記事検索

13.青クリの会のご案内

スレッド
13.青クリの会のご案内
2011年11月27日(日曜日)午後1時40分より4時30分まで、
第一回、青クリの会を開催します。

不育症、着床障害という苦しみの全体像を理解していただく会です。

私は、名古屋市立大学病院で約20年、
名古屋市立城西病院で約10年、
青木産婦人科クリニックで約3.5年の間、
不育症の研究と診療に携わってきました。

この間、アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、日本で、
多くの依頼講演を行ってきました。
しかし、その講演の内容は、
不育症の全体像の中の部分的なものでした。

30年以上の診療経験から考えれば、
不育症、着床障害の治療の基本は、
「卵(受精卵、胚)に対する
子宮内膜環境(その人の心と体の状態)の
バランスを整えることである」
と確信しています。


そこで、第一回、青クリの会では、
「精神・神経・ホルモン・免疫・凝固系のアンバランスによる
不育症・着床障害―その治療法―」
という内容でお話させていただくことにしました。

参加していただければ、
ヘパリン・アスピリン治療だけでは、うまくいかないのはなぜ?
ホルモン療法だけでは、うまくいかないのはなぜ?
免疫療法だけでは、うまくいかないのはなぜ?
原因って、ひとつだけ?
ストレスの原因分析とその治療は、なぜ必要?
というような疑問にお答えできると思っています。

お待ちしています。


#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。