記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

定期検査中の高浜原発3号機の蒸気配管に傷

スレッド
関西電力は18日、定期検査中の高浜原発3号機の蒸気発生器に傷があったと発表した。
関西電力:高浜発電所3号機の定期検査状況について(蒸気発生器伝熱管の損傷)

蒸気発生器は原子炉格納容器内にあり、
原子炉本体から来る高温・高放射能の液体の熱を、水に伝える役割を持つ。
熱を伝えやすくするため、細配管が9,782本も張り巡らされている。
その中の2本の配管の外面に傷が発見されたという。

蒸気配管の傷は、高浜4号機でも昨年の定期検査中にも見つかっている。
構造的な欠陥が無いか、再検証する必要があるだろう。

原発は巨大構造物だが、その内部は多くの微細配管で出来上がっている。
定期検査毎に全てをチェックする事は困難である。
老朽原発は、事故の危険度が急速に高まっていくのである。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ