記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

現実味を帯びる、使用済み核燃料が原発を止める

スレッド
全国の原発に備え付けの燃料プールには、使用済み核燃料が蓄積されている。
廃炉原発の燃料プールを含めても、全体の7割以上が既に埋まっている。
原発の中でも、福島第一原発に保有の使用済み核燃料は多く、
1カ所で全体の15%もの燃料を抱えている。

稼働を目論む柏崎刈羽原発も8割方プールが埋まっている。
福島第一・第二の使用済み核燃料をどうにかできない東電は、
本来は再稼動の権利すら与えられない筈なのだ。

稼働中の原発も同様だ。
特に空き容量に余裕が無いのが、九電の玄海原発である。
既に8割が埋まり、このまま稼働し続ければ5年で満杯となる。
そのうえ廃炉の1号機プールを取り壊せば、即座に余りはゼロとなる。

今までは使用済み核燃料の3割を再処理のためと言い、
イギリス原子燃料会社(BNFL)やフランス核燃料公社(COGEMA)に送っていた。
だが、日本がプルトニウムを増やさない事を公約したため、もう送れない。

原発稼働で自動的に発生する核のゴミを処理できなければ、原発は止まる。
そしてその期限は、もうそこまで来ている。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。