真っ赤な夕陽





刻一刻と姿を変える夕暮れ時
夕陽がとっても綺麗でした。
#夕日 #夕陽

ワオ!と言っているユーザー

宇宙芋




大きくなってきました。:

 宇宙芋やエアーポテトと呼ばれてるものは、東南アジア原産とされるヤマノイモ科の一種で、その蔓にできるムカゴを指します。ヤマノイモ科と言えば一般的な長芋や自然薯などもその仲間で、蔓にムカゴを沢山付けますが、これらのムカゴは小豆から大豆程のものが多く、大きくてもソラマメ程度です。ところがこのエアーポテトは卵くらいの物から、大きいものだと赤ちゃんの頭ほどにもなると言われています。まさにジャンボムカゴです。
 英語では「Air potato=エアーポテト」と呼ばれ、日本でもそのように呼ばれています。また「宇宙いも」とも呼ばれていますが、これは日光種苗がこの品種の種イモや苗を販売する商標として付けたものです。

形や大きさは不規則で、大きさは卵くらいの50g程の物から、大きいものだと500g程の物も出来るようです。今回入手したものは小さいもので90g程、大きいものは300g以上ありました。
 表面はカカオのような黒っぽい焦げ茶色で斑点があります。3面が交わる角が見られます。一般的な芋のような丸い形ではなく、どちらかと言えば切り出された石垣の岩のような形をしています。
 表皮を少し削るとその下には緑色の地が出てきますが、中の果肉は黄色いです。皮を剥いたときに、ほのかに掘りたての筍のような香りが感じられます。剥くとき、手が滑りやすいのですが、なぜか特に洗わずとも乾くと手はさらっとした感じになります。

ワオ!と言っているユーザー

ミョウガが欲しいと言うので家の裏を見てみました。

写真の通りです。

個人の家で食べるにはたくさんありました。
私は前回収穫したものを冷凍しています。

ミョウガは私のおばあちゃんが植えていたものです。
家を建て替える時に移植して、建った後に再び日陰に戻しました。

何もしないけれど時期になると生えてくるミョウガです。
#ミョウガ #薬味

ワオ!と言っているユーザー

熊本暮らし人まつり みずあかり

みずあかりとは?

熊本暮らし人まつり「みずあかり」は、「竹」「火」「水」「ろうそく」といった熊本の資源を生かした灯りの祭典です。秋の夜、熊本城周辺に2日間で約5万4千個のろうそくが灯ります。熊本の魅力を再発見し「ここに暮らす喜びと、切なさまでも共感できる市民と地域でありたい」というコンセプトのもと、2004(平成16)年にスタートしました。

「みずあかり」は、竹灯籠のオブジェを並べて美しい風景を作ることだけではなく、その「過程(プロセス)」を大事にしている祭りです。運営は、延べ約6,000人のボランティアの手によって行われます。竹灯籠の制作、設置、当日の運営、その後の片付けまで、地元企業、市役所や県庁の職員、自衛隊、学生、一般市民ボランティアなど多くの人たちの協力によって成り立っています。

必要な経費の大半は、企業や団体から1口2万円の協賛金を集めております。また参加する企業が車を出したり、自社製品を提供したり、とできるだけ経費を抑える努力をしています。

「みずあかり」の見せ場のひとつに、熊本城のお堀の役割も果たしている坪井川に浮かぶ「浮き灯籠」があります。坪井川の水面に揺れる約5,000個の浮き灯籠の灯りは、熊本の秋の夜を、より美しく幻想的な世界へ変化させます。

また、竹のぼんぼりに熊本の名水を注ぎ、中に和ろうそくを立て、これに阿蘇のご神火を点し、願いごとを書いた短冊を添えた「竹ぼんぼり」をご神木の周りに並べます。献灯用の竹ぼんぼりには、日本一の生産量を誇る、水俣の櫨(はぜ)ろうそくを使用しています。

「みずあかり」は「わざわざ訪れる価値のある、本物の祭り」と思っていただけるような、熊本城の新たな景観を創り出します。それと同時に、自分たちが暮らす地域を「自分たちの手で創造する」という意識の啓発を行い、熊本の新しい力となることを目指しています。

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ