記事検索

フリースペース

フリースペース

体験コーチングでやっていること コーチ探せる 橘泰至

スレッド
こんにちわ! 企業コーチ 橘泰至(たっちー)です。

今回のテーマは「体験コーチングでやっていること」です。
私は、1回30分間無料で体験コーチングをやってます。

では、
なぜ、私は体験コーチングを無料でやっているのでしょうか?

私の考えは、
お客様に安心してコーチングを受けてもらうためです。

コーチングの契約前に、お客様が
「このコーチで大丈夫かな?」
「私とこのコーチの相性は?」
と不安に思うことは当然です。
体験コーチングで、これらの不安を軽減して、
安心してコーチングを受けてもらいたいです。


私が得意としている研究開発分野では、
「専門性が高い」という特徴があります。

そのため、コーチングを受ける前に、
お客様は次のような不安を感じるようです。
「専門の話題に、何も知らないコーチが付いて来れるの?」
「専門性の高い話をしても大丈夫?聴いてもらえるの?」
「専門性の高い話題にコーチングは機能するの?効果は?」

だから、私が体験コーチングで行っていることは、
お客様のお話を「聴く」ことです。
専門性の高いどのような話題でも聴きます。

体験コーチングで、
お客様に沢山話してもらい、「話す」ことで
コーチングの効果を実感してもらいたいと思っています。
コーチングの効果の例
・思考が整理できる
・問題や目標が明確になること
・新しいアイデアを産む
・成果に向かう具体的な行動
・ストレス軽減、モチベーションUP


【ご注意頂きたいこと】
コーチングは、継続することで大きな成果を得ます。
お客様に安心してもらう目的で、体験コーチングを行っていますので、
1回の体験コーチングで大きな成果が得られるとは限りません。
















コーチ探せる プロフィールページへ

クリック



☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#たっちー #コーチ #コーチング #コーチ探せる #スポーツ #メンタル #体験コーチング #元公務員 #専門 #橘泰至 #研究者 #研究開発 #行政書士

ワオ!と言っているユーザー

コーチングを受ける準備 コーチ探せる 橘泰至

スレッド
こんにちわ! 企業コーチ 橘泰至(たっちー)です。

今回のテーマは「コーチングを受ける準備」です。
分野によって、いろんな考えがあると思うので
私の得意分野として、
「製造企業(研究開発)向けコーチ」
について、私の考えを書いてみます


研究開発分野では、未知や新しいことにチャレンジしています。
これは、成果が必ず得られるとは限らないことを意味します。
ですが、コーチングで成果を得る“確率を高くする”ことはできます。


【私の経験談】
計画通りの成果が得られていないときは・・・焦ります(^-^;
焦る余りに・・・
予定していたコーチングセッションをキャンセルして仕事に没頭することもありました・・・
ただ、こんなときは成果が得られないものでした(^-^;

コーチングセッションでは、ほぼ必ず「気付き」や「次の行動」が得られます。

「成果は行動の先にある」ものですが・・・
プランAの行動で成果が得られないとき・・・
コーチングセッション中の「気付き」でプランBが生まれることがしばしばありました。

「気付き」は多岐に渡ります。

プランAを“私が行動”した場合には成果が得られなくても・・・
“他の誰かの行動”で成果が得られる場合がありました。

私の行動をサポートしてくれる存在に気付くこともありました。
例えば、他の部署や、他の研究機関の協力を得る。設備を借りるなどです。

他には
「実は成果が得られていた。」
「成果が出なくても良い」
というゴールに至る場合もありました。

これらの「気付き」や「次の行動」は、自分一人では得られないものばかりでした。
ですので、私が伝えたいコーチングを受ける準備は、

どんなに忙しくても、焦っていても、
どんな環境、どんな気持ちであっても、
「予定通りコーチングを受ける」

と決意しておくことです。
これが、成果への一番の近道でした(*^-^*)



○「コーチを選ぶポイント」
 https://jp.bloguru.com/tachibana/416434/2021-09-25

















コーチ探せる プロフィールページへ

クリック



☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#たっちー #コーチ #コーチング #コーチングを受ける準備 #コーチ探せる #スポーツ #メンタル #元公務員 #橘泰至 #研究者 #行政書士

ワオ!と言っているユーザー

コーチ選びのポイント コーチ探せる 橘泰至

スレッド
こんにちわ! コーチ 橘泰至(たっちー)です。

今回のテーマは「コーチ選びのポイント」です。
私の得意分野として、
「スポーツ選手向けコーチ」について書いてみます

(「製造企業(研究開発)向けコーチ」については
 https://jp.bloguru.com/tachibana/416434/2021-09-25
 をご参照ください。)



スポーツ選手には、次の特徴があります。

1)プレー中の対話時間が限られる
2)調子を整える/上向きにすることが重要
3)成長の実感を求めている

それぞれについて、私の考えを記載します。



1)プレー中の対話時間が限られる

選手が実際にプレーをしている合間のコーチングセッションは、
PDCAサイクルが早く回せるため、実に有意義です。

しかし、セッションに時間を費やし、選手のプレー時間を奪うことは避けるべきです。
ですので、コーチ選びのポイントは、

「(3秒~1分間の)短時間セッションができるコーチ」です。



2)調子を整える/上向きにすることが重要

運動とは、脳でイメージしたことを、体を動かして実現することです。
従って、ポジティブなイメージが作れるかどうか?がポイントになります。

例えば
  コーチが「出来ていないことは何?」と聞けば、
    選手は出来ないイメージを作ります

  コーチが「出来ていることは何?」と聞けば、
    選手は出来るイメージを作ります

ですので、コーチ選びのポイントは
「ポジティブな言葉を使うコーチ」です。


また、選手の調子を狂わすのは、競技中のだけとは限りません。
進学、就職、転勤、結婚、出産
引っ越し
協会から○○と言われて・・・
家族とケンカして・・・・
学校の成績が低下して・・・
会社での立場が・・・
スポンサーからの要望で・・・
体調を崩して・・・
旅行が苦手で・・・
競技指導者から○○って言われて・・・
練習場所が・・・
人間関係が・・・

と選手を取り巻く環境は、複雑です。
大きな環境変化は、プレーへの影響に留まらず、引退に繋がる場合もあります。

ですので、コーチ選びのポイントは、
 「競技以外のことも相談できるコーチ」です。



3)成長の実感を求めている

選手が求めていることの一つに「成長の実感」があります。
客観的には成長しているのに、成長している実感がないことは、度々あります。

例えば、
 ・スピードが速くなっているにも関わらず、選手は遅く感じている。
 ・部分的に成長した結果、全体のバランスが崩れてタイムが遅くなった。   
というような場合です。

前述の例は、どちらも成長しているにも関わらず、
選手自身は成長していないと勘違いをすることがあります。
勘違いから、選手自ら方針転換をして、
成長路線から外れてしまうことがあります。
結果として、選手自身が非効率な方法を選択したり、成長が停滞したりします。

つまり、「成長を実感する」ことは、
成長を続けるためにとても大切なのです。

ですので、コーチ選びのポイントは、
成長を実感するために
「測定可能な形で(または客観的に)振り返りができるコーチ」です。



○まとめ
スポーツ選手として私は、
「短時間セッションができるコーチ」
「ポジティブな言葉を使うコーチ」
「競技以外のことも相談できるコーチ」
「測定可能な形で振り返りができるコーチ」
を選びます♪(*^-^*)














コーチ探せる プロフィールページへ

クリック



☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#たっちー #コーチ #コーチング #コーチ探せる #スポーツ #メンタル #元公務員 #橘泰至 #研究者 #行政書士

ワオ!と言っているユーザー

コーチ選びのポイント コーチ探せる 橘泰至

スレッド
こんにちわ! コーチ 橘泰至(たっちー)です。

今回のテーマは「コーチ選びのポイント」です。
分野によって、いろんな考えがあると思うので
私の得意分野として、
「研究開発向けコーチ」
について書いてみます

(「スポーツ選手向けコーチ」については
 https://jp.bloguru.com/tachibana/416453/2021-09-26
 をご参照ください)



研究開発分野では、
1)未知や新しいことにチャレンジしている
2)人間関係が固定化し易い
3)イノベーションを求めている
という特徴があります。
それぞれについて、私の考えを記載します。



1)未知や新しいことにチャレンジしている

これは、成果が必ず得られるとは限らないことを意味します。
当初想定していたことが・・・何も起こらない。逆だった。悪化した。
ってことは度々起こります。

思っていたような成果が得られない場合であっても、
未来に向けた有用な知見が得られれば、
次の研究開発に向けて前進できます。
(私が最も怖かったことは、研究開発が行き詰まってしまうことでした。)

ですので、コーチ選びのポイントは
「どのような状況でも、学びが獲られるコーチ」です。



2)人間関係が固定化し易い

工業所有権や秘密保持の観点から、
研究開発の事を相談できる人が、実は少ないんです。

しかも、異なる専門分野の人達でチームを組んでいることも多く、
この専門分野のことは、この人にしか分からない。
つまり、「私しか分からない」みたいな状況になっていることがあります(^-^;

だから・・・専門分野のことを相談したいのに、
相談する相手がいなかったり、
相談の機会すら無かったりします。

ですので、コーチ選びのポイントは
「(コーチが分からない専門的な)どんな話題でも発展的に聴いてくれるコーチ」です。



3)イノベーションを求めている

イノベーションは、研究開発の醍醐味です。
成果に直結することも度々あります。

異なる意見、考え、物を組み合わせることで起こる知見の化学反応を、
意図的に起こせるコーチは、魅力的です。

ですので、コーチ選びのポイントは
「他の意見を引き出す。他の意見と結び付けてくれるコーチ」です。



○まとめ

研究開発分野では

「どのような状況でも、学びが獲られるコーチ」
「どんな話題でも発展的に聴いてくれるコーチ」
「他の意見を引き出す。他の意見と結びつけてくれるコーチ」

を私は選びます♪(*^-^*)
















コーチ探せる プロフィールページへ

クリック



☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#たっちー #コーチ #コーチング #コーチ探せる #コーチ選びのポイント #スポーツ #メンタル #元公務員 #橘泰至 #研究者 #研究開発 #行政書士

ワオ!と言っているユーザー

コンサルティングとコーチングの違い コーチ探せる 橘泰至

スレッド
こんにちは! コーチの橘泰至(たっちー)です。
コンサルティングとコーチングの違いについて私の解釈を書いてみます♪(*^-^*)
※「あなた」が利用者であることを前提に書きます。

【コンサルティング】
の一例
1)コンサルタントが、あなたの問題、悩み、現状を、確認・分析します。(Check)
2)コンサルタントが、改善策を考えます。(Action)
3)コンサルタントが、あなたの行動計画を立てます。(Plan)
4)コンサルタントが考えた1)~3)をあなたに伝えます。
5)あなたが、行動します。(Do)
 1)に戻る。

コンサルタントが、PDCAサイクルのCAPを担い、あなたはDを担います。

◎コンサルティングの利点
・あなた自身に知識や経験が無く、CAPが困難な場合に、コンサルタントの知識や経験を利用できます。
・コンサルタントの豊富な知識や経験が、あなたのCAPに利用できます。



【コーチング】
の一例
1)あなた自身が、問題や悩みと向き合い、過去の行動を振り返ります。(Check)
2)あなた自身が、改善策を考えます。(Action)
3)あなた自身が、未来の行動計画を立てます。(Plan)
4)あなたが、行動します。(Do)
1)に戻る。
○コーチは、これら1)~3)のお客様自身の思考をサポートします。

あなたがPDCAの全てを担います。コーチは、あなたがPDCAをサイクル(回す)ことをサポートします。

◎コーチングの利点
・あなた自身が考える、納得度の高い行動計画が作成できる。
・納得度の高い行動計画だから、問題の改善や課題に向けた行動(Do)が起こり易い。
・行動が起きた結果として、成果や改善が得られ易い。
・コーチングを通して、あなた自身にPDCAサイクルを回す能力が備わる。
・そのため、あなた自身で、自律的に問題や悩みと向き合えるようになる。
・これは、コーチやコンサルタントが不在であっても、問題や悩みと向き合えることを意味する。
・行動した結果が、あなたの思っていたことと異なる結果であったとしても、あなた自身がPDCAサイクルを回すことで、改善や課題に向けた行動が継続する。
・これは、あなた自身の順応性や適応性が向上することを意味する。
・自律的な行動により、あなた自身が活躍している実感が湧く。
・あなたの自己肯定感が高まる。


コーチングの利点ばかり書いてゴメンナサイ。
コンサルタントの方に加筆してもらえると嬉しいです♪(*^-^*)


ご相談、メッセージ、コーチングのお申込みをお待ちしてます♪(*^-^*)
コーチ探せる
https://www.c-sagaseru.com/tachibana

☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
#たっちー #コンサルティングとコーチング #コンサルティングとコーチングの違い #コーチング #コーチ探せる #スポーツ #ファシリテーション #ファシリテーター #メンタル #自律 #行政書士

ワオ!と言っているユーザー

ご相談「指導者の言葉が選手に響かない」

スレッド
「指導者の言葉が、選手に響かないんですよー。」
と熱意のあるスポーツ指導者から相談を頂きました。
実は、よくあるご相談です。
(指導者を上司、選手を部下と読み替えて頂いても結構です。)


私が「具体的には?」と伺うと、
指導者は、理想的なフォームについて、論理的で丁寧な説明・理由を添えて、分かり易く、的を射る内容で詳しく話してくれました。

指導者の話は、その競技の素人である私が聴いても分かり易く、理解できる内容でした。私には、丁寧で素晴らしい技術指導に聴こえました。

一方で、どんなに素晴らしい技術指導であったとしても、
選手に言葉が響いていなければ、効果が期待できません。


では、なぜ選手には言葉が響かないのでしょうか?

私には、幾つか思い当たることがありました。
私が選ぶキーワードは、次の3つです。

1)選手を認める
2)ビジョン、目的、意義
3)(指導者事ではなく)選手事にする


これらについては、次回以降にまた書きますね~♪(*^-^*)


☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#指導者の言葉が選手に響かない

ワオ!と言っているユーザー

ファシリテーションとコーチングの違い(2)主語の整理

スレッド
前回は、コーチングの対象者は1名で
ファシリテーションの対象者が2名以上だから
ファシリテーションには対象者同士の関係があることを記載しました。
今回はその続きです。

対象者の人数が異なることは、
目的、ゴール、夢、意義、ビジョン、目標、問題、課題などに対する
「意見」にも次のような違いを生じます。


【コーチング】
コーチングの対象者は1人です。
従ってコーチは、対象者個人の意見に会話の焦点を当て、取り扱います。

 例えばスポーツ分野では、
 ・コーチが選手個人の意見を取り扱います。
 ・コーチが指導者個人の意見を取り扱います。

コーチングは、1人のコーチと1人の対象者との会話なのでシンプルです。



【ファシリテーション】

ファシリテーションの対象者は2人以上です。
従って、対象者個人の立場からは、
(1)私(対象者個人)の意見
(2)私以外の対象者個人の意見
(3)対象者達が形成するチームとしての意見
が話題に上がります。

これら(1)~(3)の違いは、主語(主体)です。
(1)~(3)を分類して整理することは、ファシリテーターとして大切な役割です。

特に日本語は、主語(主体)を省略することができます。
そのため、次のようなことが度々起こります。
 ・ある特定の対象者(例えば一人の指導者)のみの意見が、
  他の対象者(選手)やチームの意見として取り扱われてしまう
 ・チームの方針のみが話題になり、
  対象者個人(選手)の意見が尊重されない

このような事が、良い/悪いではなく、“起こり得る”ことを
ファシリテーターは”知っておくべき”です。

ここで私が”知っておくべき”と記載したのは、
私の経験上は、ファシリテーターが
 ・意見の主語(主体)を、前述の(1)~(3)に分類・整理したり
 ・(1)~(3)の主語(主体)の内、複数を取り扱う
ことで、
話題が飛躍的に発展・展開・拡大することが多いからです。


ところで私には、次のような相談が寄せられます。
 ・指導者の言葉が選手に響いていない
 ・チームの方針が選手に浸透していない
 ・ある選手の意見が指導者やチームに反映されない

これらの多くの場合で、
主語(主体)の整理ができていないことが原因になっています。



私のファシリテーションを体験したい人へ
現地で、オンラインで提供しています。

◆ご相談、お問い合わせ◆
橘 泰至(たちばな やすし)
https://www.c-sagaseru.com/contact/form/75

☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.c-sagaseru.com/tachibana
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#コーチング #ファシリテーション #主体

ワオ!と言っているユーザー

ファシリテーションとコーチングの違い(1)

スレッド
◆はじめに
今回は、ファシリテーションとコーチングの違いに着目して記載します。
そのため、ファシリテーション、コーチングのそれぞれについて詳しく知りたい方は(本稿下部の参考文献など)他をご参照ください。


◆対象人数
ファシリテーションとコーチングの違いとして
先ず思い付くのが、対象人数です。
コーチングの対象者が1名なのに対して
ファシリテーションの対象者は2名以上になります。
これが発端となり、以下の様な違いが生まれます。



◆話相手

【コーチング】
コーチングの対象者は1名ですので、
必然的に、対象者の話相手はコーチになります。
コーチングの特徴は、会話のプロフェッショナルであるコーチを、
対象者(クライアント)が独り占めできることです。
対象者は、コーチングの時間を「自分のため」だけに独占することができます。
そのため、対象者とコーチの間の信頼関係を構築することが重要です。



【ファシリテーション】

ファシリテーションの対象者は2名以上です。
ファシリテーターの他に、2名以上の対象者がいます。
ファシリテーターと対象者の関係に加えて
対象者と対象者の関係があります。

つまり、ファシリテーションでは、
対象者と対象者の関係に配慮する必要があります。
この点はコーチングと明確に違う点です。

そして、対象者同志が会話をする機会を作ることは、
ファシリテーションの醍醐味です。

対象者同士の対話が、化学反応を起こし、
ファシリテーターが意図しない
思いもよらない素晴らしいアイディア(イノベーション)が生まれたり、
対象者同士の関係が良くなったりします。

会話のプロフェッショナルではない対象者同志ですから
時には、トラブルが起こります。
例えば、喧嘩が起こったり、
一部の対象者が会話に参加しなくなったりすることがあります。
会話中に起こるこれらトラブルに対する予防や対処は、
ファシリテーターが留意すべきことです。

続きは後ほど(または別の機会に~)♪(*^-^*)

◆ご相談、お問い合わせ◆
橘 泰至(たちばな やすし)
https://www.c-sagaseru.com/contact/form/75


◆参考文献
1) 成長を容易にするファシリテーション
https://jp.bloguru.com/tachibana/412697/2021-08-16


☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#コーチング #ファシリテーション #違い

ワオ!と言っているユーザー

成長を容易にするファシリテーション

スレッド
◆ファシリテーションとは?

ファシリテーション(Facilitation)を本で調べると、
「問題解決や合意形成を促進する技術です。」
などと紹介されています。

Facilitationの接頭語であるFacilはラテン語でeasyを意味しており
ファシリテーションは「容易にする」「円滑にする」と解釈できます。

つまり、「○○を容易にすること」です。
○○には、問題解決、合意形成の他に
情報共有、発言、決定、行動、成果を獲ること、参加、成長、スポーツ指導 など
任意の言葉を入れることができます。
あなたやあなたのチームにとって好都合な言葉を入れて
解釈すると良いでしょう。



◆ファシリテーションの効果

私は、ビジネス分野だけでなく、スポーツ分野にも
ファシリテーションを活用しています。
これまでに、スキー、トランポリン、新体操、ドッジボール、サッカー、ゴルフ、ソフトボールなどに活用して、次のような効果を感じています。
(1)選手の成長を容易にする
(2)チームメイトとの交流を円滑にして、相乗効果を生む
(3)その過程で、選手の自律性が育む



◆学習移転モデルの限界

スポーツ分野の指導と言えば、
「指導者の知識・技術を、選手に移転させていく」
という学習移転モデルをイメージする人も多いと思います。

ところが、指導者にとって効率的なこの方法は、選手にとって退屈で、
納得感が欠乏することが度々あります。

退屈であることは、継続が困難なことを意味しており、
納得感が得られないことは、選手のモチベーションが高まらないことや、
行動変容に結び付き難いことを意味します。

つまり、学習移転モデルの指導では選手が成長し難いのです。



◆体験学習モデル

私が紹介するファシリテーションは「自らの体験を通して学ぶ」という
体験学習モデルを基にします。

一般的に“人”は、
他人(指導者)からの指摘には反感するが、
(選手)自ら気付いたことは率先して行動しようとします。
これが、体験学習モデル(ファシリテーション)の基本的な考えです。

体験を通して選手自らが気付きを得れば、
放っておいても自ら改善に向けて行動が変容するでしょう。

つまり、体験学習モデルは、選手自身の成長を容易にします。

そして、スポーツ分野では、体験を伴う活動が頻繁に行われていることでしょう。
これは、スポーツ分野において、体験から学ぶ機会が豊富にあることや、
ファシリテーションの活用機会が豊富にあることを意味します。



◆ファシリテーション・体験学習モデルを体験したい人へ
現地で、オンラインで提供しています。
ご相談はメールでどうぞ。
 tachi_4142@yahoo.co.jp



☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991
#スポーツ #ファシリテーション #体験学習

ワオ!と言っているユーザー

イメージの力を高める

スレッド
イメージの力を高める
前稿では、イメージが運動と関係があり、良いイメージが良い運動に繋がることを記載しました。
本稿では、イメージの力を高めることに着目します。

本稿の結論は、
「イメージの力を最大限に発揮するため、イメージを『鮮明にする』ことが大切だ」ということです。

私が競技を続けているモーグル競技(スキー)の例では、
「キレイに滑る」と漠然とイメージするよりも
「脚の力を抜いて滑る。コブの頂点に到達する前に膝関節を柔らかく動かす。その際、踵はお尻の下に位置する。」と鮮明にイメージする方が、イメージの力を発揮することができます。

私が考える鮮明にイメージすることのメリットは・・・
1)集中する対象が明確になる
2)練習の効果が高まる
3)成功体験を積み上げ易い
です。

☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
橘 泰至(たちばな やすし) 44才 ♂
研究員として石川県に19年間(2001年4月~2020年3月)勤務
コーチングを活用して研究成果を得たことに感動して
コーチとして自立しました
趣味でスキーのモーグル競技をしてます
現在の日本(SAJ)ランキングは100位くらい
スポーツ選手が本番に力を発揮するための支援をしてます
tachi_4142@yahoo.co.jp
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1409KN0991

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ