記事検索

ブログスレッド

  • Forest Aesthetics 森林美学 若い枝葉

Forest Aesthetics 森林美学 若い枝葉

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




面白いことに
大木の若葉が
なにも枝先だけに繁るということはないのであって
こんなところで葉を開いても
ろくすっぽ光もあたらないだろうというような
やたら太っちょな幹の下方に
ふいと若葉が萌えることがある
ふつうならばこれがそのまま育つということもないのだろうが
実はこの大木が病に罹っていて
もうすぐ途中から幹折れしたらどうなるのだろう
あるいは明日の夜に雷が落ちて
上半分が消失したとしたらどうなるのだろう
不測の事態というものを
大木は常に憂いているのか
あるいは
大木の意思に反するはねっかえりの若枝が
あやふやな可能性だけを信じてはじけただけのことなのか








ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ