記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

東電を含む6社の核燃料カバーで溶接不良

スレッド
2012年8月10日に報告され... 2012年8月10日に報告された燃料棒カバーの剥離状況(東電HD資料より)
2012年7月に東北電力女川原発3号機で、核燃料カバーの溶接不良が見つかった。
そのため、原子力規制委員会は原発保有各社に同様の不良の調査を指示。
その結果を今月公表した。
原子力規制委員会報告:燃料集合体チャンネルボックス上部の一部欠損に係る対応状況について

調査は、事故のあった福島第一原発と同じ沸騰水型炉を持つ
東電・東北電・中部電・北陸電・中国電・原電の6社の原発で行った。
そして、燃料集合体約3万2千体のうち、325体で溶接部の欠損が見つかった。
欠損品の割合は全体の1%で、6割は東電の原発からだった。

この結果に対し、東電以外の5社は問題の燃料を使わない措置を取る。
だが、東電は欠陥が大事故につながらないとして使い続けるという。

設計上の安全は、全ての設計条件を満たして製造される事で保たれる。
大事故につながらないと言うが、
これほど大量の燃料棒で不良が見つかる事自体が問題である。
他社と違う東電の甘い認識も、後で問題になっていくだろう。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ