記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

東電は放射能汚染水の汚染濃度に関心が無いのか

スレッド
福島第一原発敷地内の放射能汚染... 福島第一原発敷地内の放射能汚染タンク群(東電資料を加工)
10月1日に経産省で行われた、福島事故の汚染水取扱いに関する小委員会で、
東電は、福島第一原発に大量に保管される汚染水用タンク内の放射能値が、
基準を大きく超えている事を公表した。
経済産業省 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第10回)資料
委員会資料 東電提出ーALPS処理水 データ集(タンク群毎)

資料内の枠内が赤に塗られているのが、基準値越えの値である。
強い放射能を放出するストロンチウム(Sr-90)については、
原発敷地内で最もタンク容量の大きいJエリアから検出されている。
特にJ1エリアのタンクは、基準の2万倍越えとなる部分があった。

報道各社は、汚染水に基準値を大きく超える放射能があっても、
海洋放出の検討をしていたのかと、強く批判する記事を出している。
だが、これに対する東電の反応は薄い。
東電の発表するプレスリリースも、この問題を取り上げていない。

政府や東電は、こんな汚染水でも、
薄めればを海洋放出できると簡単に思っていたのか。
あまりにも安易過ぎる考えだと言わざると得ない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ