記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

九州の出力制御は6日目に

スレッド
この秋、九州の電力は需要に対して供給が大きく上回った。
供給過剰で電力が不安定となるため、一部の再エネを遮断した。
この再エネの一部を遮断する「出力制御」は、6日目となった。
九州電力 でんき予報、ページ下方の「再生可能エネルギー出力制御見通し」参照

10月12日から天気の良い土日に太陽光発電の一部を遮断したが、
11月3日と4日の土日には風力発電の一部遮断にも手を付けた。
特に4日の再エネ遮断分は約120万kWと、大型原発1基分にもなるようだ。

九州はフル稼働の原発が約400万kW出力に対し、
太陽光は800万kW越え、風力も50万kWの設備が発電している。
再エネ固定価格買取制度が2012年にできて、僅か6年。
天候が良ければ、原発が長年かけ築いた発電量を凌駕するまでに至った。

まだ伸びる再エネ量をどう生かすか。
大型蓄電池の設置や本州との連系強化が望まれる。
九州が全て再エネで賄える日は、遠い未来の事ではなさそうである。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ