記事検索

tomokonakamuraのブログ

https://jp.bloguru.com/tomokonakamura

フリースペース

決断できないと、パフォーマンスが落ちる?!

スレッド
決断できないと、パフォーマンス...

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



自身のパフォーマンス(性能)を下げるものに、‘未完了’と言うものがあります。


‘未完了’とは、やろうと思ってやれていないこと。

「はい、終わり!」と区切りがついていないので、いつまでも心のどこかでモヤモヤ気になっているようなもの・・・


例えば、出かける前に玄関の蛍光灯がチカチカ点滅していたとします。

「替え、買って帰ろう」

と思って家を出たけど、忘れて家に帰ってしまう様な時。

玄関の電気を点けて「あっ!シマッタ!!」ってなるけれど、「ま、また明日・・」と。

でもその翌日も忘れて、これが永遠に続いてしまうようなこと。


大したことではなさそうなのですが、こう言う‘未完了’が何十、何百とあったらどうだと思います?


「なんか、やらなきゃいけないことが色々とあったはず・・・なんだったっけ?」

と、本来、目線を前に向けて行かなければいけないところを、心のモヤモヤの方に意識が向かってしまうって感じでしょうか。

だからパフォーマンスが下がるのです。


私はコーチなので、この辺のことは良くわかっています。

なので、常に未完了を完了していくべく、やるべきことをせっせと書き出し、せっせとこなしていっています。

だから、未完了はほとんどないと思っていたのだけれど・・・


実は決定的なことに気づいてしまったのです、今更ながら!!


未完了って、大きい物もあれば、小さい物もあります。

例えて言うならば、‘心の入れ物’の中に、石が入っているのを想像してみて下さい。

石には大きさがありますよね?

かなり大きめのものから、中ぐらいのもの、小さいものまで。

それらが心の中に入っているのだけど、私が完了していってるのは小さい石ばっかり。

簡単にこなせるから、小さいものはどんどん片付けられるのですが、空き容積はそんなに増えません。

勿論やらないよりはやった方がいいのですが、大きいものも片付けていかないと、いつまでたっても心の‘空き’が増えないのです。


そして私の場合、その完了しにくい大きな石って何なのかがわかってしまいました。

それは、「決断できないこと」。


緊急を要するものではない、でも重要で、決断するのに多少面倒くささを感じる様なもの。

また、それを進めていくことで、今の生活の流れが変わるのでは・・と思われるもの。

人間って、今の状態に留まることが楽ですからね。



で、私に関していうと、

■お金がかかること

■今後の人間関係に関わること

などが決断しにくいことに当たったりします。


結局そのことを色々と考え過ぎて、結論が出せず、

「もう少し時間を置いてみるか・・・」

と放置することがあったりするのです。


そう言うのが溜まりに溜まって、今私の首を締めあげています。

決断の先送りで、結局、水路の出口が詰まってしまって、水が流れ出ない!って感じでしょうか。


そうか~(汗)


と言うことで、ここのところいくつか大きめの未完了を強引に決断して、水がスムーズに流れていくようにしているところなのですが。



決断しても、いつまでも「あの決定で良かったのだろうか・・」とウジウジ悩むこともあるけれど、取りあえずこの案件について「どうしよう、どうしよう・・」と何カ月も引きずらないことも確かですね。



まぁ、何でも決断できると思っていた私が、こんなに決断できない人間だったのだと気づいたのも一つの収穫かな?とも思いますが。

(お店に入って何を食べようか?とかは、簡単に決断できるのだけれど、損得勘定が働くときとか、人間関係が絡む時とかは、決断しにくくなるのがわかったのです)



皆さんの中にも決断できにくい人っているのでは?

いえいえ、仕事では決断できても、プライベートな案件は決断できず、後回し・・と言う人もいるかと思います。

でもそれは、紛れもなくあなたのパフォーマンスを下げるもの。


何について決断できているのか、できていないのかをはっきりさせて、どうすれば決断できないものができるようになるか、考えてみた方がいいかと思います・・









************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

部下や、チームメンバーに自分の伝えたいことが伝わらないのは、‘本当に伝えたいこと’と‘言葉’が一致していないから

スレッド

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



部下や、チームメンバーに何かを伝えた時に、「伝わってないなぁ~」って感じることはありませんか?


「何なの、この子・・・!」

と、あなたは思うかもしれませんが、原因は目の前の‘この子’ではなく‘アナタ自身’にあるのかもしれません。

と言うのも、伝わる様な伝え方をしていない可能性があると言うことです。


そこで今日はそこのところをお話しようと思います。




コミュニケーションには言語的なものと非言語的なものとがあるのですが、実は言語より非言語の方が重要だったりします。

ほら、「メラビアンの法則」って聞いたことありませんか?

話者が聴衆に与えるインパクトには、3つの要素があり、それぞれの影響力を具体的な数値で表した法則。

視覚からの情報が55%、聴覚からは38%、実際の話の中身は7%・・・というものです。

これによると、話の中身よりも言い方が大事だと言うことがわかるのですが、具体的な例で言うと、怒った表情をしている部下に、「何、怒ってるの?」と聞いたところ、「別に、怒ってなんかいません!」と、益々目を吊り上げて言われたことってありません?


さぁ、果たしてこの部下は怒っているのでしょうか?怒っていないのでしょうか?


答えは・・・



「怒っている」ですよね?どう考えても。


実は非言語(表情や視線、声のトーン等)は‘本質的’なのです。

隠そうと思っても隠せない。

だからごまかしが利かないので、コミュニケーションにおいて重要な要素なのです。


そして、言語の方はどうかと言うと、こちらは思ってないことも言えるわけですよね?

怒っていても「怒ってない」と言えたり、好きでもないのに「好き」と言えたり、悲しいと思っていても「悲しくない」と言えたり・・・


だから、部下に何かを伝えた時に「伝わってないな」と思う時は、自分の発言(言語)と言い方(非言語)が一致していないと考えられるわけです。

と言うことは、発言と言い方を一致させるだけで、相手には伝わりやすくなると言うこと。

世の中には他人の表情から心情を読みとる力が弱い人もいるけれど、だったら尚のこと、表情だけでは伝わらないのだから、伝える側が自分の気持ちと言葉を合わせるのが大事。

そうすれば‘自分の伝えたいこと(本質)を伝えられる’。



自分自身に正直になって、本質と、発する言葉を一致させるのって大事です。。。












************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

部下とのより良いコミュニケーションは、‘関係性’を考慮する必要がある

スレッド
部下とのより良いコミュニケーシ...

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


今日は、部下とのコミュニケーションについて、上司として押さえておかなければいけないことをお伝えしたいと思います。




一般的にコミュニケーションとは‘情報の共有’なのですが、対人関係において考えなければいけないのは、その‘関係性’。

要は自分と相手の関係性もコミュニケーションには大きく影響すると言うことです。

わかりやすく言うと、関係性とは友人や身近な人と主に築かれる‘ヨコの関係’と、上司-部下、教師-生徒と言った‘タテの関係’のこと。


その中で、‘ヨコの関係’は基本、対等な立場。

これは双方向のコミュニケーションなので、比較的やりとりがしやすく、活発化しやすいので、コミュニケーションのギャップも埋めようと思えば埋めていきやすいと言えます。

あ、あくまでも‘タテの関係’と比べて・・ですけど。



一方、‘タテの関係’は上下関係。

役割がはっきりしていて、単方向なコミュニケーションになりやすいものです。

上の立場の者は下の立場の者に一方的に言うけれど、下の者は自由にそれについて意見を述べる、反論することはできない構図。


この関係性から情報が正しく共有されないということも考えなければいけないと言うことです。


上の立場、すなわち、上司は、いわゆる‘権力’を持っています。

また、‘自由がきく’とも言えます。

ただし、その分、‘責任’も負っていますが。



反対に下の立場の人(=部下)は、‘権力’も‘自由’もありません。

もちろん、‘責任’も。



こういうことも踏まえてコミュニケーションを取るとした場合、上から下へのコミュニケーションにおいて、上司は振る舞いが自由にきくわけで、だからこそ、簡潔で明瞭な説明が必要であり、できるということ。


実は人は、言葉よりも表情や雰囲気と言った‘非言語の情報’でコミュニケーションを取っています。

例えば、部下を威圧する雰囲気で、「なんでも言っていいから、言ってみなさい」と言ったり、イライラした態度をあからさまに出しながら「私、怒ってないから」と言ったり、態度と言葉が違うこと(ダブル・バインド)をすると部下は混乱してしまいます。

こういうことが起きないようにするためには、自由に表現できる上司が気をつける必要があるわけです。



また、上司は部下の非言語を読み取ることが難しいと言えます。

なぜなら、部下は自由ではないので、気持ちを表出させてこないから。

わかっていないのに、わからないと言葉にして言うことも、表情に出すこともできない。


と言うことは、上司は、部下の気持ちを汲み取るのは困難で、意思疎通が難しくなるということ。



反対に下から上へのコミュニケーションにおいて、部下は上司を読み解くのは簡単なのです。

なぜなら、上司は自由だから、表情や言動に何を考えているかが出てしまうわけです。

機嫌がいいとか、イライラしてるとか・・ですね。


だからこそ下から上へはフィードバックをするのがいいのです。

私はこう感じているとか、こんな風に思うとか、‘口に出してしっかり伝える’。

そうしなければ、コミュニケーションギャップは埋まらないのです。


但し注意しなければいけないのは、上司は‘責任’を負っているので、部下からのフィードバックを受けたからと言って、それをすぐ採用するほど柔軟な立場ではないということ。

だからと言って何も言わずにいると、何も変わらないのも事実。




会社でのコミュニケーションでも、「上司が部下の方に歩み寄ってやらなければいけない」と言うのは、こういうことなのです。

部下がフィードバックしやすいように振る舞いや伝え方等を変えることができるのは、「権力を持っているからこそ自由に表現できる上司」の方だから。




いかがでしょう。

あなたは‘関係性’を分かった上で、部下とより良いコミュニケーションを取っていますか?








************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

自分の伝えたいことを、きちんと伝える方法

スレッド

こんにちは!


パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



私のコーチングのクライアントさんには、部下を持つ方が多いのですが、そんな方々から良く聞くのは、「部下が全く理解してくれない!」と言う言葉。

頭から湯気を出すぐらいカッカきている人もいますが、私としてはそこもサポートしていかなければいけないわけで。


このブログを読みに来て下さる方の中にも、部下に自分の言うことを上手く理解して貰えていないと感じている方もいらっしゃると思うので、今回は‘伝わる’コミュニケーションのポイントをお話しようと思います。



まず、コミュニケーションとは、相手あってのこと。

で、良く言われるのが、「言ってることが、(相手に)ちっとも通じない!」と。

ここで押さえておきたいのは、コミュニケーションにおいての‘責任’は相手と自分、五分五分だということです。


自分が伝えたいことが伝わらなかったとき、普通は相手を責めるのですが、実はこちらにも半分責任があると言うことなのです。

勿論、相手の聞き方、理解力がないと言うこともあるのですが、こちら側も伝え方が悪いかもしれないと言うわけです。

本当に‘相手に通じる言葉で’、‘わかって欲しいことをわかりやすく’伝えられているか?

ここが、大事なのです。


では、伝える側として、どうすれば自分の責任を果たせられるかと言うと、

①伝えたい内容を明確にしているか

②伝わる方法で伝えているか



結構①があいまいな場合があるのです。

自分が本当に伝えたいことは何なのか?

これを明らかにして、コンパクトに伝えないと、相手には伝わりにくいし、自分自身も結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

長々と言えば言うほど、お説教になるので、核心は伝わりません。

だから、誰かに何かを伝えたいときは、‘自分が本当に伝えたいポイントを絞る’ということが大事。



②は相手に対し、尊大な態度もしくは、へりくだった態度で伝えたりと、言葉と態度が違ったりすることで、伝わりにくくなってしまうと言うことです。

何か止めて欲しいなどの頼みごとをしたいのに、相手に遠慮してヘラヘラ笑みを浮かべながら伝えると言うことを、もししているのなら、相手にはどう伝わるでしょうか。

「そんなに大したことではないんだー」と言う感じで伝わるかもしれません。


また、偉そうにガンガン上から押し付ける言い方で伝えた場合、いくら言っていることが理屈では正しくても、言われた方の気持ちとしては「絶対、止めてやるか!」と言う反発を起こさせることにも繋がりかねません。




まとめると、コミュニケーションの結果においては、お互いに責任があり、伝わらないのは相手が悪いのだけではなく、こちらも伝わるように伝えているかを考えていく必要があると言うこと。




あなたは、自分の伝えたいことをちゃんと伝えられていますか?













************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

コミュニケーションが上手く取れない部下とは…

スレッド

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




少し前の話です。

東京へ研修を受けに行ってきました。

その間、一緒に研修を受けている友人と夕食をすることがあり、その時話をしていて面白い発見があったので、ご紹介をしようと思います。




人が何かを‘理解’するとき、誰もが自分の理解の仕方が普通だと思っていると思うのですが、実は人によってずいぶん違うらしいと言うことにその時気づきました。

と、いうのも、その友人は非常に感覚的な人らしく、‘言葉’ではなく、雰囲気とかエネルギーとかと言うもので、相手の言いたいことがわかったりするらしいのです。


「理解するって、言葉のやりとりでするもんじゃないの?」

と言う私に、

「言葉にならないところは、心の奥でキャッチできるのよ。

 私はナカムラさんには、言葉にしなくても
 ものすごーく理解してもらえていると感じてるわ。

 だからナカムラさんは、
 言語的な方としゃべっても、感覚的な方としゃべっても
 理解できる人なんだと思う」



そ、そうなの...?



「そうよ。

 ナカムラさんは、感覚派でもあると思うよ」



うーん、意外な指摘。

だって、雰囲気を感じるとかそういうのって、私には全くない能力だと思っていたのですもの。

ただ、だからと言って、言葉で的確に自分の思いを伝えたりするのって、難しいと感じていたし、ガチガチの言語で何かを言われたりしても、言っている意味がイマイチわからなくて、私って低能なんだ…って思うことも多々あったりはしたりして。


そうか、私にはそういう能力もあったのか!



何が言いたいかと言うと、どうもこういう風に、自分が予想もしない方法でコミュニケーションを取っている人が世の中にはいるということなのです。

そう思うと、例えば職場で上手くコミュニケーションが取れない部下がいたとした時に、ただ単に、ラポールを築くためにやる方法(ペーシングとか)と言うのは、物凄くうわべなやり方であると言えるわけで・・・


話がイマイチ通じないなーって思う相手は、あなたとは違うタイプの理解の仕方をしているかもしれないと疑ってみるのも、相手を理解する一つの手かもしれないということを覚えて置いて頂ければと、このブログを書きました。。。。











************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

今の人生は、潜在意識が望んだ結果

スレッド
今の人生は、潜在意識が望んだ結...
こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


先日、アシスタントとしてNLPと言う心理学のセミナーに参加してきました。

NLPでは、潜在意識がいかにパワフルであるかと言う話をするのですが、この潜在意識、いくら頭で「あれをしたい、これをしたい」と思っていても、自分自身の安心安全を確保するために作動するので、頭でやりたい!と思っている方向に必ずしも行くとは限らないのです。

いや、むしろ、行かない場合の方があるということ。

それほど、安心安全を求める潜在意識の力は強いのです。


例えば、「結婚したい!」と思っている人がいたとしても、潜在意識がそれを‘危険’と認識するならば、結婚する方向には進ませないって感じでしょうか。(性的虐待を受けたり、異性からひどい言葉をかけられて、異性は怖いものだというものが、潜在意識の中にあったりする場合がこれに当たります)




で、今回トレーナーが言った言葉にドキッとさせられました。


「みなさん、潜在意識の力はどこを見たら
 簡単にわかると思いますか?」


うーん、なんだろ・・・

感情が揺れる時?

なんとなく不快な気持ちがする時に、潜在意識の力が働いているとわかるのかな・・・


「答えは・・・

 皆さんの今の状態です。

 今の皆さんの人生は、潜在意識によって
 作られたものなのです」



ショック!!

だって、今の人生に満足してます?

満足していれば、潜在意識と自分の望んだ人生とが合致しているんだと思いますが、そうでなければ、望んでもそちらの方向に行けていないってことです。



今の人生は、潜在意識が望んだ結果。



あなたは、今の結果に満足していますか?











************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

当たり前のことなんて、ないのです...

スレッド
当たり前のことなんて、ないので...

こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


先月末に突然動かなくなった自宅の給湯器。

その交換が、やっと終わりました。


その間、お風呂は銭湯に行ったり、仕事で事務所に行った時にそこで入ったり・・・(ちなみに事務所はマンションなので、浴室があるのです)

また洗顔時は、キッチンでお湯を沸かし、洗面所で水で適温にしつつ使うと言う‘昭和な生活’が二週間程続きました。


でも、給湯器を換え、顔を洗う時、蛇口をひねるだけで自然とお湯が出る・・・

なんと有り難いことなんでしょう。


考えたら、私が子どもの頃には、蛇口をひねって簡単にお湯って出てましたっけ?(年がバレますね 笑)



そう思うと、結構当たり前になっているものが周りにあることに気づきました。


不便になって初めてわかる、文明の有難み。


そう言えば、最近、体調も思わしくなく・・・

だからこそ不具合が起こってから初めてわかる、健康の有り難み。




今回のことって、これを私に教えてくれるためのことだったのか・・と、シミジミ感じます。



皆さんも、当たり前だと思っていることに目を向けてみませんか?

この世がとても有り難く、深いものに見えてくると思いますよ。。。








************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

体験セッション 無料キャンペーン中!

スレッド
体験セッション 無料キャンペー...
こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


通常は有料なのですが、現在、体験セッションの無料キャンペーン中です。

コーチ探せるこちらからのお申込みに限り、2月3日~9日までの一週間行っております。


この機会をお見逃しなく^^









************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ