記事検索

フリースペース

白髪が急増する原因ってストレス?ビタミン不足?改善方法も知りたい

スレッド
白髪は主に体の老化が原因になり起こる体の変化だといわれていますが、年齢を重ねない限り起こる毛髪トラブルではないとイメージしている方はかなり多いとされています。しかし最近になって20~30代の女性で急に髪に白髪が増えてしまい、なぜこの状態になっているかわからないと悩んでいる方が増加しているのです。

通常白髪が起こるメカニズムというのは、元々人間に生えている毛髪は白く髪の毛を生成する毛母細胞にメラノサイトと呼ばれる色素細胞があることで、白い毛にメラニン色素がつくことで黒色になる仕組みとなっています。そのため若い世代の方で髪の毛に白髪が交じるようになってしまったという状態は、何らかの原因が作用してメラノサイトで髪がメラニン色素を受け付けることができない状態になっていると考えられます。

白髪には一時的にメラニン生成の活動を休止する休止型と、メラニン生成機能を大部分ないし完全に失われている欠失型白髪の二種類に分類されます。若い世代で白髪トラブルが起こっている場合、前者である休止型であることが大半なので、メラニン生成の活動を再開させることができれば再び黒く美しい髪が生えてくるようになるため、原因と対策を知り体質改善を行っていくことが重要です。

そもそも若白髪になってしまう原因の一つが、社会人や進学など環境が変わる時にかかるストレスなどが影響しています。ストレスは自律神経の乱れを引き起こす恐れがあり、筋肉の緊張や血管が収縮し結構負傷を引き起こします。血行不良は血液を通して供給されるはずだった栄養分が髪を生成する毛母細胞に行き届くのストップさせてしまうので、メラノサイトの働きが衰えて色素が定着する前に白髪の状態で生えてくるのです。

また無理なダイエットを行い、過度な食事制限をすることで体に必要とされる栄養が不足してしまうのも大きな原因といわれています。髪はタンパク質で構成されているため、ダイエットのために野菜を中心とした食事を行い、魚や肉類などを摂取しないでいると体の栄養バランスが崩れる原因となります。ダイエットは健康的な栄養バランスが良い食事が非常に大切になるため、タンパク質の多い牛肉や鶏肉、卵や白身魚などを食事に上手く取り入れるようにすることが大切です。

また睡眠不足も白髪の原因の一つといわれています。人が起きている時間は交感神経が優位に働いており、寝ているときには副交感神経が優位に働きます。交感神経は体を緊張状態へと導くため、寝不足になると気付かないうちに人の脳と体に大きな負荷とストレスをかけて血管を収縮させる恐れがあります。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ