記事検索

ツナ缶レビュー zu-mix3.0

https://jp.bloguru.com/zumix

フリースペース

■初めての方は、国産ツナ缶の面白いとこをつまみ食いできる「めずらしいツナ缶」から読むと楽しいと思います。



※当ブログのコンテンツの転載、再利用については、コンテンツ使用ポリシーを一読ください。
 ごあんない
 このブログでは、ツナ缶(まぐろ・かつおの油漬け、味付け等)やその関連商品に対する筆者目線のレビュー、解説を掲載しています。
掲載しているフォーマットの詳細は、右記プロフィールをご確認ください。

 ・自家通販はじめました。コミケで頒布したツナ缶解説本のほか、アイコンの女の子にゃがいさんのグッズもあります。

伊豆川飼料 しろつなを食べたレビュー

スレッド
伊豆川飼料 しろつなを食べたレ... 伊豆川飼料 しろつなを食べたレ...
“びんちょうまぐろを使用した、きれいな白い身が特徴のフレークタイプのツナ缶。つな兄弟の弟。”


伊豆川飼料 しろつな
びんながまぐろ油漬けフレーク・高級品



飼料会社のツナ缶・弟


 前回、伊豆川飼料の兄貴分「とろつな」を解説したが、今回は弟分の「しろつな」を取り上げる。全体的な解説は前回の記事(No.105)を読んで頂きたい。
 きはだが兄で、びんながが弟。引っかかるところもあるが……

 本品「しろつな」は、伊豆川飼料と取引のある缶詰会社(駒越食品)がタッグを組んだもので、兄貴分同様に現代的なデザイン思想をスリーブに落とし込んでいる。こちらは白さを演出するためにクリーム色をまとった。
 
 

……例にもれず駒越食品・ニッポンツナホワイト(No.33)のリネーム品とか?


 兄貴分ほどハッキリ分かれているわけではない。原材料の配列はニッポンツナホワイトと一致するが、本品の缶カロリーは246.4kcalで、ニッポンツナホワイトは246kcal/缶。両社とも内容量は同じだ。四捨五入したら同一製品に……判断に悩む。
 真相は闇の中だが、きわめてニッポンツナホワイトに近い、生き別れのフォロワー製品ということにしておこう。仮にこれが同一仕様でも、異なる仕様でも、損をする人は誰もいないはずだ。値段ベースならベイドリームのヒバリヤだと駒越食品の製品安いし……
 販路はドリームプラザ等で狭い。公式サイトの取り扱いショップページを確認のこと。2017.10製。スリーブの中身は黄土色の無地缶(P4号DR缶)だ。2017.10製。

缶を開けたところ・味



 

一緒でした。


 同一仕様の自社ブランド品・ニッポンツナホワイトと並べた。原材料の配合、使われるまぐろの身、細かさ、ほぼ一致している。
 ベースとなった製品らしい味と個性が活きていて、シーチキンLフレークめいてしっとりとしたホワイトミートの感覚を楽しめる。生臭さをいなす程度に薄味で、他の調味料と喧嘩しない。
 中身は瓜二つ。二つ並べて食べ比べたが違いがわからない。しいて言えば缶ふたの印字機の書体が微妙に違う。
 なお、比較レビューで残った分はお茶漬けに供した。砂糖とうまみ調味料で味をまろやかに整えてあり、暖かい料理と相性が良い印象。

 元来普及品クラスのホワイトミート製品として高いポテンシャルのあったニッポンツナホワイトを現代的に再デザインしたものだ。兄貴分とともに、これを付け焼刃とみるか意欲的な試みとみるか、判断は分かれるところと思う。ただ、筆者としては……今取り組んでるツナ缶の私事を考えると、考えうる限りの少ないリソースで新しいプロダクトを開発するというこの二者を批判しようとは思わない。製品の価値は見た人が・もらった人が決めたら良いだけの話だ。

☆各種評価


・グレード ★★★★☆ 3.8
・価格   ★★★★☆ 4.0 #324円/個 (エスパルスドリームプラザかんづめ市場)
・味覚評価 ★★★☆☆ 3.1 #ニッポンツナホワイトと同じ
・入手性  ★☆☆☆☆ 0.9 #販路が独特で、ネット通販なし
・原産国  国産

☆スペック
内容量 80g
245kcal/缶 食塩相当量0.5g タンパク質14.2g
原材料 びんながまぐろ、大豆油、野菜スープ、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)
JAN:なし 製造固有記号AC2・KGS
販売者 伊豆川飼料株式会社 (静岡市清水区横砂南町4番35号) 製品ページ
Tuna canning review No.106
#駒越食品 #びんながまぐろ #油漬

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
ジェフ・コステロ
ジェフ・コステロさんからコメント
投稿日 2018-05-12 01:16

はじめまして。本当に素晴らしいブログですね。 
まさしく本物のマニアの本物のレビューです。感服つかまつりました。 
昨今は、ブログのほとんどがアフィリ系の「〜の5つのこと」だとか「いかがでしたか?」ばかりではないですか。 
内容の薄い、いや、もう言葉は悪いですが「クソ」みたいなのしかなく、絶望していたのです。 
しかしながらあなたのような本物に出会えました。 
有り難う御座います。少しだけ、インターネットにも希望がまだ残っていたのだなと、貴ブログで感じた次第です。 
これからも濃いツナ缶レビュー、期待しております。本当にためになったので一筆コメントさせていただきました。 
乱文乱筆ご容赦下さい。

ワオ!と言っているユーザー

長井ずみ
長井ずみさんからコメント
投稿日 2018-05-16 05:31

コメントありがとうございます。

SEO(検索エンジン最適化)の普及によって、検索結果の上位にに現れるサイト≠信頼できるサイトという図式がさらに先鋭化していきました。
このSEOを構成する要件に「ある程度の文字数を・高頻度で」「PV流入しやすい記事名」といったものがあり、この二つを両立すると引用ばかりで新情報がなかったり、滞在時間のために素材画像を使って縦に長くする、!や!?を多用して情報の裏を取らずに発信する等が常態化していきます。恐らくジェフ様の見ていたWebサイトの多くがこれに該当するのではないでしょうか。

当ブログはSEOを捨て「個人の趣味・持ち出しの資金」できる範囲内で運営を続けています。
そのためPV数も検索結果からの流入も微々たるものですが、私の目指した”マニアのレビューブログ”を構築できました。
もはやインターネットは一般人のもので、開拓民だったマニア達のWebサイトが大手をふるう機会はないのかもしれません。それでも、自分がツナ缶に興味があるうちは発信し続けられたらいいなと思っています。
当ブログから希望を見出していただけたことは感涙の極みです。あらためて、コメントいただきありがとうございました。

~

末筆ですが、鯖缶のラベルだけを延々と書いたブログがネット上にあるので、こちらもおすすめします。
http://sabalabel.blog.jp/

ワオ!と言っているユーザー