記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

九州電力子会社が秋田県沖で大型洋上風力発電を計画

スレッド
九州電力子会社の九電みらいエナジー社が28日に、
秋田県沖での洋上風力発電事業化に向け、本格的に検討を始めたと発表した。
九電みらいエナジー:秋田県由利本荘市沖洋上風力発電の事業化に向けた本格検討の実施について

同社と、ドイツ電力大手子会社のRWEリニューアル社が共同で取り組む。
計画している風力発電能力は70万kWクラスで、国内有数の規模となる。

九州電力は再エネ導入量を、2018年度の約200万kWから2030年には500万kWにする計画を持つ。
その計画の一翼を担うのが、100%子会社の九電みらいエナジー社だ。
現状の倍以上というの再エネ導入計画を達成すべく、同社は動き始めている。

九州電力は今まで原発の話題が多かったが、
今後は多くの再エネの話題も提供してくれそうである。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ