記事検索

Forest Aesthetics 森林美学 貝殻

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




貝殻とは海辺に行かねば拾えないものと思っていたが
森の底にも転がっているものなのだとはじめて知った

かたつむり,とはまたちがったものである

鈍い銀色の光をおもおもしく放った
その森の巻貝の殻は
もともとそういう色であったのか
それとも長いあいだに擦り切れて
そういう味を出すようになったのか

いずれにせよこの森の貝殻が
森の底にひっそり融けてゆくのには
あとどのくらいの歳月が必要なのであろうかと

そんなせんないことを
ただつらつらと考えている









ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 蝦蟇蛙

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




霧の森の底に坐っていると
いろいろなものに出逢える

実に立派な面がまえをした
蝦蟇蛙がのっそり登場した

蝦蟇と書いて がま と読むという
蟇蛙と書いて ひきがえる と読む

どちらにもある この 蟇 という字面が
この妙に存在感ある生きものを表している

おぬし このような場所でいったいなにをしておる
あらわれた主がそう問うてきたような気がしたので

いやとくになにをしているというわけでもないのだ
そう答えつつ がまがえる と ひきがえる では

いったいどちらの呼び名のほうがよいであろうかと
そんなどうでもよいことをただつらつら考えている







ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 尺取虫

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



霧の森の底に坐っていたら
目の前の濡れた木の葉の裏
尺取虫がのそのそしていた








ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 霧の森

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



霧の満ちる森は
どうしてこのように妖しく,そして麗しいのだろう
なんということのない木のシルエットさえもなまめかしい
身も心もしっとりと潤おいを帯びていく
ふっと霧が晴れれば
またいつもの森に戻ってしまう
森にもいろいろな表情がある
人の心のように



ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 落羽

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai





苔むした倒木の上に落ちていた
鳥の羽
かけすの羽だろう 青が見事だ

鳥が落としたものなのか
敵にむしられたものなのか

森のおそなえ といったような
こういう綺麗な羽を 偶然に拾うと
なにかよいことがあるような気がする

勝手なものだ
羽を落とした側は
運だとか,あるいは命を落としている

そういうものなのかもしれない










ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 森の薊

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai


光のあふれる草原に咲いた薊(あざみ)ときたら
けばけばした感じがして,てんで興味がもてない
ところが暗い森の底に咲く薊には妙に心ひかれる










ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 森の花

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai


花が好きだというひとが
森の花は好きになれないというので
それはどうしてなのかと問えば
そんなことはよくわからないという

あらきれいねこれなんの花
花が好きだというひとがそう問うてくれたので
これはきっとガマズミの花 そうこたえれば
名のひびきがあんまり美しくないわねという

ひとつひとつの小さな可愛らしい花が集まって
いっこのこぢんまりとした花玉をつくっている
そえられた葉も森の木洩陽を照らし光っている

それでも花が好きだというひとは
この森のきわにひっそり咲いた花に
あらきれいねという以上の思いを寄せない
目のひかりが,なぜかしだいにくもってくる

名のひびきが気に入らないのか
それとも言葉にあらわせない
もっとべつのなにかがひっかかっているのか

あなたはこの花が好きなの
そう尋ねてくれさえすれば
わたしはもっともっとこの花の魅力を
じょうずに伝えられるだろうと思うのだが
花が好きだというひとは
名以上のことをわたしに問うてはくれない





ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 藪

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai


なにかがひそんでいそうな藪がある
いかにもなにかがひそんでいそうだ

けれどなにがひそんでいるのかはわからない
正体はわからない
ただ気配だけが漂ってくる
目には見えないあやしさである

真昼間の森のきわで
なんということもないのに
不意に背筋がざわざわすることがある

緑陰の藪にひそんだ
なにかの気配にうっすらおびえているのだ

いや,もしかしたらそうではないのかもしれない
草藪そのものの存在感におびえているのかもしれない












ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 蝶のまぐわい

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の緑陰で白い蝶が交尾していた
ひっそりとした息づかいが聞こえてきそうな雰囲気だった

虫けら,という表現がある
蟲のいのちもヒトのいのちも同じように尊い
そんなふうには,私は思わない

虫けら,といいたくなるような存在はいくらでもある
生命の価値は等価である
そんなものの見方は
きわめて宗教的なものだろうと思う

されどこういう光景を目にすると
そっといつまでも眺めていたいと
透明な大きな幻の掌でふんわりと包み込んでみたいと
そんなことを思う

そういう感情を,嘘くさいとは思わない



ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 漆の褥

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



群生するツタウルシが
ほのかな木洩陽に
ふんわり浮かび上がっていた

植物のことなど何も知らなかったころ
森の中で突如猛烈な便意に苛まれ
なにも考えぬまましゃがみこみ
尻をまくったことを思い出した

そこは漆の褥だったのだ
街へ戻ってからまもなく臀部は腫れあがった
なにか妙な病気にでも罹患したのかと杞憂した

そうやって漆という草の存在を刻み込んだ
いまもってこういう光景を目にすると
かすかな警戒のシグナルが鳴るのである






ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 眠る蛙

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



葉の上で蛙が寝ていた

この一体感がいいのだ

融和という言葉を想う





ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 御幣

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai





スゲと呼ばれる
いたって地味な
植物の花が咲く

わるいが特に興味はない
在っても目が向くこともない
ふだんはたいてい無視している

それが妙に気になるときがある
そういうときには素直に写真を撮るのである

イナウというアイヌの祭具がある
神霊の依り代のようなものとされている

このだらんとした垂れ下がり方に
なにか通ずるものを感じるのかもしれない










ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 魅かれる場所

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




名も知らぬ低木のうっそり繁茂する森の底
理由は知れぬが,妙に魅かれる場所がある

それは言葉にならない感覚的なものである
わたしにとって写真を撮る,という行為は
そういう魅惑の場所の表現欲求でもあって
そこに「なにか」がうまく映ってくれると
とても嬉しい 実に面白い 無類に楽しい









ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 花が落ちる

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




花が落ちる
役目を終えて
ぽつりぽつりと
花が落ちる

樹上から林床までの
その瞬時の滞空時間

落とされた首のような白い花のひとつひとつ
どことなくうつろな表情のように思えてくる






ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 透過光

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




ホオノキは森の天井でも
ひときわ大きな葉を誇る

春,次々と展葉していく新緑を尻目に
最後の最後に開いて森の天窓をふさぐ

葉の面積が広いぶん
開くには時間がかかる

ならば最初に展開すればよさそうなものだが
最後の最後に開くというのは
森の底に,少しでも長く
明るい光を届けようということなのか

それとも,単純に大きな葉が開くまでには
それなりの準備期間がかかるということか

いずれにせよ,ホオノキの展葉を境に森は暗くなる

されどただ暗いというのではない
葉が厚みを持つようになるまでは
葉を透かす ほんのりとした光で
森の底をやさしげに照らしている

森林の生態学はメルヘンではない
ヒトがおめでたく「助け合っている」などと
感心することの,そのほとんどが
それぞれの生物種の利己的な欲求の相互作用の結果であろう

そんなことをいちいち確かめる必要もないし
あばきたて,訳知り顔で
なにがしかさかしらなことを語るのもつまらないことだが
それでもやはり
葉を透かして届けられる光のもとにたたずむと
森林美学,という言葉があらためて湧き上がる









ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 果実の塔

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




ホオノキの花が終わり
果実の塔が立っている

森を芳香でつつんだ季節がゆく
名残惜しそうなカメムシが一頭
落下寸前の花被片で佇んでいる







ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 疲弊した蛾

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




この蛾はつかれている
そう想った

まだ森の木々の緑が展葉してまもない
精気にあふれた時季だというのに

この蛾は,もはやすでにつかれきっている

魔女の手は
こういうときに
そっとしのびよってくるのかもしれない







ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 魔女

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底にじっと坐っていたら
奇妙なものが目に入ってきた

杖を突いた魔女のミイラだ

蛾宿長実粒茸
ガヤドリナガミツブタケという冬虫夏草らしい

見れば見るほど
逆に呪いをかけられ,封じ込められた
おそろしい魔女の物語が躍り出てくる

実に面白い





ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 白骨

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




森の底の樹木の根が白骨のように見えた
どきりとした
死ねばみな骨となる 白い骨となる
ひとも けものも 骨格のあるものみな






ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 泳ぐシダ

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




暗い森の底をシダが翔ぶように泳いでいる
海中をゆらゆら遊泳するエイの姿を想った








ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 シダの森

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




シダに埋もれた森の底を徘徊したのち
眼下に眺めをとれる位置へ身を上げる

林床がシダに覆われた森の雰囲気は素敵だ
午後の斜光が木洩陽となって明暗をつくる

シダの森は美しい
ひっそりとした美しさだ

風の流れがとまり
不意にすべての音がとまる
鳥や蟲たちやけものたちも気配を消している

ウエットで静かな森に浸っていると
やがて目に見えないものが
だんだん見えてくるような気がしてくる

決して見えることはないのだけれど
そういう,妙な心もちになってくる











ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 地質学的紋様

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




そもそも,地質学というものに興味あったがゆえに
この崖の紋様の秘密を知りたいと思ったのではなく
岩の描く不思議な芸術の雰囲気にひかれたからこそ
その地質学的な意味を知りたい,と思ったのである
学問の端緒とはきっと自然の中にこそ在るのだろう










ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 ぷるるん

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai

わたしは聖なる水の原点をさぐろうと
小さな苔の森に踏み込んでいったのだ

ぷるるん

かすかな音が聴こえたような気がした

小さな森のふるえのうちに
大きな森が映り込んでいた

雨の日のコツボゴケは
天のしずくと融和して
水の果実となる

ゼリーのような弾力で
ぷるるん,とふるえる










ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 聖水の紋様

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




聖なる水をふとのぞきこんだとき気づいたのである
これは呑むためのものだけではない
観賞するためのものでもあるのだと
すべてをつなぐもの
その象徴なのだということを





ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 聖なる水

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



精霊の森からこんこんと湧き出す水が集まり
やがて小さな池を作り,川となって流れ出す

それは聖(ひじり)の水である
この透明感が万物の原初である

拝むようにして両手ですくい,喉を潤すとき
わたしの心に森羅万象を崇める仏が生まれる




ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 精霊の森

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




この森からわたしたちはいろんな恩恵をさずかっている
もちろん森そのものは決して人のためにあるのではない

だから怖ろしいものもあれば,あやういものもある
と同時に水や食糧,美しいもの,荘厳なものもある

それらをあたりまえのこととして
ただ漫然とたたずむ者の前に精霊は姿を見せない
というより,そういう者の目には絶対に映らない

聖なるものを自身のまなざしのもとに顕現させる
そのためにはそれを視ようとする心が必要である

「神様は信じるものの前だけに現れる」
信仰者たちのこういういいぐさが昔から気に入らなくて
へえ,そうですか,それならば見えなくたって結構です
ぎらぎらした目をしていったいなにをいっていやがると
ずっとそんなふうに思ってきたし,
ある種のものにはいまもそう思っている

だがしかし,この森の前に立ったとき
ここには確かに何かがいるのであると
わたしの心の奥底が,ぶるぶるぶると
小さな痙攣をおこしたのだ

見よう見ようと,来るか来るかと
そんなふうに待ち構えているときではなく
ふっと空白の時間にわれ知らず落ちたとき
精霊の森は,ゆらゆらと立ち上がってくる




ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 鴨の巣

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の沼めぐり
水面から突き出した切株の上で
鴨が卵をじっとあたためていた

濃い青い霧のなかで微動だにせず
置物のようにただじっとしている

孤島に鳥が座っているとわかったとき
思わず息を呑み,手を口にあてていた




ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 巨樹を見上げる

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



海霧が森に満ちた日の朝
苔むした巨木を見上げた

樹の根元ににじりより
小さなカメラを掲げる

こわい

ああ,この樹には確かに精霊が宿っている
それがわたしを妙に厳粛な気持ちにさせる

ひとは,時にはたったひとりきりで
こうして巨樹を見上げてみるといい

眼には見えない聖なるものへの畏敬
そんなものを体感してみるのもいい





ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 オナガバチの産卵

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



ふと目を上げると
オナガバチというやつの姿が目に入ってきた
なんという美しいフォルムだろう
大きな朽木の上でアクロバットな格好をして
尾長蜂の名にたがわぬ長い産卵管を自在に曲げては
いくどとなく樹肌に差し込み,産卵している

昆虫にはさほどの関心はもたないのだけれど
じっと見つめていると
その所作がだんだん崇高な行為に思えてくる






ワオ!と言っているユーザー

Forest Aesthetics 森林美学 ピエロ

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底に坐っていたら
鼻の黄色いピエロにおどかされた
そういったら,あなたはなんと思うだろうか

林檎毒蛾―リンゴドクガの幼虫

いつみてもためいきの零れるデザインだ
しかも個体により,それぞれ微妙に配色や濃淡が異なるのだ

わたしはまだ,この個体を越える「作品」には出逢っていない

森の底に坐っていたら
鼻と手足の黄色い小さなピエロにおどかされちゃった
そういったら,あなたはなんと思うだろうか





ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ