記事検索

がんサロン〜はなうめ日記〜

https://jp.bloguru.com/hanaume
  • ハッシュタグ「#がん」の検索結果200件

ひとり暮らしのカフェタイム〜救急車の呼び方〜

スレッド
ひとり暮らしのカフェタイム〜救...
半年に1回、ひとり暮らしの方を対象の時間をもっています。
白山野々市広域消防本部の救急救命士、中西真一さんをゲストに「救急車の呼び方」というテーマでお話いただきました。

今日特にみなさんにお伝えしておきたいポイントは2つ。
ひとつめ
不安だったり辛かったりして、迷ったら、救急車にお願いするかどうかを含めて相談するために119に電話をする

「これは救急車を呼ばないと」と決められる時は良いのですが、「このくらいで呼んでいいのかな?」と判断に困る時は119に判断を委ねることができると思うとちょっと気持ちが楽ですよね。


ふたつめ
お名前、生年月日、かかりつけ医、持病を記載したものをわかりやすいところに準備しておく

そしてはなうめ療養手帳をみていただきましたが、こういう情報があるととてもありがたいということでした。

的確に判断・処置をして搬送できるということです。
わかりやすいところ、というのもポイントですが、そういう情報がわかるものがないか、玄関やリビングを探すこともあるということですので、いつも持ち歩くカバンに入れて、そう言ったところに置いておくとかでしょうか。

そういえば、職場や近隣の信頼できる人に、療養手帳を持っていること、救急隊にお世話になることがあったら、この手帳を見せて欲しいと伝えてあるという利用者さんもいらっしゃいます。

中西さんからは
『1番伝えたいのは、
悩んだら救急車を呼ぶということ。
救急車を呼ぶことで、患者さんだけでなく家族も助けることができます。
遠慮なく救急車を呼んで、1秒でも苦痛や不安を軽減してください』
というメッセージをいただいています。

今日のポイント、頭の片隅にちょこっと置いておいてくださいね。






#がん #がんと暮らし #がんサロン #ひとり暮らし #ひとり暮らしのカフェタイム #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

やったことない事を手芸部でやってみる〜加賀友禅の絵付け体験〜

スレッド
やったことない事を手芸部でやっ... やったことない事を手芸部でやっ... やったことない事を手芸部でやっ... やったことない事を手芸部でやっ...

手芸部は月に2回ですが、そのうち1回はなにか教えていただくというスタイルになっています。

いつもの自分たちの発想を、ちょっと飛び出す機会になればいいなと思っています。

今月は加賀友禅の絵付けの手法を用いた、タペストリーをアトリエ淑々庵の加賀友禅作家、中西淑子さんに教えていただきました。

今回はアクリル絵の具を使っての体験。
糊を置いた図案に加賀友禅らしいぼかしを入れた色を重ねて、それだけでも十分美しいと思っていましたが、糊を落として、白い線が浮き出ると本当に綺麗で、見慣れた加賀友禅の絵になりました。

加賀友禅は金沢に暮らすものとしては馴染みのあるものですが、地元民にとっては、意外と体験したり、その工程や歴史について伺う機会はなく、なかなか新鮮な体験だったと思います。

それにしても、みなさんとても綺麗な作品に仕上がって、うっとりしてしまいます。



#がん #がんサロン #伝統工芸 #加賀友禅 #手芸部 #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

虹をみた会9月と10月は火曜日開催

スレッド
虹をみた会9月と10月は火曜日...

虹をみた会は再発や転移を経験した方の時間です。
いつもは水曜日に医療ソーシャルワーカーを交えて、あれこれとお話しするのですが、
4月と10月は火曜日に開催して、龍澤所長と家族を見送った経験のあるピアサポーターを交えて開催しています。

治療のことや緩和ケアのことなど、小さな集まりで聞く機会にもなりますし、逆に皆さんのお話をきひたすら聴くだけの時もあります。

昨日は初参加の方や調子久しぶりのかたもいらして、緩和ケアのことや治療の後の生活のことなど、具体的な話題がたくさんでました。


来月はまた第3水曜日の開催です。
例えば昨日だと、オンライン4名、来所3名にスタッフで、
具体的なお話をするのにちょうど良いサイズ感でやっています。

ここでなら話してみようかな?
ということがあるかも知れません。







#がん #がんサロン #自分のために自分でできること #虹をみた会

ワオ!と言っているユーザー

くるみママのつぶやきコーナー

スレッド
くるみママのつぶやきコーナー
今日のくるみカフェは、
おもしろ科学実験教室「使わなくなったCDを使って光を虹のように分けてみよう!」
でした。

最近は、引きこもり生活が続き、空を見上げる機会もなかなかなかなくて、最後に虹を見た日が思い出せないくらい遠い日のように感じます。

水やりをしている時に、たまに瞬間的に虹を見ることがありましたが、虹ができる条件なんて考えたこともなかったし、知りませんでした。

それに、絵の具の足し算と光の色の足し算は全く別物で、絵の具は足すほど黒に近く、光は足すほど白になることにもビックリしました。

子ども達も夢中になって工作し、大人達も初めて手に取る分光器に夢中になり…
キラキラした虹色の光に触れながら、いくつになっても新しいことを知る喜びと感動に、改めて気づかさせてもらった1日でした。
講師のくるみ代表山崎さん、今日は貴重な機会を本当にありがとうございました😊

後半は、はなうめ青年部のお兄さんお姉さん達が幸運にも飛び入り参加してくださり、我が子達がこれから思春期~青年期に向かう中で、参考になる話をたくさん聞くことができました。
親はいつでもどんな些細なことでも、心配しすぎてしまうものですが、青年部の方達、そんな親の思いをウザがるほど、みんな頼もしいくらいしっかりしていて、その姿が本当に複雑に感じつつも嬉しかったです😊
親の心子知らず…万歳です。元気に楽しく生きてくれることが一番です❗️
と、自分に言い聞かせ、静かに耐えていこうと思うS未でした。


#aya世代 #がん #がんサロン #くるみカフェ #小児がん #自分のために自分でできること #青年部

ワオ!と言っているユーザー

はなうめでキャリアコンサルティングを受けることができます!

スレッド
はなうめでキャリアコンサルティ...
厚生労働省受託事業石川キャリア形成サポートセンターのサービスを利用して、はなうめでキャリアコンサルティングを受けることができます。



キャリアコンサルティングとは…
一人ひとりに寄り添い、主体的なキャリア形成をサポート
労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。
(中略)
キャリア形成支援の専門家であるキャリアコンサルタントとの面談を通じて、自分が置かれた状況、与えられた役割、働き方や働く意味・目的など、多面的に自己理解を深め、節目ごとにキャリアを充実するためには何が必要かを考えていきます。
ーキャリア形成サポートセンターホームページよりー




がんという人生の節目に、自分の体調や治療のスケジュールなど自分の置かれる状況や働くことの目的や意味といった価値観が変化したかもしれません。
また、自分の‘つよみ’が何なのかを見失ったり、‘興味、好きなこと’をあきらめてしまうかたも少なくないと思います。

はなうめでは、8月のがんと暮らしのカフェタイムで、
ジョブカードを使って自分の興味やつよみを知り、キャリアコンサルタントと一緒に、これからの「はたらく」について考えました。

実は、この時の参加者さんを中心に何人かの方にはキャリアコンサルティングを体験していただいていますが、「これまで」「いま」「これから」のことを整理するプロセスで、得意なことや本当は好きなこと、チャレンジしたいことを思い出し、背中を押されるような体験をされているようです。



特に相談日は設けず、その都度キャリアコンサルタントとの日程を調整します。ご希望の方はスタッフまでお申し出ください。


#がん #がんと仕事の相談タイム #がんと暮らし #がんと暮らしのカフェタイム #がんサロン #キャリアコンサルティング #ジョブカード #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

はなうめの聞き書き文庫11人22作品になりました✨

スレッド
はなうめの聞き書き文庫11人2...

今年の聞き書きサポーター養成講座受講生による聞き書き集と、講師の天野先生とスタッフ木村単独作品を、昨日語り手のHさんにお渡しすることができ、晴れて聞き書き文庫にこの3作品が加わって、はなうめの聞き書き文庫が22作品になりました。

「がんってこんな病気」「こんな声があります」ということも大事ですが、
実際に経験している方の体験談として聞くこと、
さらに、聞き書きのように、その人の人生のひとつとして聞いて、それが残っていくことの意味も大切に扱ってゆきたいです。

時々「聞き書き読ませて~」とふらりと静かに読んでゆかれる、聞き書きファンも実はチラホラと…
お時間作って、ぜひ静かに読みにいらしてくださいね。





#がん #がんサロン #聞き書き #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

薬局にも得意分野がある✊

スレッド
薬局にも得意分野がある✊ 薬局にも得意分野がある✊
今月の薬剤師さんと仲良くなろう!では、若葉らいふ薬局の薬剤師、丸一泰雅さんをゲストに、開局薬局の役割について教えていただきました。

在宅医療で薬剤師さんはこのようなことをしています。
・処方箋の調剤
・状態に応じた調剤(一包化、粉砕調剤、麻薬調剤など)
・医薬品・衛生材料を供給
・服薬指導・服薬支援服薬管理状況のモニタリング
・副作用等のチェック
・在宅担当医への適切な助言、処方提案
・残薬管理
・医療福祉関係者との橋渡し

その一つとして、点滴や医療用麻薬を自宅で投与するためのポンプも見せていただきました。
最新のものはコードレス化が進んでいたりして、とっても軽くて小さい!

それから、今日のいちばんのポイントは、薬局ごとに得意分野があって、こういった機器がどの薬局でも使えるわけではないと言うこと。

処方箋を調剤することに特化しているところもあれば、
小さな町の薬局で細やかにコミュニケーションをとってくれるところ、
らいふ薬局のように在宅医療で高度な薬剤管理をしているところもある。
認知症の患者さんに慣れているところ。
整形外科が得意なところ。
よく利用するドラッグストアだとポイントが溜まって便利ということもあるかもしれません。

また
・健康サポート薬局
・地域連携薬局
・専門医療機関連携薬局
という都道府県で認定した役割もあります。

例えば若葉らいふ薬局は、この専門医療機関連携薬局の認定を受けていて(全国で45施設しかない!)、がんなど専門的な薬学管理が必要な利用者に対して、他の医療提供施設とも連携を行いつつ、より高度な薬学管理や特殊な調剤に対応できる薬局ですという認定を受けているそうです。

丸一さんに具体例を聞いてみました。

・分子標的薬の皮膚症状のある方にテーピングを指導した
・医療用麻薬で痛みのコントロールをしている方に、頓服の飲み方を電話で助言し、かかりつけ医に報告した
・逆流性食道炎のある方に処方があり、後日電話で症状を確認したところ全く改善されておらず、かかりつけ医に処方内容の提案をし変更してもらったところ、症状が改善した


専門的な知識をもって、かかりつけ医に交渉してもらえるのはありがたいですね。

もし、薬局で細やかなフォローがあるといいなと思ったら、いつもの薬局でそういうことに対応してもらえるか確認してみてください。

例えば、「何かあったら相談を」と言われても、何で相談して良いかわからないと思いますが、受診と受診の間に薬剤師さんから電話があればちょっとした変化も話しやすいということもあるかもしれません。

まだまだ利用者の立場からは分かりにくいのも課題ですが、実は開局薬局にも得意分野がいろいろあって、利用する側が選ぶことができる!というのが今回の学びでした。




#がん #がんサロン #医療機関連携薬局 #自分のために自分でできること #薬剤師さんと仲良くなろう #薬局

ワオ!と言っているユーザー

感染予防についての掲示をリニューアル

スレッド
はなうめに入室前に確認したいこ... はなうめに入室前に確認したいこととやっていただきたいこと。 はなうめで気をつけている主なこ... はなうめで気をつけている主なこと。 利用者さんも一緒にやってほしい... 利用者さんも一緒にやってほしいこと。

新型コロナウイルスとのお付き合いも1年半を過ぎて、気をつけなきゃいけないことは、みなさん身についてきたと思うので、利用者さん向けの掲示もリニューアルしました。

やってることも、お願いしたいことも全く変わらないのですが
「これ禁止!」「対策やってます!」
みたいなニュアンスを、すこ~し柔らかい感じにしてみました。

最初は物々しく感じたマスクや手洗いも、どなたも自然に身についていますし、
自然にルールが守られた上で、おおらかに過ごしていただきたいなと、ささやかなステップアップの気持ちです。

どうでしょう✨




#がん #がんサロン #感染対策 #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

音楽でつながる

スレッド
音楽でつながる

ミュージックタイムは、その時の参加者さんの顔ぶれや、コンディションによって歌う歌も変化します。
今日は久しぶりにでました!
ド演歌です!

恵寿金沢病院のがんサロンこもれびさんが、オンラインでミュージックタイムに参加してくださいました。
担当者さんからは「30分以上は参加できないかも」と伺っていましたが、
聞こえてくる音に誘われて、参加してくださった方もいらしたようで、
うたのリストを出すと、唱歌や演歌などリクエストもたくさん。

担当者さんもびっくりしておいでました。

コロナ禍でご家族にも会えず、治療をがんばってますもんね。
ほんのひと時でも楽しんでいただけたようで、私たちも心が温まりました。



#がん #がんサロン #ミュージックタイム #自分のために自分でできること

ワオ!と言っているユーザー

がんと暮らしのカフェタイム~今年度後半のプログラムが始まりました~

スレッド
今月のテーマは治療費の負担が心... 今月のテーマは治療費の負担が心配なときの公的制度編。 主に高額療養費制度! 主に高額療養費制度! がんと暮らしのカフェタイム~今...

がんと暮らしのカフェタイムは6回シリーズを年に2回、繰り返し行っています。
何度も参加されている方も「毎回新鮮」とおっしゃっていますが、
特に、最近がんの療養がスタートしたという方、

ホンネを言うと全ご本人とご家族に参加していただきたいと思っています。

おススメポイントその1
なぜなら、がんと暮らしを支える制度は知らなきゃもらえない「申請制度」のものがほとんどだからです。


おススメポイントその2
専門職からのお話は30分くらいなのですが、そのあと、参加者さんや専門職と、時には脱線しながらあれこれお話しする中に、療養の工夫やコツなどのヒントがたくさんあります。

おススメポイントその3
ソーシャルワーカー、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーが参加しているので、テーマに関わらず、がんと暮らしに関してモヤっとした時に来ていただければ、なにか糸口がつかめるかもしれません。

がんと暮らしのカフェタイムの専門職チームの気持ち。
「あきらめないで!なんとかなるかも!」です。
オンライン(zoom)でもご参加いただけますので、ぜひお気軽に😊






#がん #がんと暮らしのカフェタイム #がんサロン #なんとかなるかもカード #自分のために自分でできること #高額療養費制度

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ