記事検索

いつまでも起業家 Forever Entrepreneur

https://jp.bloguru.com/uchikura

フリースペース

1987年7月に Pacific Software Publishing, Inc. を米国ワシントン州にアパートの一室で設立、それ以降32年間米国での会社経営に携わってきました。

ニュースレター 3月28日

スレッド
http://www.uchikura.co http://www.uchikura.co http://www.opinionstand.com http://www.opinionstand.com
改革 - 改善 - 改良


日本語には「変化」に関連した言葉がいくつもあります。特にビジネスや製造業では、変化の大きさによって「改革」「改善」「改良」の3つの言葉が使い分けられます。この言葉、どれにも「改」という漢字が使われています。この漢字には「前のものをやめて新しいものに変える。あらためる。前のものがすたって新しくなる。あらたまる」「検査する。点検する」という意味があります。

改革
言うまでもなく改革は、革命を起こすように根本から何を新しくすることを意味しています。何か一部を良くするだけではいけない場合、改革が必要になります。

改善
この言葉は単純に言うと「悪い(劣った)ところを改めて、よくする」ことです。良くないこと、ボトルネックになる部分などを明確にして、その部分を良くする・新しくするということです。世界的にトヨタが kaizen という言葉で生産ラインの効率を良くすることを推奨しています。

改良
特に作り直す・入れ替える必要はないことでも、不十分なところを改めて、一層よくすることを改良と言います。これによって無駄を少なくしたり、効率をよくすることが目的です。

いまどれだけの問題を抱えているのか。それをどのようにして行けば良いのかを考えて必要な変更を行う必要があります。変更・変化は人が最も嫌うことなのです。そのために変化が大きければ大きいほど問題を大きくしたり、仕組みが崩壊するリスクがあります。変化を与えれば必ず良くなるという保証はないことを十分に理解して行われなければいけません。

日本は昔から、すでにあるものを良くするという文化と風習を持っています。ですから「改革」「改善」「改良」は決して新しいものではないのです。どんなによくできたものでも必ず「改革」「改善」「改良」の余地は残されているものです。ですから経営者はいつも何ができるかを考えている必要があるのです。「改革」「改善」「改良」のヒントは色々なとことにあります。しっかりと自社を評価できる経営者でいてください。

http://www.uchikura.co
#pspinc #bloguru #ブログル #内倉憲一 #valueproposition #kenichiuchikuranewsletter

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ