記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

ファルコン昆虫記(927)【ウスバカゲロウ】

スレッド
ファルコン昆虫記(927)【ウ...
網戸に止まっていたのは、アミメカゲロウ目(脈翅目)ウスバカゲロウ科 の【ウスバカゲロウ】です。いわゆる「アリジゴク」の成虫の名として有名ですが、本科全ての種の幼虫が「アリジゴク」を経ているわけではありません。

「アリジゴク」は成虫になるまでにかなりの期間を要する昆虫で、通常でも1年ほどの期間が必要とされていますが、罠にかかる昆虫が少ない環境下では成虫になるまでに2年程かかることもあるそうです。

外見は「トンボ」によく似ていて、細長い体、丸い頭と細長い翅を持っています。ただし、止まるときは翅を背中に伏せてたたみますので、真上から観察しますとずいぶんと細長い形状に見えます。翅は透明でかなり幅が広くて長さがあり、腹部を遥かに超えています。翅に静脈が多くてやわらかい事も特徴のひとつです。

体の色は黒褐色で、脚は淡黄色をしています。頭は小さくて複眼がさほど巨大ではないこと、触角が短いながらも太いなどの特徴を持っています。
#アメカゲロウ目 #ブログ #昆虫 #脈翅目

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2022-07-03 14:05

ほんと、「薄い羽」ですね
薄いというより透明!

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2022-07-03 14:26

自然界の不思議さを感じてしまう姿ですね。

ワオ!と言っているユーザー