記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

ブログスレッド

  • 狭い日本、そんなに汚して何処へ住む

狭い日本、そんなに汚して何処へ住む

スレッド
福島第一原発の事故処理が進まない。
事故から8年経過した今も放射線の高線量区域は広く残ったままだ。
それなのに、故郷を汚され帰れない人達への補償は順次止められていく。

放射能による健康被害は黙殺されている。
当時の浪江町長も語る多くの人の鼻血は、無かった事にされ続けている。
顕在化する子供達の甲状腺ガンすら、放射能影響では無いとの嘘がまかり通る。

原子炉のデブリの撤去は、全く先が見えていない。
建屋屋上の使用済み核燃料撤去さえ、ままならない。
事故建屋から溢れ出る放射性汚染水など、止められる気配すらない。

福島県外へ移設するという放射能ガレキの行き先は見当たらない。
汚染土を入れた除染袋はビニールが劣化し、もはや移動もできない。

福島第一原発事故は、狭い日本で原発が成り立たない事を見せつけた。
その同じ国で、なぜ今9基もの原発が稼働しているのか。
原発の当事者は、事故が起こった後の事を考えていない。
風上に位置する西日本で事故が起これば、福島の何倍もの土地が住めなくなる。
狭い日本で、もう一度過酷事故が起きれば逃げ場所など無いのだ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ