・マイナンバーのような機密情報を使用しない。
・パスワードは、デスクトップやどこかの付箋に保存しない。
・すべてのサイトで同じパスワードを使用しない。
・電話番号のような公開情報は使用しない。
・覚えやすい単語と数字を組み合わせて使用しない。
・他のユーザーのコンピュータを使用している場合「パスワードを保存しない」を選択。
・大文字と小文字、数字、および許可されている場合は特殊文字を組み合わせる。

パスワードは3〜6ヶ月ごとに更新する必要があります。いずれかのパスワードを忘れないように、すべてのパスワードを同時に更新することをお勧めします。

ワオ!と言っているユーザー

ビジネスのためのFB 開設の第一歩

スレッド
ビジネスのためのFB 開設の第...
ビジネスでのネットワークを広げる手段として、当たり前に使われているFacebook。今回は、企業のFacebookを運営する際にすべきこと (Do)すべきでないこと (Don't) をご紹介します。

フェイスブックビジネスページを設定する際に
すべきこと (Do)
すべきでないこと (Don't)

Do
1. カバー写真及びプロフィール写真はクリアで明るいものを使用しましょう。
画素数の高い、ロゴイメージを挿入してみるのも良いでしょう。

2. ウェブサイトでフェイスブックページをプロモートしましょう。
ウェブサイトへの訪問者がウィークリーのアップデートを受け取れるよう、フェイスブックページへのリンク先を分かりやすく表示しましょう。

3. ネガティブなものであっても、メッセージやレビューには全て返答するようにしましょう。
顧客たちの意見を気にかけていることを伝えることができます

4. 会社のイベントやマイルストーンを共有しましょう。

Don't
1. ぼやけている写真をプロフィール写真や投稿に使用するのはやめましょう。

2. フェイスブックページを設定するときは、空白の項目を残さないようにしましょう。
営業時間、住所、コンタクト先など必ず登録するようにしてください。

3. コメント欄で議論を始めたり、顧客の課題を解決しようとはしないでください。
もし問題があれば、必ず個人メッセージ、できれば直接お会いして問題解決するようにしてください。



ビジネスのためのFB 開設の第一歩として、設定する際に
すべきこと (Do)
すべきでないこと (Don't)

Do
1. 投稿やイベントをブーストしましょう。
数ドルを使うだけでも、インプレッションに影響を与え、新規の顧客の方々の目に触れる可能性が高まります。

2. 投稿にはビデオや画像を付けましょう。
ビジュアルに訴えかける方がページへのエンゲージメントは高まります。

Don't
1. 製品やサービスについてのみ投稿するのはやめましょう。
個人的なことや会社の裏側など人が関わる投稿をするのがおすすめです。

2. ハッシュタグを多用しすぎるのはやめましょう。
一つの投稿につき、相応しいハッシュタグを2~3個付けるのが良いでしょう。
#webdexpress #facebook

ワオ!と言っているユーザー

SSL認証とは?

スレッド
SSL認証とは?
SSL とは、 ブラウザとサーバ間を暗号化するという意味の S ecure S ockets L ayer の頭文字をとった略称で、 データを暗号化し、セキュリティを高めてインターネット上で送受信する通信規約のことです。

SSL認証とは、ドメインの管理者とウェブサイトの運営組織が実在することを第三者機関が証明するものです。また、通信を暗号化することで 個人情報やクレジットカード番号などの盗聴や改ざんを防ぎ、ショッピングサイトやお問い合わせフォームの送信時など大切な情報を守るために使われます。

本年2月に Google が、 7月リリース予定の Chrome より、SSL認証のないウェブサイトには <安全ではないサイト> という警告を出すと発表しました。今後は他のブラウザーも同様のサインを掲載すると思われます。またSSL認証をつけることで、そのウェブサイトのSEO効果も上がります。

認証レベルは下記の3つに分けられます。

1. ドメイン認証:ドメイン名の所有権のみを確認します
2. 企業認証:ドメインの所有権に加え、申請した組織の実在性を確認します
3. EV認証:登記簿謄本や第三者機関のデータベース等により法的・物理的に組織の実在性を確認することで、高い信頼性を実現します

あなたのウェブサイトは安全ですか?
#ssl

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ