記事検索

フリースペース

ゆるバラ整体 ホームページ
https://kaon-1.jimdosite.com/
新宿駅から徒歩10分ぐらい 大久保病院近く

● 遠隔地でお越しになられない方へ ●
Skype (Meet Now) や Zoom などのビデオ通話で、
・ビデオ通話カウンセリング
・チャットカウンセリング ( 電話が苦手な方 )
もしていますのでセッション可能です (^^♪

『 ゆるぅく健康美 』については、
・「安全」もしくは「自然」
・「簡単」もしくは「ラク」
・「安い」もしくは「リーズナブル」
という視点でつぶやいています。

ブログスレッド

  • 聴く本は目に優しい! ~ 耳で読む本 ~

聴く本は目に優しい! ~ 耳で読む本 ~

0 tweet
スレッド
「こどものための聴く本」のシリ... 「こどものための聴く本」のシリーズ。
聴く本 → 耳で読む本。
CDやMP3でダウンロードをして視聴可能。
手塚治虫のメッセージ【「未来」... 手塚治虫のメッセージ【「未来」昔、21世紀は憧れの未来だった】
https://tezukaosamu.net/jp/message/future.html

手塚治虫は、1928年11月3日に生まれ、1989年2月9日に60年の人生を終えた。
国内初の長編TVアニメ「鉄腕アトム」や、長編TVカラーアニメ「ジャングル大帝」、2時間TVアニメ「バンダーブック」など、数々の作品を残した。
子どものころ、手塚治虫さんのアニメとかを見て、「21世紀には空飛ぶ車がある!」と信じていたけれど、21世紀になって20年が過ぎても、空飛ぶ車がある未来にはなっていないね。

空飛ぶ車はないけれど、私が子どものころにあったらいいな~と思っていた物が、今の未来に存在している。

それは、「聴く本」。
耳で読む本!

それも色々な種類がリリースされているの(^^)/

子どものころから読書は好きだったから、ハマった本があると、食事をしている時や、歩いている時とかにも、「本が読めればいいのに!」と思っていたの。
当時、ウォークマン [ 注1 ] もない時代だから、その願いは叶うはずもなし。
ウォークマンが世の中にでてきても、聴く本は存在しなかったんだよね。

社会人になって、片道1時間の車通勤をしていたころにも、「車の中で本を耳で聴いて読めたらいいのに」と思っていたんだ。
そのころには、耳で聴ける本はすでに存在していたけれど、当時は種類も数も少なかったの。

それが、今、たくさんの種類の聴く本がある!
21世紀、バンザイだね(^^)/

聴く本、ご高齢者とか、現代人のスマホとかPCで目が疲れている方たちが、本を耳で読むということは、目に優しい新たな読書方法の1つになるよね(^_-)-☆


[ 注1 ] ウォークマンとは?
「ブリタニカ国際大百科事典 」から引用
小型の再生専用音楽プレーヤに小型のヘッドホンをつけ,携帯を可能にしたステレオ音響機器の商標。
1979年ソニーが発売,若者の絶大な支持を集め,音楽を聴きながら町を歩くことが社会現象となり,やがて日常的な行為となった。
家電各社が同様の商品を発売,「ウォークマン」はヘッドホンステレオ機器の代名詞的存在となった。


ブログ
『暗闇の中を歩くということ ~ 視覚障害体験 ダイアログ・イン・ザ・ダーク ~』
https://jp.bloguru.com/kaon/394789/2021-04-15
#ブログ #本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ