記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

恐縮です@【永井商店】兵庫区荒田町3丁目

スレッド
恐縮です@【永井商店】兵庫区荒...
酒屋さんの木製看板を、店先で一杯呑みながら捜し求めて散歩しておりますが、なかなか拝見する機会に恵まれません。

そんな折、兵庫区荒田町の永井商店さんに寄せていただきました。
りっぱな木製看板が正面に2枚、堂々と掲げられています。
ガラス戸越しに、店内を覗きましても人影がありません。仕方なく、「こんにちわ」と声を掛け、中に入りました。

80半ばのおばあちゃんが出てこられました。「すいません、一杯やりたいんですが」
「いいですよ」

店内にも横長の「菊正宗」の金文字看板。写真を撮らせて頂き、お酒談議にておばあちゃんとの話に花が咲きました。

現在のお店は、終戦の昭和20年からで、その前は同じ町内のみなと幼稚園辺りで、営業されていたのですが、空襲で焼失されて、こちらに移られてきたとか。

「日本酒も人気がないみたいですし、立ち呑み客も減って経営も大変でしょうね」
「わたしが死んだら、この店も終わりですねん」

どの酒屋さんも後継者がいません。大型スーパーで購入するか、コンビニで買われる人が大半を占め、売上は年々激減しているとのことです。
「酒屋と米屋はつぶれんと言われておったのに、あきませんわ」

店内の菊正宗の金文字看板は、昭和45年頃大阪の業者さんがお店を下見に来られ、取り付けてくれたとか。当時は、かなりの賑わいをみせていた様子が、おばあちゃの言葉から察せられます。

わたしはそれこそ立ち呑みですから、立って呑んでおりますが、おばあちゃんもお話の最中ずっと立たれたままで応対してくれておりますので、気になり「椅子に座ってくださいね」とお願いたしましても、毅然とお話が続きます。

棚の小口に使われている桜の丸太も黒光りしていて、拭き掃除の年月を感じさせてくれます。

もっとお話を伺いたかったのですが、お疲れが出てはと、失礼することにしました。

「お勘定お願いします」
「いらん」
「エエッ、そんなん困ります」
「楽しかったわ、お酒の話や看板の思い入れがよう分かったから、ええねん」
「イヤァー、こまります」
「年寄りの言う事はきくもんや。わたしの性分やさかいな」
「ンンー、恐縮です・・・」

頭を深々と下げて「ごちそうさまでした」の一言で、お店を出ました。「ええんかいなぁー」

いつまでもお元気で、看板を守ってほしという思いと感謝で一杯の、帰り道でした。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
MSHIBATA
MSHIBATAさんからコメント
投稿日 2008-05-21 20:16

これはまた、すごいお店というか、店主さんですね。

大正女性の心意気ですなあ。来週寄せてもらいます。

わたくし、本日は大開通1丁目の石本商店で呑んでおりました。

女将さん、サンテレビのハロー神戸に出たことがあるそうです。

帰りに山陽電車須磨駅にて廃業した寿し屋の屋根を写してきました。わかるひとにはわかりますね。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 05:30

お元気なおばあちゃんですよ。

MSHIBATAさんも、廃業した屋根のお店の写真を撮られたとかですが、趣味の範囲なのでしょうか? 笑ってしまいました。

ワオ!と言っているユーザー

birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2008-05-21 21:39

そんな気前のいい人、いなくなりましたねぇ。

絵に描いたようなお話です。(^_-)-☆

我が家もすっかりスーパーで焼酎をかうようになりました。
お米もスーパーで買うか、a daughter-in-lawが新潟から取り寄せてくれてます。
お米屋さん、昔は配達してくれてたんだけどねぇ。
子供が小さい頃、助かってました。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 07:39

もう営業も趣味の世界かも知れませんね。店先が立ち呑みで賑やかな頃を、思い出されたのでしょうかね。

粋なおばあちゃんです。
お米も、少人数の家族構成になり、昔ほどの配達量がないのでしょうね。

ワオ!と言っているユーザー

Shibata
Shibataさんからコメント
投稿日 2008-05-21 23:17

最近は、酒屋さんがなくなりましたね

子供のころ、親父の晩酌に毎日フラスコを持って量り売りを買いに行っていました

量販店におされて、昔はどの町にもあった
電気屋さんや、薬屋さんも・・・少なくなりましたね

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 18:56

町内だけで生活がまとまっていたからこそ、市場やこのようなお店がなりたっていたのでしょうね。

生活圏が、拡大して、人間関係も拡大して、うすくなりすぎていますね現代は。
わたしも子供のころ、祖母にたのまれて、酒屋さんにビンをブラ下げてお酢一合なんかのお使いによく行かされました。

ワオ!と言っているユーザー

Toshiaki Nomura
Toshiaki Nomuraさんからコメント
投稿日 2008-05-22 00:03

気風のいいおばあちゃんですね。

若いころはお店の看板娘で粋なおねさんだったんだろうなぁ・・・。

こういう人情の触れあうお店がどんどんなくなっていきますね。
豊かになってすさんでいくパターンですね・・・(-。-)y-゜゜゜

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 18:59

人情という言葉が、死語と化してしまいましたね。

下町の味が残っている、最後のお店のような気がいたします。残念です。

ワオ!と言っているユーザー

Mt.zaki
Mt.zakiさんからコメント
投稿日 2008-05-22 09:58

震災でも無事だった看板ですね。

コレクターになってはいかがですか?

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 19:07

山の神が怒りそうなので、写真だけで楽しんでおります。

本当は、ほしいんですけどね。

ワオ!と言っているユーザー

sunukolyn
sunukolynさんからコメント
投稿日 2008-05-22 12:07

カッコイイおばあちゃんですね!

よっぽど楽しい一時だったのだと思います^^

こーゆうお店でサラッと立ち飲みできるって粋ですねー♪

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-22 21:20

粋な男でありたいと思いますが、お金がないようにも見えたのかなぁー。

ワオ!と言っているユーザー

shino
Shino-tanさんからコメント
投稿日 2008-05-23 12:23

神戸には面白い店が多いのですね。


熊本は創り酒屋多いけれどこのような酒屋は少ないなあ。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2008-05-23 23:10

福岡には、たくさんの角打ち(酒屋での立ち呑み)のお店がありますよ。

「北九州角打ち文化研究会」と銘打って、150人ぐらいの皆さんが動かれています。

ワオ!と言っているユーザー