記事検索

フリースペース

岩出菌学研究所とヒメマツタケ

スレッド
岩出菌学研究所とヒメマツタケ
「ヒメマツタケ」は、1975年(昭和50年)岩出菌学研究所で世界で初めて人工栽培に成功したきのこです。

岩出亥之助(農学博士)は、1982年(昭和57年)の日本菌学会の会誌『日菌報』において、
「ヒメマツタケについて」、次のように発表をおこないました。

「ヒメマツタケについて」岩出亥之助
このキノコは1965年夏ブラジル・サンパウロ、ピエダーデの山中に住む日系農家の付近に天然に発生しているのを私の旧友で在ブラジルの古本隆寿氏が発見した。
食用として美味であるとのことで、種菌を作って私の許に送ってくれた。
そこで私は数年がかりで日本の風土に適応した栽培法を完成した。
発生したキノコはハラタケ属のものであったが、学名は知られていなかったので本属の分類学者ベルギーのハイネマン博士に本郷博士を通じて鑑定を願うことになり試料を二回送った。最近ようやく(Agaricus blazei Murrill)と判明した。
このキノコは同属のキノコに比べ形態的にも柄は太くて長く、胞子の黒変が遅い。
また香気が強く、柄の肉は美味で甘いことが特徴として挙げられる。
和名は分類学的にみてカワリハラタケと命名したが、実用的にはこのキノコの特徴を表現したヒメマツタケと名付けたほうが適当と考えこの名を採用することにした。(以下略)
『日菌報』(23巻544-545頁 1982年)

その後、日本菌学会でも認められ、1987年(昭和62年)には『原色日本新菌類図鑑(1)』(今関六也、本郷次雄編著、保育社 150-151頁)に「263:ヒメマツタケ(一名カワリハラタケ) 学名:Agaricus blazei Murrill(アガリクス ブラゼイ ムリル)」として収載されました。

人工栽培成功から46年、岩出菌学研究所では姫マツタケ(岩出101株)の栽培を続けています。
また薬用きのことして、研究発表もおこなっています。
*姫マツタケの薬効・食効について
https://www.iwade101.com/hime_matsutake_cancer.html

三重県津市末広町1-9
株式会社 岩出菌学研究所
059-228-5786

ワオ!と言っているユーザー

POPなきのこ展

スレッド
POPなきのこ展 POPなきのこ展
大阪の植物園「咲くやこの花館」にて、『POPなきのこ展』開催中です。
1月23日(日)までの開催期間です。

体感「きのこ」展!
見る・食べる・遊ぶ・学ぶ・香る・聞く・買う、のもりだくさん!
https://www.sakuyakonohana.jp/event/13336/

岩出菌学研究所の展示コーナーもございます。
光るきのこヤコウタケは、発光が確認できた時ご覧いただけます☆

ワオ!と言っているユーザー

原木栽培用きのこ種菌販売

スレッド
原木栽培用きのこ種菌販売 原木栽培用きのこ種菌販売 原木栽培用きのこ種菌販売
今年も12月1日より、原木栽培用のきのこ種菌の販売をおこなっています。

椎茸・・岩出50号(大葉肉厚)/ 岩出51号(大葉中肉)種駒 各400個入り/1袋
なめこ・・種駒400個入り/1袋 
ヒラタケ・・塗るタイプになります(1000cc入り)

各1,100円(税込)です。販社の㈱シエンにて3月末頃までの販売となります。

栽培指導もおこなっていますので、初めてきのこ栽培をお考えの方もどうぞお気軽にお問合せください。

なお例年2月開催の「親子きのこ教室」は今年度も中止とさせていただいております。
ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

岩出菌学研究所
三重県津市末広町1-9
TEL:059-228-5786
http://www.iwade101.com/

ワオ!と言っているユーザー

謹賀新年

スレッド
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ワオ!と言っているユーザー

第50回日本免疫学会学術集会

スレッド
第50回日本免疫学会学術集会
2021年12月8日~12月10日

「第50回 日本免疫学会学術集会(2021年)」が奈良にて開催されました。
https://www2.aeplan.co.jp/jsi2021/outline.html

岩出菌学研究所は三重大学免疫学の研究室とおこなっているヒメマツタケについての最新の研究内容をオンラインにて発表しました。

「Subcritical water extracts from Agaricus blazei Murrill's mycelia and fruiting bodies Inhibit the expression
of immune checkpoint molecules and Axl receptor」
小堀 一、戸田 雅昭、ダレッサンドロガバザ コリナ、ガバザ エステバン

今回、ヒメマツタケ子実体と菌糸体の亜臨界水抽出物および熱水抽出物が、
「免疫チェックポイント阻害活性」と「樹状細胞活性化作用」を示したことについて発表をおこないました。

ワオ!と言っているユーザー

乾燥姫マツタケ

スレッド
乾燥姫マツタケ
乾燥姫マツタケ
『姫マツタケ』(学名アガリクス ブラゼイ ムリル)は1975年(昭和50年)岩出菌学研究所で世界で初めて人工栽培に成功したきのこです。
誕生から今年で46年、「薬効きのこ」として、これまで多くのかたのお体の回復に力となってきました。
数多くの成分をバランスよく含み、免疫力をはじめ、様々な体のバランス調整の手助けをするきのこです。

現在は姫マツタケの抽出液を製品化していますが、当初は乾燥させた姫マツタケをお鍋で煎じて飲んでいただいていました。
この煎じる方法、とても手間と時間のかかる方法です。
ご家族が「病気から良くなってもらいたい」と一心の思いで煎じられ、飲用いただいていました。

煎じてみえたご家族のように「元気になってもらいたい」と気持ちをこめ、栽培から製品づくりに取りくみ
姫マツタケ製品をお届けしています。

ワオ!と言っているユーザー

アガリクス ブラゼイ ムリル

スレッド
アガリクス ブラゼイ ムリル
「アガリクス ブラゼイ ムリル」
和名 『姫マツタケ』

‘アガリクス’という名前でご存知の方も多いと思いますが、
‘アガリクス’は実はキノコの分類の属名で、‘アガリクス’=‘ハラタケ属’をさします。

「姫マツタケ」の学名は Agaricus blazei Murrill(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)
アガリクス(ハラタケ属)の中でもたくさんの種類のキノコがあり、みなさんご存知のマッシュルームも同じハラタケ属の仲間になります。
マッシュルームの学名は Agaricus bisporus 和名は‘ツクリタケ’です。

「姫マツタケ」は、岩出亥之助(農学博士)が和名を命名しました。
ネーミングには、ある云われがあります。
10年の歳月をかけて人工栽培に成功したキノコ。研究所近くに住んでいた女の子がこのキノコを見て「まあかわいいお姫さまみたい!」と叫んだのがきっかけで、岩出博士は「姫マツタケ」と名付けたと言われています。
失敗を繰り返しながらもあきらめず、長い歳月をかけてようやく栽培に成功した岩出博士にとって、少女の嬉しい一声が大きく胸に響いたのだろうと思います。

当初からの固定の菌株「岩出101株」を用いて現在も姫マツタケの栽培を続けています。

ワオ!と言っているユーザー

姫マツタケ(岩出101株)

スレッド
姫マツタケ(岩出101株)
1975年(昭和50年)岩出菌学研究所にて人工栽培に成功したキノコ ‘姫マツタケ’
学名:Agaricus blazei Murrill (アガリクス ブラゼイ ムリル)

三重大学薬理学の研究においてキノコ類の中でも秀でた免疫活性のあることが解明され、『免疫賦活(ふかつ)食品』としてこれまで歩んできました。
キノコ類は古来より、生薬として用いられてきた歴史があります。
中国最古の神仙術の教科書ともいうべき「抱朴子」には、不老長寿の仙薬としてサルノコシカケ科のキノコが登場しているそうです。
医食同源の考えのもと、大自然の恵みに人を癒す力があることを知る先人たちの知恵によってキノコは利用されてきました。
昭和50年誕生の「姫マツタケ」’薬食きのこ’として、先人たちの長い歴史を受け継いでいます。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ