記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

イカナゴのシンコ(稚魚)、4年連続の不漁予測

スレッド
イカナゴ稚仔分布調査結果(1㎡... イカナゴ稚仔分布調査結果(1㎡水柱あたりの尾数)(画像:兵庫県立水産技術センターだより)
瀬戸内海に春の訪れを告げるイカナゴのシンコ(稚魚)漁について、兵庫県立水産技術センター(兵庫県明石市)は17日、2020年春の漁況予報を発表しています。漁獲量は、明石沖などの播磨灘は「平年を下回り、昨年を下回っています、

神戸沖などの大阪湾と紀伊水道は「平年を下回り、昨年並み」としています。いずれも4年連続の不漁予測となっています。郷土料理「イカナゴのくぎ煮」の材料は、今年も高値の傾向が続きそうです。

兵庫県立水産技術センターが、イカナゴの主な産卵場になる播磨灘北東部海域「鹿ノ瀬」で、2019年12月~2020年1月に親魚を採集したところ、密度は採集1回当たり5・3匹で、平年(2017年までの10年間の平均値)の134・9匹を大きく下回りました。総産卵量の目安になる産卵量指数(1987年漁期の産卵量を1とした相対値)も平年の1・75を大きく下回る0・06でした。

シンコ(体長3~7センチ)になる前の稚仔(ちし)(同7~10ミリ)も、2020年1月の採集匹数の平均値が、播磨灘1・4匹、大阪湾1・1匹と、いずれも平年(2018年までの7年間の平均値)の約1割以下にとどまっています。

例年2月下旬~3月上旬の解禁日は、2月下旬の試験操業後に決定されます。
#ブログ #漁業

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
ウルトラの父
ウルトラの父さんからコメント
投稿日 2020-02-18 09:16

この数字見てると厳しそうな感じですね、関西の方は「いかなごのくぎ煮」で季節を感じるのでしょうね。

              シュワッチ!!!

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2020-02-18 10:23

今年は暖冬の影響もあり、成長が早い心配も重なっています。
数日の創業で終わる可能性もあり、価格が心配です。

ワオ!と言っているユーザー