記事検索

フリースペース

やばい!週休2日から週休1日にするとメリットしかない!

0 tweet
スレッド
やばい!週休2日から週休1日に...
ぼんやりと考えていたらめちゃくちゃすごいこと考えついてしまったかもしれない!
なのでちょっとここで書いてみようと思う。

それは「週休2日から週休1日にするとメリットしかない。」ということ。

日本の法律では労働時間、休憩、休日を以下のように定めてある。

* 使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
* 使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
* 使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

現在は、これが根拠となっていて
8:00ー5:00(休憩60分)×週5日勤務=週40時間労働・・・①
が主流となっている。そして休日2日あり。

法定では週に1日の休日とある。だから本来休日は2日も要らないはず。使用者側からみても2日も休日を与えたくないのが本音かも。

試しに週に1日の休日にしてみる。
でもその代わり1日の労働時間もミニマムにする。するとこうなる・・・
8:00ー3:25の(休憩45分)×週6日勤務=週40時間労働・・・②

労働時間数を見ると①と②は同じ週40時間労働。
「労働時間がそのままかよ!しかも休日は1日減ってるじゃないか!冗談じゃない!」
って一瞬思うでしょう。

実はそれは錯覚です。決して損はしてなくてむしろ②の方がメリットがある。
実際に①のデメリットと②のメリットを見てみる・・・

①のデメリット:
・平日は頭が仕事のことに支配される。毎日寝るために帰宅するようなもの。週末が待ち遠しい。
・その週末は結局平日に溜まった家事を消化するという別の“仕事”が待っている。
・週末は録り溜めした番組を見て終わり。
・美容院・デート・友達とショッピング・・・土日に約束を何個か入れた時点で週末おしまい。
・「週末に予定を実行する」という新たなノルマ感がある。心が休まらない。
・本来は心身を休めるはずなのに全然休まらない。
・「週末は家族サービスで・・・」 という週末は週末の「仕事」が待っている。
・「はぁ。明日から仕事か・・・」と日曜の夕方は憂鬱になる(サザエさん症候群)。
・「はぁ。今週も始まってしまった・・・」と月曜が憂鬱になる(ブルーマンデー)。
・土日2日あるのに、一週間分の体と心の疲れを取るために結局何もしないで過ごす。
・そうやって週末無駄に過ごしたという虚しさが残る。罪悪感も。
・「自分のために過ごさなきゃ」という強迫観念がそもそもストレス。
・上手に週末を使えないと自己肯定感が下がる。
・土日で休息できてないから、GWとかシルバウィークの連休がきて初めて「休めるわ〜」と感じる。

ゆとりを持ちたいが故に休日が増えたはずなのに、ストレスがなくならないというパラドックス。
もうまったく意味不明です。

何がいけないか?
問題は「仕事と休息」のサイクルが7日間周期だということ。今後週休3日にする案もあるという話を聞くが、仕事4日+休日3日にしてしまったら、それこそ人間の労働時間が減る分生産性が下がるだけだと思う。

だから「一週間を仕事と休息に分ける」のではなく、「1日1日を仕事とそれ以外に分けて」過ごす。それが②のパターン。するとどうでしょう、実は②にはメリットしかない!

②週休1日で一日6.5時間勤務にするメリット
・仕事が3時半で終わりというワクワク感が毎日ある。
・だから朝が憂鬱じゃない。
・1日の労働時間が短い分、効率を考えるようになり仕事に集中力が増す。
・自分のための時間が毎日ある。
・ストレスが毎日解消・リセットされる。「週末が近づくにつれ疲れがたまる〜」がなくなる。
・同様に水曜・木曜あたりの「一週間長いな〜」がなくなる。
・美容院・エステ・ジム・映画・デート・ショッピング…自分のしたいことができる時間が毎日ある。
・お店側も毎日午後は週末と同じくらいお客さんが来て幸せ。
・足を運ぶ・見る・感じる・じっくり考えてから買う、住宅とか自動車の様ないわゆる「大きな買い物」をする人が増える。消費活動が週末に集中しなくなる。
・ジム・習い事・サークルなど、会社と家族以外の人との繋がり・交流が持てる。幸福度が増す。
・自分の時間と仕事の時間という「メリハリ」が毎日ある。仕事に支配されてる感がなくなる。
・趣味と仕事・家庭と仕事・〇〇と仕事どっちが大事?の質問に「両方大事」と自信を持って答えられる。
・人・物・金がめちゃくちゃ動く。経済が回る。景気が上がる。国民の幸福度が上がる。
・6日間好きなことができる分、完全フリーな休日は実は1日あれば十分足りることに気づく。
・デメリットがないという最大のメリット。

人間の体は7日間周期ではない。地球と同じに1日周期であり、睡眠によって毎日リセットされる。

そして、生きていくためには収入を得るための勤労は避けられない。
この勤労の周期を人間の本来の24時間周期に合わせれば、つまり1日でリセットできるシステムになれば、はっきり言って休日なんて要らなくなる。

毎日好きなことをして、毎日仕事もする。

これこそ働き方改革だとおもう。
改革というか、「働き方革命」。
これ絶対いいと思うんだけどな〜。




♪:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
大山敏幸 (おおやま としゆき)

盛岡市を拠点にコーチングの普及活動中!
日本でもコーチングを当たり前に受けられる社会になったら最高ですね。
オンライン/対面で無料体験会・セッション受付けています♪
学習相談・子育て相談に乗ります!
「子どもから大人まで気軽に楽しいコーチング」
「子どもとの関わりが楽しくなるコーチング」を提供しています。

Facebook:https://www.facebook.com/toshi.oyama.7
ホームページ:https://oyamajuku.com

♪:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

#ゆとり #働き方 #幸福度 #週休一日 #週休二日 #革命

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ