記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

再エネ送電拡大に異を唱える電事連

スレッド
経産省は、大手電力が送電線使用の自社分確保のため再エネが送電できないとし、
送電量が少なくなる時間帯には、再エネを流せるようにする方針を出している。

これに対し、大手電力10社で作る電気事業連合会(電事連)は難色を示している。
九州電力社長でもある電事連会長の池辺氏は、
「電気の安定供給に影響を与える」として、否定的な立場を公表した。

だが、今年4月から大手電力各社の送電事業が分社化されたのは、
多くの発電事業者が送電線に電気を流せるように考えられた施策である。
送電量の少ない時間帯まで自社枠を確保し続けるのでは、再エネは広がらない。

今後の消費者メリットを考えるなら、コストの安くなった再エネの拡大が望まれる。
経済的理由からも、いつまでも大手電力の持つ過去の枠組みを残すべきではない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ