記事検索

夕焼の淡き光も波に浮き

スレッド
夕焼の淡き光も波に浮き 夕焼の淡き光も波に浮き 夕焼の淡き光も波に浮き 夕焼の淡き光も波に浮き 夕焼の淡き光も波に浮き

2019.02.18. One,Two,Three again and last day

プラナンのクライミングも最後の日となった。
再びOne,Two,Three に行く。
この日の朝、潮が満ちWe Sad より向こうは水に浸かっていた。
ガイド クライミングでごった返す中、数本5クラスを登り、6b+も取り付く。
潮がだんだんと引いてきてWe Sad より先も登れるようになってきた。
初心者クラスのガイド クライミングの団体も終了してきて、岩場に落ち着きが戻ってきた。
今回の最後のルートに6aのルートを選ぶ。
16年前には無かったルートで、We Sad の左側に数本6aのルートが新しく開拓された、その内の一本である。
下部は被ったケーヴを登り、コルネに乗り移り、上部は垂壁となり、長さも20mを越える、日本ではありえない面白くて楽しいルートであり、締め括りには最高のルートである。
クライミングの後は、いつものようにレストランでビールを飲んで昼食を食べ、ホテルのプールで泳ぎシャワーを浴びる。
帰り支度を済ませ、夕食はライレイ ウエスト ビーチに行く。
アンダマン海の夕日が美しい。
夕焼と潮風の中、ジン ライムを飲み、ゆったりとタイ料理を味わう。
今回のクライミング ツァーは、若いノムラさんが安定したクライミングを磨きグレード アップにもトライし、ヨシエさんは多くのオンサイトに成功しグレードも引き上げ、ヤマダさんは良いペースのクライミングを持続し、わたしは案内とルート チョイスで役に立った。
あくせくもせず、クライミングとリゾートを充分に堪能した面白かった日々であった。

アンダマン海の夕日
夕焼の淡き光も波に浮き 拙句

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ