記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

いつかエネルギーの純輸出国となる日

スレッド
シェールオイルやシェールガスというエネルギー革命を起こした米国。
その米国が2020年に、エネルギー輸出入で輸出が上回る見通しとなった。
実現すれば1953年以降、67年ぶりのエネルギー純輸出国になるという。

中東の石油依存を脱したい米国の悲願が達せられる。
シェールガス革命が本格化した2008年頃から、僅か十数年で。

だが、その活況は何十年とは続かない。
有限な地下資源は、いつか無くなる。
温暖化防止の点からも、化石燃料の使用には規制がかかって行くだろう。

今、これとは対極のエネルギー革命の種が芽吹き始めている。
再エネと、そのエネルギーを蓄える技術である。
今までは石油埋蔵量の豊富な国がエネルギー大国と言われていた。
だがその認識は、今世紀後半にも覆る事になる。

日本がいつかエネルギーの純輸出国となる日が来るのも、夢ではない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。