“可憐な淡乙女”《森羅・/・万象19-20》

0 tweet
オトメツバキ(乙女椿) ツバキ科(Theaceae)
学名:Camellia japonica var. rosacea Curtis
;Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki
別名:アワオトメ(淡乙女)

《時節・_・襍感⇔身近に見る樹花”》
オトメツバキ(乙女椿);ユキツバキ系の園芸品種。
清楚で淡いピンク色、八重咲き花での逸品種と言えよう。
花・樹については、前にも記したので省略するが今年は半月ほど早く咲いた。
身近な場所、我が部屋のベランダから見下ろす垣根に沢山蕾を持っている。
植栽されたものだが、毎年、綺麗に咲き誇ってくれる。
癒やしと言わずしてなんと言おうか。


#植物 #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証

可憐ですね。
この乙女椿は、歯医者さんに通う道沿いの庭に咲いています。
毎冬、コサージュみたいな花姿だと思いつつ、通り過ぎます。
投稿日 2019-02-20 20:49

ワオ!と言っているユーザー


こんにちは、moonさん。コサージュで思い出したことが有ります。
Flower-holeとかboutonniereと呼んでいるボタンホールのこと。
スーツ・ジャケットの下衿(下襟)にボタンホールが空いています。
この穴のことをフラワーホールとかブートニエールと呼んでいる。
風よけにジャケットの襟を立てたときのボタン止めの名残です。
後にその穴に生花を挿しお洒落したが、今やバッジ等を挿しています。
時代の流を感じますね。昨年末、生花を挿す機会がありました。
ある会合の受付で1輪のカーネーションを頂きました。
それをフラワーホールに挿してみました。
綺麗に見せるにはコツが入ります。一寸知ったかぶりをしてしまった。
でも若者に知っていて欲しいことです。つまらないことですが。。。!
最も、最近は飾り的で、ホールに穴が空いていないのもあったりで^^)。
投稿日 2019-02-21 14:29

ワオ!と言っているユーザー