記事検索

烏帽子岳

スレッド
烏帽子岳 烏帽子岳 狗留尊山 狗留尊山 展望岩 展望岩


2020.04.11 狗留尊山〜烏帽子岳

すずなり登山部のイナバさんと烏帽子岳を登る。
イナバさんは、以前より烏帽子岳に登りたいと言っていたのを思い出し、お誘いした。
烏帽子岳の登山ルートはいろいろあるが、この日は古田遊歩道から立田小ルートに取り付く。
わたしも初めての山だったので、遊歩道が終わった辺りで少し道間違いをした。
尾根の取り付までは林道をひたすら歩く。
山桜が綺麗だった。
尾根へ登る道は、無理やり作ったような直線的な急登だった。
尾根道は篠立からの登山道と合流し、やがて人工物が目立ちすぎる狗留尊山に着く。
ピークの印象は無い。
ここからのんびりと烏帽子岳へ歩いていくが、鉄塔保守点検用の道標がやたらと目立っている。
烏帽子岳は、結構な登山者で賑わっていた。
帰りは細野ルートを下る。
かなりの急坂で、ザレた道に足を取られそうになる。
ここも、頂上から途中の炭焼き跡までは後から作られた新道で、無理やり感がある。
特に、鈴鹿の登山道は、昔からの杣人の通った道がベースであり、山の弱点を上手く突いた自然さがある。
鈴鹿に限らず、新しいルートは、目的地点までの直線的強引さが目立つように感じる。
細野ルートは途中で展望岩コースと大岩コースに分かれ、展望岩コースを行くが、下で2つは合流する。
登山口まで下り、車を駐めてある古田遊歩道入り口まで、国道を3キロ歩く。
途中の桜が散る中、文字通りの桜吹雪は見事だった。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ