記事検索
  • ハッシュタグ「#毛穴の開き」の検索結果1件

フリースペース

乾燥肌を改善・予防するスキンケア成分とスキンケア方法

スレッド

乾燥肌の原因と予防改善するためのスキンケア



健康的でみずみずしいお肌を守るには、肌の保湿力を低下させないことです。

たとえば、肌の内部で網目状に広がることで、水分を逃さないようにするコラーゲンやエラスチンです。

また、自らがスポンジのように水分を吸収して保持するヒアルロン酸や、肌細胞の隙間を埋めることで水分の蒸発を防ぐセラミドなどもあります。

お肌で保っていきたい水分が足りなくなると、乾燥しやすくなり、肌荒れの要因になってしまいます。

肌に十分な水分を与え、保湿に役立つ成分を浸透させることが、乾燥予防につながります。

肌に十分な水分が補われていれば肌の乾燥予防になりますし、しわやしみ対策効果も期待できます。

洗顔が終わったら、顔の皮膚が乾燥しはじめる前に気前よく化粧水をつけることが重要になります。

化粧水のほとんどは水分ですし、さらにヒアルロン酸やセラミドも配合されているので、肌が潤った状態になります。

特に乾燥肌となりやすい目元や口元には、コラーゲンが配合された美容液も使用します。

保湿力の向上は、お肌にしっとりとした弾力を与える作用もありますので、肌を柔らかくしたいという人にも向いています。

せっかく肌に施した水分や保湿西武が蒸発して逃げていかないように、仕上げにクリームをつけて油分によるフタをします。

乾燥肌対策を望んでいる人は、スキンケアのやり方を根本的に変えるといいかもしれません。


乾燥肌を改善するスキンケアのポイント



日々のスキンケアをきちんと行うことが、乾燥肌予防の鍵を握ります。

乾燥肌に悩む人がスキンケアをする上で大切なことは、これ以上乾燥を進行させるようなケアをすることです。

洗顔や化粧品でのスキンケアをしていると思いますが、もしかしたらそのスキンケアが乾燥肌を進行させている可能性があります。

ポイントは保湿ケアをすることで、いま一度スキンケアの方法を見直してみましょう。

肌に残った皮脂やメイク汚れは、毛穴をつまらせたり、酸化をして肌にダメージを与えるので、肌を清潔に保つことは大切です。

ただし、洗顔のし過ぎは肌をより乾燥させてしまうことがあります。

肌には一定の油分が必要だからです。

乾燥肌にならないように洗顔をするには、肌をこすりすぎないことも大事です。

ゴシゴシ洗うと肌の水分蒸発を防いでいるバリア機能が低下をするので、肌をこすらないように洗いましょう。

長時間の洗顔は必要な潤いを失う原因になるので、洗顔は1分以内で終えるようにします。

すすぎに使用するお湯の温度が高いと、肌に存在する潤い保持成分が洗い流されてしまうので、すすぎには35℃程度のぬるま湯を使用します。

洗顔後には化粧水やクリームなどでスキンケアをしますが、乾燥肌がひどいなら、より油分が多いクリームを使用するとよいでしょう。

水分不足の肌は刺激に敏感になっていますので、化粧を施す時も肌に負担をかけすぎないようにしてください。


乾燥肌におすすめのスキンケア成分と肌に優しいスキンケア方法



保湿成分が配合された基礎化粧品でのスキンケアが乾燥対策には効果的ですが、重要な成分にセラミドがあります。

お肌への保湿効果のある美容成分にもいくつかありますが、乾燥肌に対してはセラミドが効果があります。

細胞同士の境にすき間ができないようにセラミドがぴっちり覆ってくれることで保湿性能が高まります。

乾燥肌の原因に、肌のバリア機能が低下して水分が蒸発しやすくなり、お肌の水分をキープできなくなることがあります。

基礎化粧品に配合されているセラミドには何種類かがありますが、ヒト型セラミドが特に有効といえます。

人間の肌にあるセラミドとよく似た構造を持っているヒト型セラミドは、保湿能力の高さが評価されています。

ただし、自分のお肌に合ったスキンケア化粧品を適切に使っていない限りは、セラミド入り化粧品でも効果は得られません。

乾燥肌の原因に、手のひらが顔の皮膚をこすって摩擦を起こしてしまうことがあります。

皮膚は繊細なので、ゴシゴシこすらにいようにしましょう。

手で皮膚をこすると肌トラブルの原因になりますので、スキンケアをする時はそっと触るようにします。

化粧水をコットンにしみ込ませてスキンケアをする人もいますが、けば立ったコットンで肌を傷めないようにすることてす。

保湿成分を配合した化粧水を手のひらにひろげ、顔全体に押し当てるようにすることで、肌に優しいケアができます。

日々のスキンケアを工夫することで、乾燥肌予防をおこなうことが可能になります。
#乾燥肌 #毛穴の開き #スキンケア

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ