記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

揺れて漂う日立製作所中西会長の言葉

スレッド
経団連会長でもある日立製作所の中西会長の言葉が虚ろっている。
日立と言えば、英国原発新設計画の頓挫が記憶に新しい。
昨年末には、採算が合わないため、英政府に対し「もう限界だ」とも伝えている。

今年正月には年頭会見で原発稼働について触れ、
「全員が反対するものを無理やり作るのは民主国家ではない」と述べた。
原発推進派のトップの大きな転換だとの報道がなされた。

その同じ人物が、今度は1月15日の会見で、
「再稼動をどんどんやるべきだと思う、ただ自治体がイエスと言わないだけ」
との言葉を残した。

わずか2週間で変わる言葉の裏に、原発推進派の政府や行政の糸が透けて見える。
原発の重鎮と言われる人物なのに、まるで波に漂う木の葉の様ではないか。
その原発政策もまた、波に飲まれていく運命にあるというのに。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。