記事検索

気になる「ラッピング電車<灘の酒>」@阪神電鉄

スレッド
気になる「ラッピング電車<灘の...
阪神電鉄は10月1日【日)から、日本酒にちなんだラッピング列車「Go!Go!灘五郷」を運行する。初日は出発式などが行われる。

灘五郷は「灘の生一本」で知られる日本酒の生産地。神戸市の西郷・御影郷・魚崎郷と、西宮市の西宮郷・今津郷の五つの郷で構成される。灘五郷酒造組合・神戸市・西宮市・阪神電鉄の4者は連携して灘の酒蔵の活性化プロジェクトに取り組むことを決め、10月1日「日本酒の日」からラッピング列車を運行することにした。

車両は1000系電車の6両編成1本を使用。「日本一の酒どころ『灘五郷』が育んできた日本酒文化を、ほっこり楽しい和風テイストなイラストレーション」で車体を装飾するという。車内でも灘の酒に関するポスターなどを掲出する。運行区間は本線・阪神なんば線・神戸高速線だが、相互直通運転により山陽電鉄線や近鉄線でも運行されます。
#ブログ #鉄道

ワオ!と言っているユーザー

洋菓子「リーベスバウム」@ユーハイム

スレッド
洋菓子「リーベスバウム」@ユー...
久しぶりに「バウムクーヘン」をいただきました。バウム(baum)はドイツ語で「木」、クーヘン(kuchen)は「ケーキ」という意味。その名の通り、木の年輪のような円状の縞模様が特徴のケーキです。

バウムクーヘンは、専用のオーブンで太い棒に生地をつけて回しながら焼き、表面に焦げめがついたら、その上にさらに生地を塗って焼きます。これを繰り返すことで、独特のきれいな年輪が作られるのです。生地を塗り重ねる厚さや塗り方によって、焼き上がりの太さや形もいろいろあります。

神戸っ子としては、「バウムクーヘン」といえば、「ユーハイム」です。日本ではドイツ人のカール・ユーハイムによって持ち込まれ、1919年(大正8年)3月4日に広島物産陳列館(後の原爆ドーム)で開催されたドイツ作品展示即売会において販売されたのが最初です。このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められています。カールは第一次大戦後に菓子店を開き、当時はピラミッドケーキという名前で販売されていました。

「リーベスバウム」は厚み8ミリ程度の扇形をしています。「バウムクーヘン」のドイツ流の本来の切り方(そぎ切り)に近い形状をしていて、おいしくいただきました。
#グルメ #菓子

ワオ!と言っているユーザー

気になる「浴衣のゴミ」@みなとこうべ海上花火大会

スレッド
気になる「浴衣のゴミ」@みなと...
8月5日に開催されました、「第47回みなとこうべ海上花火大会」 も、神戸開港150年記念ということで、例年の1.5倍の1万5千発が打ち上げられ、夏の夜空を彩りました。

12月に開催される「神戸ルミナリエ」の終了時には、焼きそばやたこ焼きなどの「ソースのついた船」のゴミ捨てで会場周辺が汚くなっているマナーの悪さが指摘されています。

今回の「花火大会」周辺では、「浴衣のゴミ」が異常に多いと聞き驚きました。

今は「浴衣セット」も安く使い捨て感覚になっているとか。着くずれや、模様も「染付」でなくプリントということで通風も悪く暑いとかで、花火が終れば脱ぎ捨てて帰るそうです。

なんだか情緒もない雰囲気で、今風の感覚にはとてもついていけません。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

宅配弁当(61)@宅配クック1・2・3須磨垂水店

スレッド
宅配弁当(61)@宅配クック1...
台風5号が近畿地方に接近している雨の悪天候の中、お弁当を届けていただき、ありがたく受け取りました。

本日のお弁当のおかずは、「豚肉とがんもの含め煮」+「キャベツとヤングコーンの炒め物」+「ザーサイと蒸し鶏の塩だれ和え」+「壬生菜漬け」+「花斗六豆」でした。

「がんも(がんもどき)」は、子供の頃から「飛竜頭(ひりょうず)」と呼んでおり、居酒屋デビューで、初めて「がんも」という呼び方を覚えました。
<豚肉>と合わせての含め煮の食べ方も初めてで、おいしくいただきました。
#グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1971)ど根性な植物(35)【テッポウユリ】(2)

スレッド
ファルコン植物記(1971)ど...
我が家の北側の住宅の石垣に、ど根性な【テッポウユリ】が咲いているのを見つけました。

【テッポウユリ(鉄砲百合)】は、ユリ目ユリ科ユリ属の多年生草本球根植物です。こんなところに球根が根付いているとは驚きで、信じられませんでした。

本種は外見・生態上の特徴が後述の近縁種 「タカサゴユリ」 に酷似していますが、一般に「タカサゴユリ」よりも小型であり、葉が太めで、花が白く筋などが入らない点で区別します。ただし、本種は「タカサゴユリ」との園芸交雑種が多く、変異も起きやすいとされ、違いが判別しにくい場合も多々あります。

以前にも路傍の排水溝で咲き出そうとしていた 「ユリ」 が、不届きな輩に 蕾が千切られていた ことがありましたが、なんとか元気に咲き終わり。多年生草本らしく来年の夏の開花を楽しみにしたいものです。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ