記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

価格がキロワット11円以下まで来た太陽光発電

スレッド
9月上旬、大型太陽光発電の固定価格買取制度での4回目の入札があった。
この入札での平均落札価格は、キロワット当たり13円。
最低落札価格は、キロワット当たり10.5円だった。

固定価格制度の開始時には、キロワット当たり40円以上で買い取られていた。
それが太陽電池の低価格化と共に、買取価格も下げられていき、
2017年以降は入札制度によって価格が決定される事になっている。

ところで、数年前の経産省資料では、石炭・天然ガス・原子力による発電は、
単価がキロワット10~14円と安く、太陽光は20円以上で高額と書かれていた。
その太陽光がついに、安いと言われる価格で取り引きされるようになった。
もう誰も太陽光が高いとは言えない。

太陽電池はまだ製造技術開発が進んでおり、さらに安くなる余地がある。
キロワット当たり10円を切る事になれば、間違いなく最も安い電源となる。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ