記事検索
ハッシュタグ「#ブログ」の検索結果294件

おもしろっく

スレッド
おもしろっく おもしろっく


2016.01.19 おもしろっく

多度山に登った帰りに、桑名にオープンしたクライミングジムのおもしろっくに寄った。
最近は、クライミングジムが雨後のタケノコのように乱立している。

ヨシエさんが、この前から行こう行こうと言っていた。
場所は、我家が四日市市の北のはずれで、ジムは川越町を過ぎて桑名市に入ったすぐのところにあるので、非常に近い。
この日は、多度から桑名に入って名泗国道へ少し走って、おもしろっくに行った。

想像どおり貸倉庫の建物の中に合板で3面のボルダー壁が作ってあった。
リード壁もあるが、高さは無い。

色別に難易度が分けられていて、ヨシエさんは、簡単な赤色から順にボルダーを楽しんでいた。
わたしは、疲れていたので、見学だった。
一部ルーフもあるので、ここで腕を磨くのも良いんじゃないか。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

瀬音の森

スレッド
瀬音の森 瀬音の森 瀬音の森



2016.01.19 多度山

ヨシエさんとハイキングに行った。
彼女は、御在所とかなんとか言っていたが、彼女の場合、とかくなんでも欲張ってあれもこれもと言い出すだけで付き合いきれない。

八ヶ岳の疲れを癒す意味からも、ここは気楽なハイキングが良い。
そこで、多度山にした。
今回は、健脚コースで山頂に至り、下りは瀬音の森コースにした。

瀬音の森コースは、だらだらとやたらと長いコースで、多度大社までは7.5㎞は十分にある。
しかし、頂上尾根の展望、樹林帯の小道、多度峡の渓流と変化に富む登山道である。

朝、9時半過ぎに多度大社の駐車場に着く。
平日は無料である。
ここから愛宕神社まで車道を歩き、健脚コースの取り付きに至る。

ここから頂上まで1.7㎞、400mの登りである。
20分ほど登るとゆるやかな尾根道になる。
頂上の乱立するアンテナ塔から車道を下り、山上公園手前を左に入ると瀬音の森コースとなる。

ところどころに雪がうっすら残り、凍っているところもある林道を歩く。
しばらく登りが続き、員弁への分岐を過ぎて海の見える展望所に着く。
風が強いが天気は良い。
木曽三川と伊勢湾、四日市から名古屋に続く濃尾平野を一望しながらテルモスのコーヒーを飲む。

そこからだらだらの林道が多度峡まで続く。
林道といっても車が通行できるようなものではない。
やがて多度峡沿いの道となり、天然プールから多度大社に帰ってきた。
気楽なハイキングだったが、歩いた距離は、iPhoneアプリの万歩計で12㎞だった。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

南沢小滝

スレッド
南沢小滝 南沢小滝 南沢小滝



2016.01.17 南沢小滝

美濃戸から行者小屋に行く南沢と赤岳鉱泉に行く北沢に分岐する。
南沢小滝と大滝は、八ヶ岳のアイスクライミングの代表的ゲレンデである。
その小滝へ南沢の登山道を歩く。
部分的に凍ったところはあるが雪はまったくない。
夏道と言っていい。
結局、登山道から大滝、小滝への分岐少し手前まで雪無し冬山歩きという不思議な山登りになった。

さすがに大滝、小滝に至り雪と氷の回廊になってきた。
やはり、冬山はこうで無くては気分が乗らない。
しかし、寒い。
ここに大きな氷の滝の壁ができるのは北面の日の当たらないところ故であるから寒いのも当然である。
朝の気温は、美濃戸でマイナス10度、ここは美濃戸よりも高度は数段上なので昼になってもほとんどマイナス10度じゃないかな。

久しぶりの小滝は、雪が少ない分、むき出しの氷の殿堂と氷の壁が印象として立派に見えた。
大滝も見物に行ったが、昔、登ったときよりも俄然そそり立ち、全面結氷だった。
実は、アイスクライミング愛好家というかガイドの方々がそういう風になるように水の流れに手を加えているそうで、なんだか自然氷壁の人工壁みたいとも言えるような感じである。

小滝には、さすが人気のエリアで沢山のクライマーが集まりつつあった。
わたしたちは、先行クライマーに挨拶してから右岸の斜面を登り、根っ子を掴んでトラバースして滝上部に抜けて、トップロープを設置した。
滝の上部は、雪が少ない分、むき出しの氷のスラブの回廊になっていて、本当なら初心者講習に良い。
コイデさんも同意見だったが、ここに全員あげてどうのこうのとはならない。
滝上部の右岸立木に残置スリングがあり、ここにアンカーを作った。
上の木から補助ロープでバックアップを取った。
わたしが懸垂下降で降りて、途中、滝の落ち口で振られどめのスクリュウを設置した。
ちょうど、凍った滝の左にトップロープを張れた。
さらに一番左の独立した細い氷柱にもトップロープを張った。

みなさん、本格的氷壁登攀に何度もトライして充実したアイスクライミング山行となった。
わたしは、風邪が治らない体に寒さが身に染みて、ホットコーヒーを飲みながら震えていた。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

美濃戸口の氷壁

スレッド
美濃戸口の氷壁 美濃戸口の氷壁 美濃戸口の氷壁 美濃戸口の氷壁


2016.01.16 美濃戸口の氷壁

1/18に関東では雪が降って大騒ぎの様子だが、1/16-17の八ヶ岳はまったく雪が無かった。
その八ヶ岳も、この大雪で本当の冬山になりつつある。

1/16-17、野歩路会のコイデさん例会のアイスクライミングに参加した。
初日は美濃戸口の河原奥の氷柱を登る、という予定だったが、林道にも山にもまったく雪は無く、まるで夏道登山道であった。
昨年の12月にも訪れたが、その時よりもさらに冬山らしくない。

美濃戸口から少し歩いて橋を渡ったところから川を渡渉してすぐに、本来なら氷のスラブ壁とそれに続く氷の壁がある。
雪は無いが部分凍った川の渡渉は結構ハードだった。
先にコイデ隊長と大島さんが渡渉していったが、残りは、たぶん氷壁は無いだろうとか言って、様子見することにした。

いつまで経ってもコイデ隊長が帰ってこないので全員が川を渡ることにした。
凍った岩と河原はツルツルに滑るし、わたしは楽勝だったが、その後何人かサポートして無事全員渡りきった。

例年なら下部まで氷と雪でつながっているスラブ壁は無く、むき出しの地面があり、上部垂壁に氷の壁があった。
コイデ隊長は、果敢にトップロープセットのためにこの氷壁にトライしていた。
最後のバーチカル部分が難しく、サイドの傾斜が落ちるところから上部に抜けた。
上部はアンカーの立木まで氷が無く、バイルが刺さらないのでかえっていやらしい。

その後、トップロープを3本張って、11名の参加のみなさんがアイスクライミングを楽しんだ。
アイスクライミングは初めてという方もいて、例年に比べてしょぼい氷だったが、とにかく氷を登れて良かった。
雪は無いが気温はそこそこ低いので氷の発達は遅いが、しかし雪に埋もれてない故の高度感もあって良かったんじゃないかと思う。

美濃戸の赤岳山荘まで歩き、その日はそこに泊まる。
夕食に馬刺が出て、また小屋から一升瓶の差入れもあって、楽しい宴会だった。
わたしは、風邪が治りきらず体調がイマイチで辛かったが、久しぶりの山が嬉しかった。
しかし、翌日の朝は風邪気味で起きるのが辛かった。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

風邪

スレッド
風邪 風邪


2016.01.10 霞ヶ浦緑地


ひどい正月だった。
大晦日あたりから佳枝さんが風邪気味で、咳がひどくなってきた。
いずれわたしも感染するとか言っていたら、案の定、明けて4日あたりから体がだるくなり、咳とくしゃみが出だした。
熱は微熱程度なのでインフルエンザではないと思うが、いつまでもすっきりしない日が続いた。
とにかく、保温と安静が大事なので、二人とも家に閉じこもって寝ていた。

8日に、福井で法事があるので、それまでには風邪を治したかった。
無事、法事は済んだが、いまいち、治ってない。

1/10、病後のリハビリということで、霞ヶ浦緑地に散歩に出かけた。
連休ということで、たくさんの家族連れで賑わっていた。
ここを2周歩き、途中のキッズのクライミングボードでトラバースなどして、久しぶりの野外活動だった。

その夜、やはりまだ調子が良くないのだろうか、わたしは夕飯を嘔吐してしまった。
佳枝さんも咳が治らないし、困ったものだ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

大晦日

スレッド
大晦日


2015.12.31 KIDS

今年もあとわずか。
大晦日にのんびりと家で過ごしたのは38年ぶりのことである。
1978年に郵便局に採用されたから36年間は年末年始の業務繁忙、つまり、年賀状の処理のため一切この期間は休みが無かった。
定年後の昨年末は、イタリアにスキーに行っていて、元旦の朝に日本に帰ってきた。
したがって、このようにのんびりした大晦日ほんとに久しぶりのことである。

とは言っても、KIDSたちでにぎやかな年末だった。
大掃除が終わった翌日の12/29に、ササキくんと彼の子供たちふたりがeWallに遊びにきた。
リュウくんとモトくんと、良い子供たちだった。
二人ともガンバでした。
12/30には、娘らが来て、ヒヨとトワの孫たちと楽しく過ごした。
二日早いお年玉に喜んでいた。
そして、今日、息子と孫のルクとリトが来た。
ルクは、中学一年生。クリスマスプレゼントに、スターウォーズのエックスウィングのプラモデルをあげて、喜んでいた。
リトはまだ4歳だが、愛嬌のあるハキハキした娘で、元気すぎて、ヨシエさんに言わせると、将来大物になるそうだ。
ルクをeWallでしごいてやった。
二人とも一日早いお年玉に喜んでいた。
リトは、お金いっぱいあると言って、可愛い子だ。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

藤原岳

スレッド
藤原岳 藤原岳 藤原岳



2015.12.20 藤原岳

今年もあと二日。
この前、12/20、藤原岳に登りに行った。
朝、大貝戸の登山口の駐車場はたくさんの登山者で混雑していた。
植林の九十九折の登山道を登る。
やがて、8合目の分岐に着く。
登山道は、やがて薄っすら雪を見せ、霜柱も現れてきた。
最後の登りは、相変わらずの泥濘で往生した。
避難小屋にてヨシエさんとオニギリを食べた。
立派なトイレができていた。
このトイレは、AACの方々がボッカなどボランティアして完成にこぎつけたもので、鈴鹿の山を愛するみなさんの活動に敬意を表したい。
ひさびさの藤原岳は爽快だった。
昔、職場の先輩から、この藤原岳にスキーを担いで登って滑ったと聞いたことがある。
昔の三重県民は藤原岳でスキーをしたのかと小屋から見える斜面のシュプールを想像してしまう。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

エピソード7

スレッド
エピソード7



2015.12.19 スターウォーズ

話題のスターウォーズが公開された。
12/18夜のオープニングの翌日、朝イチの上映に出かけた。
ネットで予約状況を検索して、意外と空席有りということだったので、仮に朝の上映が満席でもそれ以降でも良いという気だった。
結果、席はほぼ埋まっていたが、問題なくチケットが取れた。

エピソード6までは、いつもの20世紀フォックスのオープニングだったが、ディズニーに版権が変わったのでそれは無かった。
しかし、ディズニーのオープニングも無く、いきなりルーカスフィルムのロゴが出て、従来のスターウォーズの出だしであった。

10年ぶりの新作、エピソード7ということで期待も大きいが、まぁ、こんなもんだろうというのが正直な感想である。
エピソード4を、今風の映像テクノロジーで再現したらエピソード7になるということで、可も無く不可も無くという出来ばえだった。
ハリソン・フォードが出てきて嬉しくなったし、過去の作品のオマージュがいたるところにあって、それはそれで良い出来だ。
しかし、ジョージ・ルーカスの手を離れた別物と思わないといけない。
結局、ルーカス監督ならこうしただろうという比較の想像になってしまう。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ドライウォール

スレッド
ドライウォール ドライウォール ドライウォール


2015.12.13 ドライウォール

前日のジョーゴ沢の惨状を見て、どうするか悩むところであった。
裏同心ルンゼも選択肢にあった。
アイスキャンディーの氷は、オープンが延期されたが、ドライウォールは登攀可能であった。
パーティは、アイスクライミングが初めてという方も含めて10名の大所帯で、基本、トップロープでの訓練というのがその目的であるから、数パーティに分けての裏同心ルンゼでの行動も無理があった。
結局、ドライウォールでの練習とアイスキャンディー下部の氷の部分での講習ということになった。
ドライウォールは、合板にホールドをつけて、それをバイルと前爪アイゼンで登攀する。
ドライウォールの前傾壁には、明確な理由がある。
普通、氷の壁には前傾壁は無い。
最高難易度でもバーチカル、垂壁である。
とは言っても、氷柱下部の欠落によるルーフ状の前傾高難易度もあるが。
ドライウォールの前傾壁は、やはりフォールの時の安全性が第一のこととしてある。
前傾壁で落ちた場合、前傾壁故に空中に落ちる。
傾斜が寝ていると、ホールドに体をぶつけて危険なのである。
同時に、前傾壁故の難易度が求められて、バイルと前爪で登る練習には非常に良い。
みなさん、午前中いっぱい、赤岳鉱泉のドライウォールでパンプするまで練習した。
氷が無い冬の八ヶ岳は残念だったが、それなりに楽しめた2日前だった。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

ジョーゴ沢

スレッド
ジョーゴ沢 ジョーゴ沢 ジョーゴ沢



2015.12.12 ジョーゴ沢

コイデ隊長のアイスクライミング初めの八ヶ岳山行に参加した。
昨年も同じ時期に赤岳鉱泉に行って、アイスキャンディーでアイスクライミングを楽しんだ。
しかし、今年は驚くほどの地球温暖化の影響なのか、八ヶ岳は全く雪が無いし氷も融けてしまっていた。

美濃戸口に朝11時に集まって、野歩路会コイデ組は歩き出したが、美濃戸そして堰堤広場までの林道には雪が無い。
今まで八ヶ岳に何度も行ったが、雪の無い八ヶ岳は初めてだった、と言うか、冬にしか行ってないが。
雪の無い八ヶ岳も、森の苔が美しくて良い。

堰堤広場からの登山道は、雪は無いが段々と氷の道になってきた。
雪があればアイゼン無しで歩けるが、雪が無いとスケートリンクの道になってしまって非常に滑る。
ここはおもちゃアイゼンが役に立った。

赤岳鉱泉に着いて、コイデ隊長がジョーゴ沢に偵察に行くと言いだした。
情報では、ジョーゴ沢は前日の異常高温でだめだそうで、アイスキャンディーもオープンが延期になってしまっている。
ジョーゴ沢に入っても雪は無い。
F1に着くと、ガイドグループが登っているが、真ん中に水は流れていて、かろうじて左に氷が着いている程度だった。
本来なら、全面に凍っていてるのだが、見る影も無い。

そんなひどい状態でも、ガイド講習だろうが、細々と登っていた。
そのガイド講習の横で、バイルの打ち込みや前爪の打ち込みなどの練習をしたが、日没も近いので早々に撤退した。
これでは次の日にどうするか迷うところである。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/30 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>