記事検索

名古屋社労士三代目日記

http://jp.bloguru.com/ichiro

フリースペース

北の大地の少し手前の国々へ(その5)

スレッド
北の大地の少し手前の国々へ(そ...
盛岡に着いた夜の晩御飯は、夫婦ともに意見が一致。

“わんこそば”

ガイドブックを調べ盛岡駅前の“東家(あずまや)”に行きました。
そして、わんこそばのしくみもあまり知らないまま席に着き、
やっぱり思うことは、“日本酒が飲みたい”
地酒を頼み、目の前で進むわんこそばの準備。
そして、やってきた日本酒。
いざゆっくり飲みわんこそばを堪能しようとしたのですが・・・
すでにお給仕さんは戦闘態勢!奥さまも息子もそれに対応している。
完全に波にのまれました。

気付けば、食前酒のはずの日本酒が給水代わりとなり、堪能できる時間がない。
逃げる息子を追う父親。
息子も3歳の割にはしっかり食べ、1人前ぐらいは食べ切りました。
そんな息子を追い越し僕自身もお腹いっぱいになったころ、食後に流し込む日本酒もまた乙なものでした。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

北の大地の少し手前の国々へ(その4)

スレッド
北の大地の少し手前の国々へ(そ...
防寒着を着て寝た朝は暑さで起きました。
なぜだろう、名古屋の朝の方が寒い気がする。
たぶん防寒への家造りの意識が違うのだろう。
洗面台もトイレも、玄関でさえ暖かい。“北国”名古屋に帰るのが嫌になる。

そんな風に迎えた二日目は青森とさよならして「いざ!岩手“盛岡”へ!!!」
青森での裏の目的があったとすれば、この盛岡へ向かう道のりである。

そう、東北新幹線に乗ること!

大の新幹線好きの息子が喜ぶ顔が見たくて計画しました。
なかなか名古屋にいると東北行くには飛行機になるので、
東北新幹線に乗る事すらないので、いい機会でした。

降り立った新青森駅で待っていた“はやぶさ”に息子は大興奮!!!
短い乗車時間でしたが、外を見れば・・・ほとんどトンネル。
こんな事実は、乗らないと知らない情報ですね。

到着した盛岡駅では、“こまち”との連結シーンも見ることができ、
気付けば息子以上にカメラを連射する奥さま。
子供も興奮ですが、周りを見ればそれ以上に興奮している大きな子供たちがいっぱい。
なるほど!これもひとつのテーマパークだな。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

北の大地の少し手前の国々へ(その3)

スレッド
北の大地の少し手前の国々へ(そ...
友人の実家では、お姉さん夫婦に子供たちも来ていただいており総勢14名の大宴に。テーブルにはお寿司に刺身にから揚げなどなど、もうテーブルにのらないぐらいの御馳走!!
進むビール!止まらないお寿司!!会話が弾む名古屋弁と津軽弁!!!そして、襲ってくる横になりたい気持ち!!!!
けれど、ここで寝てしまったら夜が終わってしまうので、グッとこらえていた10時。
お姉さん夫婦も帰られたので、友人が五所川原の繁華街へ連れ出してくれると!!
吉報は寝て待てじゃないですよ!起きていてもやってくるのです!!(笑)

その繁華街は、こじんまりとはしており、お世辞にもきれいな街並みをは言えない。
しかし、歩いていると何だか楽しい。
もうこの感じ!!どこぞの“ねずみ王国”よりもワクワクが抑えきれない!!!!
道がくねくねしていて小路が多いからか、
道なりで看板が見えたり、交差点に出くわすたびキョロキョロしてしまう。
またチェーン店の居酒屋がないのも、この町の雰囲気に合っている!!
きっと繁栄もしないだろうが、10年後もこの感じが残っていそうで、無駄に発展され哀愁が消えていく我が町と比べると羨ましくもある。

その繁華街にある友人の友達がやっているバー“JAC IN”へ行き、8年以上振りにもなるサシでの飲み。気づけば、名古屋で飲んでいた時と変わらない雰囲気。懐かしさもあるが、普通にくだらない話をあの時のようにできる今の方が楽しい!!
そうこうしているとラーメンでも食べようとお店を出て二軒目“土心 牛舌の店”に。
小料理屋のようで、友人の友達の女性が一人でやっているとのこと。
まさしく地元の人が集うようなお店。しかし、ラーメンよりも牛タンが名物。
ここでも漬物にビールをあてがい、結局変わらない無駄話。
周りで飛び交う津軽弁も聞きなれた午前2時。
そもそもお互いラーメンなんて食べる気もなかったのかもしれない、
昔のように梯子酒をしたかっただけかもと思いを馳せ、お店の扉を開けると
旅行1日目も五所川原の夜と共に終わりを告げました。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

北の大地の少し手前の国々へ(その2)

スレッド
北の大地の少し手前の国々へ(そ...
夕暮れ近づく3時過ぎ。

昼ご飯を食べたばかりと言うのに、奥さま同士の会話から出てきた
“パンプキンシュー”という甘いキーワード。
優しい友人は買いに連れて行ってくれました。
とは言え、お腹いっぱいなので後から食べることに。

そんなこんなで、本日の宴が催される友人の実家“五所川原市”へ向かうことに。

途中、スーパーで買いだしのみするつもりが娘のおむつ替えに色々時間が掛かり、途中道も渋滞に。家族全員5時起きなのですが、ドライバー以外の家族はスヤスヤと。。。

そんなこんなで実家に着いたのは、6時手前。
まだまだ、時計はカウントダウンをし出すつもりがないのを一人寝ていない僕は気付く術もありません。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

北の大地の少し手前の国々へ

スレッド
北の大地の少し手前の国々へ 北の大地の少し手前の国々へ 北の大地の少し手前の国々へ
2年ぶりに訪れた北の大地の少し手前の国“青森”!
今回は、前回結婚式でお呼ばれした友人に子供が出来たのでお祝いを兼ねた観光旅行。
なんだか色んな予定を避けていたら冬の到来と紅葉が終わってしまった微妙な時期に。
それに、天気予報で見る青森は寒く、どんな服装をしていけばいいのかも迷いに迷ったのだが・・・
適度に冷えるぐらいで風もなく、寒くない!
全部気苦労で終わりました!

朝5時起きで弱った体にビールは入らないのだが、
最初に連れて来てもらった“小湊のハクチョウ渡来地”で、
楽しそうにパンをあげる家族を見て少し疲れが癒され、
車の中で白鳥の鳴き声を家族全員で真似をしていれば“浅虫水族館”に到着。
イルカのショーを見てたあとは、
青森まできて車中で仮面ライダーのグミを頬張りながら、
青森駅前の“帆立小屋”で帆立釣りを楽しみ昼食。
気づけば、3時手前。

けれど、まだこのときは1日の半分が終わってないことに気付くはずもありません。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ