記事検索

 <生涯現役の鬼軍曹>

https://jp.bloguru.com/syokunin
  • ハッシュタグ「#読書」の検索結果374件

フリースペース

お母さんは命懸けであなたを産みました・・ この世に産んでくれてありがとう・・ 命はたった一つのもの~数えてはいけない・・                      

<読書ができない!>

スレッド

昨日は<眼科の診察・検査>・先月と同様な数値でほっとした。
左眼はほとんど視野がない・・
真っ黒のレンズを入れたい心境です。

右眼に負担がかかっている・見えなくなったらどうしよう・
常に不安がある。
白杖になったらどうなるか・・点字の習いも無理だろう・・高齢では慣れるのも難しいのでは・・

新聞を読むのに苦戦していて・本を借りてきて読む余裕もなくなった・・
字を書くのも苦手・面倒で辛うじてパソコンで処理している。

1週間に10冊・・2冊並べて斜め読み・
20数年過ごしてきた我が身・ストレス解消に読書をしてきたので・・解消方法が見つからない。

<産業新聞>         2017年1月13日
週に1度くらいのペースで図書館に遊びに出かけます。
<緑内障>の影響で、読書(眺める>も、面倒になってきています。
必ず<新聞コーナー>に立ち寄り<日経産業新聞~日刊工業新聞>を、眺めます。
日刊紙では報じられない貴重な?ニュースにお目にかかれます。


<読み始め(眺めはじめ)    2016年1月3日
昨年の借り入れ実績を計算したら約350冊くらい・・1日1冊のペースになった。
従来の年間500冊に比べると大幅に減り・・メモ等の保存も激減しました。


<今週眺めた本>        2014年6月 14日
夕方図書館に立ち寄り、月曜日に借りた本10冊を返して、新たに10冊借りて来ました。 
相変わらず <読む> というより <眺める> が正解です。
<ポイント>は、手帳に書き込んだりコピーし保存しています・・


<図書館にて>             2009年2月 8日
週1〜2回行く図書館が蔵書整理のため9日から21日まで休館になります。
今朝も通常どおり10冊返却して新たに10冊(貸出し限度)借りてきた。。
長期の休館前という事で,館内は老若男女で混雑していました。



#読書

ワオ!と言っているユーザー

<反省会?感想会>

スレッド
<反省会?感想会>
書籍名~  <場づくりの教科書 >
著者~    長田 英史さん
出版社~  藝術新聞社 

NPO講習会でお世話になった講師・長田さんの著書です。

長田さんは、5日・15日・25日に必ず、有意義な文書をメールで送ってくれます。

● 家庭の主婦が夜中まで会議するなんておかしいのでは?

● まず一人前になって、それからやるべきことなのかな?

この種の疑念は、スタイルが新しいとよく起こります。

どちらも正体は、<常識の壁>です。
 
イベントや会合を終えた後の・<・反省会と>いう名称に、ちょっとだけ重苦しさを感じます。

反省なんていうと、単に省みるというだけでなく、<悪かったことを省みる>というニュアンスがありませんか?

僕がおすすめしたいのは、<反省会より感想会>です。

小生は初めて聞いた言葉です<感想会>・・いいね!
特にうまくいかなかったイベント等の後では、落ち込まなくて済みそうです。

最近度々耳にする<ワークショップ>・・横文字では高齢者には分かりにくい・・<皆で話し合い>の方が良いのでは・・

*本文より
他人を演じるのではなく、一人ひとりが自分自身として場に存在できる。

空気を読むのではなく、自分たちにとって居心地のいい空気をつくり出せる。

それは突き詰めれば、ありのままの自分としてお互いが出会い、ありのままの自分として社会や世界とつながることではないでしょうか

本日送ら手てきたメールの一部・・

こんにちは! 長田英史です。

突然ですが、みなさんはSNSをご利用ですか?
僕は2009年にTwitterを、2010年にFacebookを始めました。

メルマガの読者の方とは、SNSでもつながれればと思います。

Facebookの方は、面識のある方とは「友達」になりますし、
ない方にも「フォロー」していただけるようになっています。


#読書

ワオ!と言っているユーザー

<強制捜査は?>

スレッド
<強制捜査は?>

書籍名~  不徳を恥じるも私心なし 冤罪獄中記
著者~    田母神 俊雄 さん~元・ 航空自衛隊/・・航空幕僚長
出版社~  WAC

小生は<田母神さん>の自衛隊のトップの頃から都知事選立候補に至るまでの発言を聴いていて独特の世界の居住者と意識していた。
<マスコミの報道>に振り回されて・・真実が分からなかった。

この書籍を読んで・・個性は強いが愛すべき人種と認識を変えた・
強面で発言する姿から判断するしかなかったが<ユーモア>にも富んでいる人と見直した。

強制捜査をして<横領容疑は不起訴>になった
現在は、<公職選挙法違反>で、裁判中・・
何故・・5ヶ月あまり長期の拘留になったのか
現状から推察すると東京地検特捜部の<勇み足>です。

主任検事が、自宅に強制調査に来た時に、<殺人犯>を、追いかけるような、すごい目付きをして・・田母神さん<証拠は全部上がってます>とよくある<法廷ドラマ>のシーンのように私に迫ってきました。

事情聴取の際には大きな声を上げたり、ドンと机を叩いたりしてかなり居丈高な態度だった。

インテリやエリートは、検察寛に怒鳴られて・・屈辱感を味わいガタガタと崩れて妥協する人も多いらしい。
もっとも脅しような態度ばかりではない・・
<白状すれば、在宅起訴で済む・・ 助けてやろうと思ってますよ>などという甘い言葉も使うのだ・・

脅したり、泣き落としたりするのは、無理に吐かせるための技巧としてやっているだけだろう。
こんなやり方をしているから・・<裁判>になって否定する発言が出るようだ。

田母神さんは、度々弁護士と相談して拒否を続けた・・そのためか勾留期間が異常
に長い5カ月余りになったそうだ。

<看守との会話>
あるとき看守が<元気ですか!>と声をかけられた・・<絶好調です!>」と答えると・・ここでは田母神さんもヤクザも同じ扱いです。

私のことを知っている看守から<田母神さんに会えてうれしいです>と言われたことがあった。
会うことを喜んでもらうのはありがたいが<塀の中>だけに複雑な気分だ。

ただし本を持ってきてサインしてくださいというような公私混同はなかった。

#読書

ワオ!と言っているユーザー

<ストレス解消法>

スレッド
<ストレス解消法>
書籍名~  すぐわかる自律神経の整え方・・  ストレスを背負い込みやすく、不安、緊張、不眠、下痢で、
実力を発揮できないあなたに、ゆったりした気分と自信を与える対策集。
発行所~  主婦の友社

* <笑い>は、ストレス解消の特効薬・・
1日1回は、大きな声で笑おう
ストレスは、どうしてもつき合っていかなくてはいけないもの
ストレスによる影響を緩和し人間関係も円滑にする<笑い>
まさに<笑う門には福来る>といえるのです。

小生は、微笑~苦笑い・・幼い時から大きな声で笑った記憶は少ない・・
落語や漫才等の番組でも面白いくらいで笑みはこぼれるがバカ笑いはしない・・
多分幼少期からの環境の影響か?

孫たちが来るとテレビを見ながら・・大声で笑っているのを不思議な感覚・・タレントたちの悪ふざけがそんなに面白いかな・・

現在は多くの難問を抱えて<ストレスの塊>・・酒も控えているので特効薬がない。
<アニマル浜口>さんを見習って・・大声で笑う練習をしないと<ストレス>の解消ができないようだ

* ストレス・鬱にある4つのタイプ
●  なかなか寝付けない~    (入眠障害)
●  夜中に何度も目が覚める~  (中途覚醒)
●  夜明け前に目が覚める~   (早朝タイプ)
●  眠った気がしない~     (満足感の欠如)

数年前までは、どこでもすぐ寝ることが出来・・たたき起こされたらすぐ行動ができたはずだが・・昨今はひどい睡眠障害に陥っている・・全てストレスの影響か??

●  ストレス撃退~  プルーンの赤ワイン煮
●  ストレス解消~  黒豆ご飯
●  不眠症の改善~ シソキムチ
●  ストレスに対抗~ 五穀ひじき

*  ツボストレッチ・・  耳ツボ刺激  
*  アロマテラピー・・  エッセンシャルオイル

次から次と各種の治療法が出てくる・・
眺めているうちに・脳みそが混乱初めて<ストレス>が溜まりだした・・


#読書 #健康

ワオ!と言っているユーザー

<がまんしない>

スレッド
<がまんしない> <がまんしない> <がまんしない>
書籍名~  もう、がまんしない。 「自分らしく」生きる練習
著者~   心屋 仁之助 (こころや じんのすけ)さん・・心理カウンセラー
発行所~  大和書房

* <心屋さんは言っている>
自分らしく生きよう。
自分がやりたいこと、やろう。
好きなこと「だけ」して生きていこう。
それをやることで、他人に迷惑がかかると<思い込んでいる>のを止めよう。
大丈夫・・思うとおりにやってみようよ。

読みながら・・あっち行ったり~こっちへ戻ってきたリ・・振り回される。
そういう考えかたも・・あるんだな・・

<がんばらないないときはチャンスのとき>
●  私ががんばらないと・・  この悪魔のような呪文・・
●  がんばったからうまくいった・・ この勘違いすぎる呪文・・

●  うまくいかないのは、がんばりが足りないから・・
●  うまくいかせるためにさらにがんばるしかない

この呪い~洗脳~勘違いが、どんどん<がんばらないといけない現実を、大量生産するのです。

だから<もうがんばれません>って・・<チャーーーーンス>のとき自分で強<強制了>かけてるときです。

●  がんばらない勇気
●  がんばらないで、自分を信頼する勇気
●  がんばらないで、 まわりの優しさを信頼する勇気

<もうできません==イヤだ>という勇気をだすときがきた・・それだけのことです。

小生は<心理カウンセラー>たる職業の方とお目にかかったこともないし・・講演に参加したこともないので・・
面白い考え方をするのだな??と感心した。










#読書

ワオ!と言っているユーザー

<人生は高層ビル>

スレッド
<人生は高層ビル>
 

心理カウンセラー・心屋仁之助さん~<もうがまんしない>から・・
 ホントのあなたは自分が思う100万倍にすごいんだ。

*  低いところにいると卑屈になる・・
人生は一つの高層ビルみたいのものだと思っています。
38階も30階も1階も地下2階も・・いま同時に存在しています。
38階の自分も地下2階の自分もいる。

この38階というのは、何かというと・・そこに上がれば<視点が変わる>ということです。
上の階に行くほど<客観性・視野>が広くなる。
低い階にいると>渦中>になってしまう。
低階層にいて<渦中>だと見えないものが・・高いところから<俯瞰>で見ると・・出口や答えが見えるということです。

低階層にいると<目の前のこと>しか見えないから<この先・これまで>のこともとても<視野>が狭くなって不安だらけで<現実>に振り回されるのです。

でも38階に上がれば<点>にしか見えない・・
<高い視点>から見ることができるから<冷静>でいられる。
だから不安が少なくてすむし・・ラクで楽しくいられるのです。

そして高層階にいると<自分と誰かの>関係性を<客観的>に見ることができるようになるのです。

最後にから・・
好きなことだけして生きていく。
そんなことのできる<度胸のある人>や素直で自分によ。

小生は、子供の頃から・・稀代の早とちり~せっかちで<先読み~裏読み>が身に沁みついています。
この書籍から・・高層階からの視点・・参考になりました。
性格は変わらないだろうから・・少なくなった脳みその端に詰め込んでみます。




#読書

ワオ!と言っているユーザー

<場所と場の違い>

スレッド
<場所と場の違い>
書籍代~  場づくりの教科書
著者~    長田 英史 (おさだ てるちか)さん
出版社~  芸術新聞社

▼本文より
他人を演じるのではなく、一人ひとりが自分自身として場に存在できる。
空気を読むのではなく、自分たちにとって居心地のいい空気をつくり出せる。
それは突き詰めれば、ありのままの自分としてお互いが出会い、
ありのままの自分として社会や世界とつながることではないでしょうか

小生は、年齢も顧みず・無謀にも8月から来年2月まで計7回の<NPO講座>に参加しています。

8月~9月の講師が著者の長田さんです。
大学卒業後も就職しないで社会活動を仕事にされてきた・・
5日・15日・25日の毎月3回大量のニュースが、<メール便>で届きます。

* <場所>は、地図で示される点・具体的には(店・オフィス・会議室・公園)などです。
自分の家も入ります。
* <場>は、主に人と人と・人のつながり方が生きだす雰囲気・可能性

◎ <常設化を見極める>
例えば、週1回地域で<コミュニテイーカフェ>が開かれていた。
施設を時間借りして、担当の人たちが飲み物や食事を用意してそこにメンバーが集まって来る。

あるときメンバーの一人がここに本当の店を出したいと言い出し、貯金を切り崩して小さな店舗を借りてカフェを始めました。
<これからはいつでも集まれるよ!>ということになり新しいお店を出すことで盛り上がりました。

最初の1週間はみんなたびたび足を運びました。
それぞれに生活があり、またお金もかかるので<毎日行く>ということは到底できません。
そこに訪れて必ずいるのは<本当にお店を出したい>と言い出したその人だけでした。
それではわざわざお店を出した意味がありません。

◎ <主催者と参加者の違い>
食事会を催し食事を提供するのが<主催者>で招かれて食事を楽しむのが<参加者>です。
小生は、度々参加者で、お世話になりますが、できる限り<配膳・片付け等>で協力しています。

◎ <二つの会議のあり方> 
トップダウン型の組織の会議は、原則として意思決定の場ではありません・
話しあった情をもとに、その場でトップが意思決定をしたのです。
単に情報を共有をする場であったり、参考意見を出し合う場合もあります。

フラット型の組織の会議は、組織の生命線です。
フラット型では会議体の力量・つまり会議の良し悪しが組織や活動に直結します。

◎ 話しすぎる人と沈黙の人
声の大きな人や、たくさん話す人の意見だけで話し合いが進んでしまいます。
どうすればいいですか・・とよく相談されます。

● 話したい人が自由に話せなくて困る・・
● 黙っている人の意見がまったく想像できなくて不安だ・・
ちょっとした打ち合わせなどのさまざまな場面で、話しすぎるのか沈黙なのか悩みが出てきます。

<場づくりの教科書>には、小生の考え方の大半が凝縮されていました・
著者~講師の<長田英史さん>に感謝します。


#読書 #みんなの広場

ワオ!と言っているユーザー

<戦争と平和>

スレッド
<戦争と平和>
書籍名~  <戦争と平和のテクノロジー>
著者~    齋藤 勝裕 (さいとう・かつひろ)さん~名古屋工業大学名誉教授、
愛知学院大学客員教授
出版社~ シーアンドアール研究所

<担当編集者から>
食品用ラップは、弾薬や火薬の湿気から守るために開発されたものということは案外知られていないことです。

このように私たちの身近にある便利な道具は、実は戦争に関連したテクノロジーが民生化されたものなのです。

原材料は同じ・・説明されれば当然のことですが・・びっくりしました・・


テクノロジーは人類の歴史の発展と共に進歩する!兵器の能力を向上させるテクノロジーは、軍事や民生を問わず、次々と開発されています。

毒物や爆薬の研究は、医薬品を発展させ、移動手段の向上は、車やロケットなどの開発につながり、コンピューター技術がスマートフォンや人工知能開発を飛躍的に進化させます。

丁寧に説明されいますが・・身近に迫り・・背筋が寒くなります・・

アメリカの産業は<軍需産業?>で好景気を演出しているらしく・・他国で戦争をしないとまずいらしく・・

読めば読むほど・・恐ろしい話が続きます・・

#読書

ワオ!と言っているユーザー

<泣いたのばれた・・>

スレッド
面白い本を読んだので続き・・

酒井さんの< 週刊現代の連載>をまとめた内容です。

ハワイに行った時、ある日系人の家庭にお邪魔したのですが、家では靴を脱ぐ生活をしておられました。

何故なのかといえば、単純に <靴を脱いだほうが気持がいいから>なのだと私は思います。

外国人を見ていると <よく靴を履いたままでリラックスできるわね>と私は思います。

下劣な話で恐縮ですが、外国もののAVを見ると、彼等は洋服を脱いでいるのに靴を履いたままで事に至ることも多く、まあそれで興奮が高まるのかもしれませんが

<靴を履いたままだなんて、落ち着かないのではないか>とか、<ベッドが汚れる>等々、我々の心は千々に乱れる。

小生は、若かりし頃多くの<8ミリフイルムの白黒>を見ましたが、<靴>の方には <視線がいかなかった>・・

何処に集中していたのか思い出せない・

<認知症が始まったのか??卒業してそちらの方に興味がなくなったのか??>

#読書

ワオ!と言っているユーザー

<気付くのが遅すぎた>

スレッド
<気付くのが遅すぎた>
書籍名~   <気付くのが遅すぎて>・・週刊現代に連載の短編を収録
著  者~    酒 井 順 子 さん
発行所~    講談社

いくつかの短編は、図書館で読んでいますが・・何度読んでも心に刺さり面白い・・
酒井順子さんは、<化け物です>・・  百戦錬磨の小生を煩労しています・・

著者の酒井さんは1966年生まれ~我が家の3人の子供たちと同年齢です・・

若い世代はこのような話をしているのだろうと想像していると愉快で楽しい気分・・

<一部を抜き出すと・・>
知り合いの男性が、アメリカに行った時、女性の前でズボンをずりあげるような行為をしたら、大ひんしゅくをかってしまったのだそうです。

日本では、おじさんがそのての行為をするのを、頻繁に見かけます。

中には、一度ベルトをはずして、たるんだシャツをズボンの中にきっちり入れたりするもの。
しかしアメリカでは、ズボンのベルトに手をかけだけでもう性的な意味合いが発生するそうで、その手の行為は人前ではNGでとのこと。

<ありのままの下半身>
<女子会は性差を超える?>
<安倍首相のコンプレックス>
<年の差カップルのひずみ>
<セックレスというおけ芸>

読み終えて考えてみると・・女性の視線で書かれているので嫌らしくない・・

小生が綴ったら <エロでスケベ親父>といわれそうだ・・
一人でニヤニヤしながら読んでちょうどいいようだ・・


#読書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ